射精の不全は、現在難治と目されており、治療に有効な薬物の登場が待望されています。



射精障害の内服治療の可能性

ジェネリックバイアグラを新宿で、新宿ライフクリニック!


【射精障害と内服治療】
現在、射精障害の内服治療が各関連学会にて検討されており、 その検討上から見出されたセロトニン5-HT2受容体作動薬と ドパミンD2受容体作動薬の併用内服による射精機能増強効果に関して注目が集まっております。
ED治療薬のシルデナフィル:バイアグラが誕生して早15年ほどが経過しています。 この革命的な内服薬は、それまでの勃起不全に対する治療を一変させ、 その結果、現在はEDの治療は、内服薬での治療が主体となりました。
この勃起不全と射精障害は、 ともに末梢の自律神経障害によって引き起こされる事のある性機能障害ですが、 時にこれら二疾患はともに合併する事が有ります
そうした状況において勃起不全が内服薬によって改善が図られやすくなり、 結果として難治の射精障害が性機能障害として遺残するようになって来たため、 本疾患の内服治療への希望は年々高まってきております。
しかし、後述しますが射精は複数の自律神経反射が連動した非常に繊細な生理機能であり、 そのシステムの解析もさることながら、その障害の治療は一朝一夕には行きません。
しかし、勃起不全とならんで、 射精障害は不妊症とくに男性が主たる原因となる男性不妊症の直接的な原因であり、 少子高齢化にあえぐ本邦、日本にとっては社会的にも改善が強く望まれる医療テーマである事は、 間違い有りません。
こうした意を受けて、日本性機能学会や日本泌尿器学会を中心に様々な研究機関において、 射精障害の内服治療が検討され始めている状況です。
本項ではこうした射精障害の改善を見込める内服治療薬に関しての報告をご紹介させていただき、 また本疾患に関して、その社会的側面などに関しても記載させていただいております。 どうぞご参照くださいませ。


【射精障害とは】
射精障害とは、その字の示すように、射精が通常のようになされず、 結果として、受精の障害に至る疾患のことを包括的に示しております。
その発症には複数の原因が有り、その中には生活習慣によって発生しているものも有ります。
日本人男性はセックスの頻度に対して、自慰行為の頻度の方が相対的に高いとも報告されており、 思春期の発動とともに、特に生理学的に正しいインフォメーションもないままに、 各々自慰行為を始めているのがおおよその現状と思われます。
そういった意味合いで自慰行為の正しい手法などの規準が無いままに、 生活習慣のみが進んでいきますので、 標準偏差からかい離した手法による自慰行為を長期間にわたって行っている状況も時に散見され、 push法などの床に押し付ける形のものや、 用手的に自慰行為をするにしてもグリップが強すぎるものなどは、 長じて実際の性行為における射精障害を発症してしまう事が有ります。
また糖尿病などの生活習慣病は、動脈の障害のみでは無く、 末梢神経の障害を引き起こす場合が多く、 特に性機能に深く関連している自律神経の障害は勃起不全のみならず射精障害を引き起こす事が有ります。
射精は連動した二つの自律神経による脊髄反射によって発生する生理現象であり、 そのシステムは非常に繊細なものです。 逆にいえば、こうした緻密な神経連絡の一部でも障害されてしまえば、 その結果として本機能は障害されてしまいます。
前者の習慣性のものは、内服薬的解決よりも生活習慣の是正や、 リハビリテーション的なある意味長期的な対応による治療計画が望ましいと思われます。 最近ではマスターベータ―を応用した射精のリハビリテーションなども検討されて来ております。
一方、後者つまり疾病によって射精障害が発生しているものに関しては、 糖尿病などの生活習慣病がベースに有る場合、 疾病に関連のある生活習慣の改善を中心とした加療を行い、 改善が目標に至らない場合に血糖値のコントロールなどを目的とした内服薬が検討されるべきです。
しかしいずれにしても射精障害の原因的治療には時間と根気が必要になります。 挙児目的ではない患者さんにとっては時間や根気をかける事が出来るのかもしれませんが、 挙児希望の夫婦にとっては、時間と根気が必要な治療を施行している内に、 妊娠するのに望ましいタイミングを逸してしまう可能性も有り、 やはりこうした本道の治療に平行して、射精障害自体を即時的に、 かつ薬効のある間、改善させてくれるような専用の内服薬が必要と言えます。


【射精障害の内服治療の報告】
上記したように、射精のシステムは非常に複雑かつ繊細なものであり、 その解析は、まさに現在進行中とも言えます。
こうしたシステムの解析過程においては、 自律神経におけるセロトニン/ドパミン作動性神経の射精機能に対する、 深い関連性が示唆されるようになりました。
こうした神経を射精方向に進行させるセロトニン5-HT2受容体作動薬と、 ドパミンD2受容体作動薬の併用内服は射精機能の増強に生理学的に合目的と言え、 それらの内服投与による実際の射精障害の改善が現在、 各研究機関において解析されている状況との事です。
もしセロトニン5-HT2受容体作動薬とドパミンD2受容体作動薬の併用による内服治療が、 一般化したら、これはバイアグラが内服のED治療薬で登場した時のようなインパクトを、 医学会に与える可能性があり、 またこれまでの射精障害治療に対してパラダイムシフトが起きるかも知れません。


【射精障害と社会的テーマ】
射精障害は男性不妊症に関連して、 少子高齢化の発生に関わるという意味合いで非常に重要な社会的医療テーマと言えます。
その解決はパブリックに対する尊い貢献とも言え、 そうした意をくみ、日夜研究者達が頑張っている状況です。
しかし上述したように、射精障害の医学的解決はかなり難しい側面も有り、 なかなか一般性が有り、かつ主軸たる治療メソッドが確立されません。
しかし、本疾患の原因には予防的に対応できるものが少なからずあります。
習慣性に発生するものは、その思春期における教育上で予防的にブロック出来る可能性が有ります。
また糖尿病など生活習慣病から発生したものに関しては、 糖尿病発症早期におけるインテンシヴな生活習慣改善によって、 1型糖尿病など必ず薬物療法が必要な物以外は、 射精障害の予防的解決が図れる可能性が大いに有ります。
ガンなどもそうですが、治療が難しいものに対しては予防的対応がやはり効率が良いと思われます。 問題は予防的対応とは今だ発生していない障害に備えると言う事であり、 予防に努める本人のモチベーションをどのように扶育するかが大切なポイントとも言えます。


written by 新宿でれびとらを、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠