精管造瘻術の説明



精管造瘻術の臨床


【精管造瘻術とは】
精管造瘻術vasostomyとは、 精管フィステル形成術とも呼ばれ、 人工的に作成された精液瘤を手術的に精管につなぎ、 経皮的に精液を採取する方法になります。

【精管造瘻術の精管とは】
精管造瘻術の精管とは、精巣上体から射精管にかけての管腔器官になります。 精液の通路である精路の中でも最も長大であり、手術的アプローチがしやすい側面があります。
精管についての詳しい解説は『精管』を参照ください。


【精管造瘻術の適応】
精管造瘻術は、精管以下の精子の通過障害が存在する場合に適応になる、 男性不妊症の精路通過障害に対する手術的な治療法になります。
精管造瘻術で採集した精子は凍結保存され精子バンクにて保管されます。


【精管造瘻術の運用】
精管造瘻術にて採取された精子は、基本的には配偶者間人工授精に使用されます。
人工授精は、経膣超音波検査にて卵胞発育をモニターして、排卵日と思われるタイミングで、 凍結保存していた精子を子宮内に注入して人工的に授精卵を生み出す方法になります。
こうした方法の他に、卵子も採取して、顕微鏡下にて精管造瘻術などで事前に採取された精子と人工授精させて、 胚細胞となったものを子宮腔内に移植する体外受精胚移植と呼ばれる方法もあります。


男性の疾患である勃起不全:EDもまた、男性が因子の不妊症である男性不妊症 (詳しくはコチラ→男性不妊症) の原因になる場合があります。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠