精管切除術の適応と患者背景



精管切除術の臨床像


【精管切除術とは】
精管切除術vasectomyとは、 手術的な方法で精管の連続性を無くす手技の総称になります。 精管切除術の内訳としては、精管を結紮する精管結紮術、また精管内腔の連続性を絶つ精管閉塞術、 精管を切断する精管切断術があり、精管結紮術の場合は再開通予防に精管切断術を合わせて実行するなど、 これらの手技はオーバーラップする場合があります。
精管についての詳細は、別項『精管』を参照ください。


【精管切除術と避妊】
精管切除術のその施行は、実際の所、人工的な精子の射精管への搬送障害を生じる事であり、 男性に施行する避妊手術、すなわち男性避妊手術の一環として施行される場合がほとんどです。


【精管切除術の術後】
いったん精管切除術を施行した場合は、 再度精管の連続性を戻す手術:精管吻合術や精管精巣上体吻合術を施行したとしても、 精管切除術を施行する前の妊娠率まで男性生殖機能を戻すのは難しいとされており、 こうした精管切除術の施行には、十分に時間をかけてコンセンサスをとる必要があると言われております。


いわば精管切除術は人工的に男性不妊症を引き起こす手術とも言えます。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠