バイアグラ、シルデナフィル、シアリスを使用した前立腺全摘徐術後のリハビリで勃起機能が温存される可能性が有ります。



シルデナフィル・タダラフィルを利用した勃起リハビリ

バイアグラ ジェネリックを新宿で、新宿ライフクリニック!


【シルデナフィル・タダラフィルと勃起のリハビリテーション】
シルデナフィル(商標名:バイアグラ,シルデナフィルOD,シルデナフィルVI新宿)) タダラフィル(商標名:シアリス) による前立腺癌の前立腺全摘徐術後の勃起のリハビリテーションにより、 術後EDの発生が抑えられる、 つまり薬物併用下の勃起リハビリによって勃起機能を温存できる可能性があると報告されています。
ED/勃起不全は、この日本だけでも1100万人近く存在するとされており、 男性人口が6133万人くらいとされているので、おおよそ男性の6人に1人はEDです。 これは男性人口のすべて、つまり幼小児や性機能の健全な青年も含めての話なので、 中高年においては、より高頻度にEDに罹患している可能性が高いと言うことです。
こうしたED罹病人口の拡大の背景には、まず生活習慣病の爆発的増加が有ります。 これら血管内皮機能を障害する動脈硬化性疾患は、ED発症の直接的原因の一つです。 生活習慣病の最大多数派である高血圧に至っては、 日本だけでも4000万人近くの患者が存在するとされていますので、 いずれEDになっていくであろうという潜在的EDの方も数多く存在する事になります。
また難治性のEDを発症する母体層としては前立腺癌の手術後の患者集団が有ります。 前立腺癌は、近年、食生活の欧米化に従い、日本でも患者数が急増してきている悪性新生物疾患で、 2020年ごろには日本人男性の癌における2番目の頻度になるとも推測されています。 本疾患の増加に応じて、それに対応した根治的手術である全摘徐術の施行例も増加してきており、 その結果、術後の難治性EDも増加してきているという現状です。
術後EDが難治性である前提において、近年の日本性機能学会、 日本泌尿器学会では、術後EDの予防、改善を目的とした研究、 報告がコアタイトルになる場合も多く、 ロボット支援手術や神経温存など様々なテーマ、 切り口からこの病態が検討されています。
そうした術後EDの予防・改善を目的とした検討の中に、本稿でご紹介させて頂く、 シルデナフィル・タダラフィルを使用した勃起リハビリが有ります。
本項では前立腺癌の手術と術後EDの発症に関して、 またシルデナフィル・タダラフィルの説明、 またシルデナフィル・タダラフィルによる勃起リハビリの報告に関して、 またシルデナフィル・タダラフィルの勃起リハビリ以外の副次的用途などに関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【前立腺癌の手術と術後ED】
前立腺癌は欧米では既に成人男性の悪性新生物中、 罹患率で第1位、死亡率で第2位の疾患です。
日本では上記のとおり、まだ欧米ほどの頻度ではないのですが、 近年、凄まじいスピードで罹患者が増加してきており、 2020年には悪性新生物の罹患率で第2位になるであろうと推測されています。
ただ本疾患は早期に発見され、前立腺全摘徐術を受けた場合には、 その5年生存率等の手術成績は他の悪性新生物に比較して高い場合が多いです。
この本疾患の全摘徐術という処置は、本疾患の根治的手術療法で、 前立腺を皮膜まで含めて摘出し、膀胱頚部と尿道断端を再吻合します。 リンパ節郭清も同時に行われるのが一般的で、最近では腹腔鏡下に行われたり、 ロボット支援手術にて行われる場合も有ります。
前立腺の近傍には勃起という生理作用にとって非常に重要な脈管・神経が走行しており、 こうした前立腺におけるダイナミックな処置は、 これらの繊細な機能に障害を与える事が多く、 これが前立腺もしくはその近傍における処置で術後EDが多く発生するという主体の理由です。
特に全摘除術においては勃起にとって重要な神経血管束に悪影響を与えるケースが多く、 結果として難治性のEDが発症する事が多いです。


【シルデナフィル・タダラフィルとは】
今回、勃起リハビリに有用であると報告されているシルデナフィル、 タダラフィルはそれぞれ商標名をバイアグラ、シルデナフィルVI、シルデナフィルOD、 ならびにシアリスと言い、 本来的にはEDに対する一過性の改善薬、言いかえれば、陰茎局所の血管拡張機能がその本質です。
シルデナフィルは従来、ファイザー社のバイアグラのみだったのですが、 本邦における版権の期限切れに伴い、 各社から厚生労働省認可の後発医薬品:ジェネリックが出てきている状況です。 これら後発医薬品の効能は先発品と変わらない事が厚生労働省によって確認されていますが、 版権切れの関連で先発品に比べてより安価に購入する事が出来、 母体数の多い疾患でありながらも保険外診療疾患であるEDにおいて、 治療を受ける事のできる患者層の拡大が大いに期待されています。
なおタダラフィルに関しては、いまだ版権は期限内であり、 日本の厚生労働省認可のある後発医薬品はいまだ出てきていない状況になります。


【シルデナフィル・タダラフィルによる勃起リハビリの報告】
この勃起リハビリに関する報告はいずれも海外からの報告になり、 前立腺癌に対して前立腺全摘徐術を施行した患者さんが対象です。
Mulhallの報告によるとシルデナフィルを前立腺全摘除術後に、 患者さんの勃起リハビリとして使用した場合、 シルデナフィルを使用した勃起リハビリ群では52%が最終的に薬剤なしで性交可能になったのに対して、 こうした勃起リハビリを施行していない群ではそれがたった19%のみであったと報告しております。
またMontorsiらは、この前立腺全摘除術後の患者さんの勃起リハビリにタダラフィルを使用し、 その結果、勃起リハビリ群において62%が勃起機能の改善を自覚したのに対して、 タダラフィルによる勃起リハビリを施行しなかった群においては、 23%のみが勃起機能の改善を自覚したに過ぎなかったと報告しております。


【シルデナフィル・タダラフィルの副次的用途の今後】
シルデナフィルやタダラフィルは単なるED治療薬としてではなく、 このように勃起リハビリなど様々な性機能に関連する状況に実用される事が検討されており、 それもこの薬剤の高い安全性と有効性が確立されているが故と思われます。
その他にも。タダラフィルの低用量バージョンは前立腺肥大による排尿障害に実用されたり、 性機能関連以外の疾患への転用も検討されています。
特に現状、シルデナフィルにおける後発医薬品が出てきた状況においては、 一過性のED改善薬としての本来の役割以外への転用がコスト的にやりやすくなったことも有り、 今後はシルデナフィルの副次的用途に関する検討が加速する可能性が有ります。


written by 新宿でシアリス購入なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠