精巣萎縮の解説



精巣萎縮の原因と治療


【精巣萎縮とは】
精巣萎縮testicular atrophyとは、正常に分化発生した精巣が、 生後に後天的な因子により、片方もしくは両方とも萎縮する疾患です。
先天的に精巣が萎縮している状態は、疾患概念的に異なります。
また、睾丸のサイズは 精巣測定器 などで測定されます


【原因】
原因に関しては、大きく二通りございます。
下垂体機能不全のようなホルモン分泌障害によるものと、精巣捻転のような精巣の循環不全に伴うものです。
基本的には、ホルモン分泌障害を原因とした場合は、両側性の萎縮が発生しやすく、 循環不全によるものは、片側性に萎縮が発生する傾向があります。
ホルモンは、血流によって左右の精巣に運ばれます。つまり両側に同程度作用すると考えられます。 このため、ホルモン低下症では、両側に生じる傾向が高とされます。
循環不全とは平たく言うと、動脈の閉塞などの血流障害です。 精巣は左右に存在するため、左右の動脈が一度に閉塞する事は、比較的少ないため片側性に発生する傾向が有るとされています。

前者は 下垂体機能不全、 後者は 精索捻転症 (精巣捻転症)が代表疾患としてあげられます。


精巣萎縮の場合は、性腺刺激ホルモンの下垂体からの分泌障害が原因となります。
また、昨今ではアルコールの体内における中間代謝物であるアセトアルデヒドの慢性的影響によっても、 精巣が萎縮するとされております。別項にて詳しく記載しております、是非ご参照くださいませ ⇒アルコールによる精巣委縮と男性ホルモン分泌低下


【治療】
精巣萎縮の治療ですが、循環不全によって壊死化してしまったものは改善不能になります。
下垂体機能不全によるものは、性腺刺激ホルモンの投与によって加療する事が可能な場合があります。
ちなみに両側性の精巣萎縮は、 テストステロン 分泌障害を通じ、EDを併発する事が多くあります。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠