精巣性アンドロゲンの解説



精巣性アンドロゲンとその作用


【精巣性アンドロゲンとは】
精巣性アンドロゲンtesticular androgenとは、 男性生殖腺の間質にあるライディッヒ細胞にて産生される男性ホルモンの事を示す言葉になります。


【バリエーション】
精巣性アンドロゲンにはいくつかのバリエーションが有りますが、 分泌される精巣性アンドロゲンの95%近くが テストステロンになります。
そのほか、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)やジヒドロテストステロン(DHT)などがございまが、 生物活性は、ほぼテストステロンによります。
デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)やジヒドロテストステロン(DHT)の作用に関しては、 不明な点もございます。
精巣性アンドロゲンは性腺刺激ホルモンによって、その分泌量を調整されています。

因みにですが、アンドロゲンは、副腎からの分泌もあります。


【分泌コントロール】
性腺刺激ホルモンとは精巣性アンドロゲンなどの性ステロイドホルモンの上位指令内因性物質で、 基本的に男女の生殖腺などの性腺の成熟や、 これらが分泌するステロイドホルモンの分泌調整をその役割としています。 性腺刺激ホルモンは脳下垂体前葉から分泌されます。 性腺刺激ホルモンは具体的には卵胞刺激ホルモン:FSHと黄体化ホルモン:LHがあり、 これらのFSHとLHは基本的に協調して作用しますが、精巣性アンドロゲンは主にLHの作用で分泌されます。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠