シアリスの子作りへの好適性、新宿ライフクリニックレポート



タダラフィルは妊活に良い傾向

【シアリスと子作り】
子作りに好適性とされるシアリスに関して 新宿ライフクリニックよりその詳細な内容に関して報告させて頂きます。


シアリスは米国イーライリリー社で開発され、本邦では日本イーライリリー株式会社が生産、 また販売は日本新薬株式会社が担当する複数社をまたいでユーザーに提供される勃起改善の専用薬です。 日本ではファイザー社のバイアグラ、バイエル社のレビトラに次いで3番目に厚生労働省に認可された 先発品の勃起改善薬です。
3番目のスタートでありながら、シアリスはヨーロッパでは勃起改善薬のシェアNo1、 また日本においても、バイアグラ、レビトラ、シアリスとで勃起改善薬のシェアを3分するという 大きな存在感を見せています。
また、バイアグラの製造特許が 日本において失効し、厚生労働省認可の正規なバイアグラの後発医薬品(ジェネリック医薬品) が登場してからというもの、先発品のファイザー社バイアグラの処方数は激減する一方ですが、 シアリスの処方数に関しては、バイアグラジェネリックの影響を大きく受けず、 今だその地位は守られています。
なぜにシアリスが三番手ながら処方数を順調に伸ばす事ができ、 かつバイアグラジェネリックが処方開始になってからもシアリス処方数が低下しないのかと言うと、 それはシアリスが他のバイアグラ、レビトラならびにバイアグラジェネリックシリーズである所の シルデナフィルに比べて、シアリス独自の薬効や利便性があるからに他なりません。


シアリスはその薬効と利便性から、緊張感から やってくる勃起不全や若いED発症者に良い適性があり、そして本稿で詳述しますが、 シアリスは子作りにも運用しやすい傾向が高く、こうした子作りなどの他の勃起改善薬である バイアグラ、レビトラ、シルデナフィルが埋めきらないニッチをカバーする事で、 ユーザー離れが少ないのだと思われます。
当新宿ライフクリニックは新宿駅西口側にある保健所認可ED専門治療施設です。 新宿ライフクリニックは開設3年弱で東京また新宿トップクラスの勃起不全専門治療施設となり、 シアリスの処方量に関しても全国で屈指のレベルです。そんな新宿ライフクリニックにおける 診療上シアリスは若者のED や子作り時のEDに多く処方されてきた勃起改善薬ですが、当院におけるこうした患者さんのシアリスへ のリピート率の高さ、また他の製剤への移行の少なさは多剤に比較しても群を抜いており、 シアリスのこうした子作りなどのケースにおける患者満足度はとても高いものです。


日本は国際的に見ても高齢化の進行が早く、近い将来高齢化の進行に伴い発生する社会的問題は、 現在よりもっと大きな規模になる可能性が高いと推察されています。 社会の高齢化に伴う実害として考えられるものは、労働人口層の減少に伴う日本社会全体の生産力の低下、 扶養対象者が増加する事による家計へのプレッシャー、医療費の増大など枚挙に暇がありません。 その上、我々東アジア系は生活習慣病を発症しやすい傾向が他の地域に比較して高いとされている為、 生活習慣病を原因とした勃起不全の発症率が増加する事が危惧されています。 もちろん勃起不全は少子化の原因になるという意味合いで高齢化の間接的律速因子である事は疑いようもなく、 こうした勃起不全に対する積極的治療、特に子作りを希望している方への治療は日本の高齢化進行への 抑制要素として非常に大切です。そしてシアリスは子作りに好適性の勃起改善薬であり、 その啓蒙は高齢化進行の抑制上も社会的意義があると言えます。
新宿ライフクリニックはこうした現状を踏まえて、本稿においてシアリスの子作りへの好適性を メインタイトルとして、

  1. 【子作り時のEDの例】
  2. 【子作り時のEDの原因】
  3. 【シアリスの子作りに対する好適性】
  4. 【シアリスの子作りに対する悪影響】
  5. 【シアリスの一般化と少子高齢化の抑制】

と5項目に分けて解説をしております。どうぞご参照下さいませ。


【子作り時のEDの例】
シアリスは子作り時のEDに適性の高い勃起不全治療薬と紹介させて頂いておりますが、 子作り時のEDはどのような状況で発生するのでしょうか? ここではその子作り時のEDの例を記載しております。

  1. 【排卵日に合わせた性行為】子作りの際に排卵日に合わせて性行為をするのは非常に ポピュラーなメソッドと言えますが、実はこの排卵日に合わせて実行する性行為において、 男性側のEDが発症しやすい傾向があると報告されており、実際にそうした主訴で新宿ライフクリニックに 受診される方も少なく有りません。
  2. 【子作りに対する期待値が高い状況】性行為において男性側はおおよそ能動的な立場になる事が 多いと思われますが、その分、子作りへの期待値が高い状況においては、 それが大きな男性側への大きなプレッシャーとなってかかる事があり、 結果としてそれを原因としてEDを発症する事が有ります
  3. 【第二子目の子作り①】すでに第一子がいる場合、子作りのタイミング・機会が選びにくい状況が あると思われますが、そうした状況においては男性側が気持ちを作る「間」を 確保できない為に結果的にEDになってしまうケースがあります。
  4. 【第二子目の子作り②】すでに第一子がいる場合、個人差はありますが性行為自体への執着が 減る傾向があります。特に第一子の誕生によってパートナーへの印象が女性から家族に 変わってしまう方も少なくなく、こうした傾向はパートナーとの性行為におけるEDの増悪因子でもあります。

以上、子作り時のEDに関してその代表的な例を挙げてみました。こうした状況において、 当新宿ライフクリニックではほとんどのケースにシアリスの処方をしてきましたが、 これら何れの子作りケースにおいてもシアリスは高い患者満足度を示して来ました。


【子作り時のEDの原因】
上記に子作り時のEDの例を挙げさせて頂きましたが、それでは子作り時のEDの原因とは、 いったい何でしょうか?その最大の原因は精神的プレッシャーです。 「子供を作らねば!」という希望の強さ、またパートナーからの期待の高さは、 精神的プレッシャーとなって、結果としてED発症要素として働く場合があり、 こうした精神的要素で発症するEDを一般に心因性EDと言います。
上記子作り時のEDの例における、1.【排卵日に合わせた性行為】、 2.【子作りに対する期待値が高い状況】は精神的プレッシャーによる心因性ED発症の典型的な例と言え、 「本日!この日に!間違いなく!膣内に!射精を完結する!」というタイミングが決まっていて、 かつ期待値の高い性行為はプレッシャーからのEDを発症させやすい傾向がある事は否めません。


しかし、「若い時分はそれでもEDを発症する事はなかった」という意見も多く聞かれます。 EDは多因子疾患すなわち多数の原因によって発症する傾向が強い性機能障害ですが、 実はその原因の内訳において「加齢」という要素は大きなウェイトを占めるものです。
「加齢」からのEDは20歳台から始まる男性ホルモン分泌量の低下や血管内皮機能の加齢的低下などが 原因ですが、こうした「加齢」というベースがない頃はプレッシャーがあってもEDになる事がなかった方が 「プレッシャー」+「加齢」という要素の追加によってEDを発症するようになる事はある意味自然です。
すなわち純然たる精神的プレッシャーだけで子作り時のEDが発症しているというより、 晩婚化している現代日本の状況を見ていると少なからず子作り時のED発症ベースには「加齢」 などのほかの要素も混在している事が多いと推測されます。


また、前述の4.【第二子目の子作り②】に記載させて頂きましたが、第一子の誕生によってパートナーが 女性から家族という印象に変化してしまい、パートナーとの性行為への執着が減少する事が しばしば新宿ライフクリニックにおける診療経験上でも確認されています。 もちろんそうした執着の減少が子作り時のEDにおけるメインの原因要素では無いとは思われますが、 EDが多因子疾患であるという前提においては、こうした「執着の低下」が子作り時のED発症要因の 一つとして軽視し難い事は事実です。上述の通り子作り時のEDの最大の原因は精神的プレッシャーと 思われますが、これの付随因子としての性行為への執着の低下はある程度存在すると思われ、 この場合「プレッシャー」+「執着の低下」という要素の連鎖によって子作り時のEDが 発症していると推察する所です。


【シアリスの子作りに対する好適性】
シアリスはこのような子作り時のEDに高い適性があります。 その子作りへの適性を箇条書きにすると

  1. 【排卵日に合わせた性行為時】:上述しましたが、子作り時にパートナーの排卵日に合わせて 性行為をするのはとてもポピュラーなメソッドです。しかし女性の排卵日は変動しやすい事も時にあり、 せっかく勃起改善薬を内服したのに、短期薬効の製剤ですと無駄になってしまう事も多々あります。 その点シアリス20㎎は勃起改善の持続効果 が36時間と長い為に、排卵日が翌日にずれても1回の服薬でそれを全てカバーする事が出来、 排卵日に合わせた性行為時に運用しやすい薬剤です。
  2. 【服薬前提条件が少ない】:シアリスは服用前の食事などの規制が少なく、その導入また 勃起改善効果は他の勃起改善薬に比較してとても自然です。逆に他剤の空腹時服用等の前提条件の多さは、 子作り時のED原因における精神的なプレッシャーの追加因子として働き、 子作り時のEDにはマイナスの要素として作用する事が危惧されます。 しかしシアリスはそうした傾向が少ないので子作り時のEDにフィットしやすい薬剤と言えます。
  3. 【副作用が少ない】:勃起改善薬に起きがちな「ほてり感」「動悸感」などの副作用も また子作り時のED原因における精神的なプレッシャーに悪影響を及ぼす事が危惧されます。 しかしシアリスはこれらの副作用発現頻度が他剤に比較して少ないとされていて、 こうした副作用が少ない事に由来する安心感は精神的プレッシャーには改善要素として作用する事が 期待できます。
  4. 【タイミングを選ばず使用しやすい】:第二子の子作りの場合、第一子がいますので、 なかなか思ったタイミングで性行為をしにくい事があると思われます。 そうした状況においては待ち時間が長く、食事のタイミングも関係ないシアリスはタイミングが わかりにくい性行為に適した勃起改善薬と言えるので、こうした状況の子作り時のEDに 運用しやすい薬剤です。

以上がシアリスの子作り時のEDへの主な適性です。これらは実際に新宿ライフクリニックにEDによる 男性不妊症で来院され、シアリスを使用した方の感想も反映した内容となっております。


【シアリスの子作りに対する悪影響】
シアリスを子作り時のEDに対して処方する際に、処方されるみなさんに共通の質問があります。 それはシアリスを男性が使用する事で妊娠する・出産する子供に悪影響が発生するかどうかです。
これに関しては、日本でのシアリス発売から8年もの時間が経過してますが、 明確な因果関係をもって男性が服用したシアリスが胎児に影響するという報告は確認されておりませんので、 まずはご安心ください。 またEDを原因とした男性不妊症においてはシアリスを代表とするPDE5阻害薬が ファーストラインで使用されている状況はすでに全国的に高い一般性を得ており、 ほぼ定型的な対応となって来ていると言って良い状況です。


性行為時に男性の精子は4億ほど射出されるのですが、そのうち受精領域である卵管膨大部に たどり着けるのはたった100程度とされています。これはアメリカ人全員が一緒にマラソンをして、 ゴールできるのは小さな小学校の全校生徒分くらいの人数という圧倒的なスケール比です。 これは生物学的な選別で、機能的に最も優秀な精子達が受精まで至れるという合理的なシステムです。 それゆえに、仮に薬剤の影響下に機能的に劣った精子ができたとしても、そうした不完全な精子は この凄絶なレースを勝ち残る事は非常に難しく、受精領域にはほぼたどり着けません。 そうした精子は受精卵の発生に至れない、つまり存在はしても胎児を作るに至る事は ほぼないという事になります。 また人間におけるシアリスの精子への影響は、シアリスの臨床試験においては確認されなかったと、 シアリスの添付文書上も否定的アナウンスがされています。


【シアリスの一般化と少子高齢化の抑制】
以上、シアリスとその子作り時のEDに対する好適性に関して記載させて頂きました。
冒頭でも述べましたが日本の少子高齢化は今後、等比級数的に大きな問題になってくる可能性が高い上に、 いったん大きく顕在化した高齢化社会を元の状況に戻すのは非常に難しいと思われます。 すなわち予防的アプローチが最も大切であり、子作りを希望するペアにおける男性側のEDへの医学的介入は その予防的アプローチにおいても重要な一翼を担う施策と思われます。
シアリスこのような「子作りを希望するペアにおける男性側のED」への非常に高い適性を 持つ勃起改善薬ですが、処方箋医薬品というカテゴリー上、一般への啓蒙が難しい側面があり、 子作りになやむペアへのシアリスという薬剤の情報浸透が中々進んでいないのは一つの問題と言えます。
ゆえに新宿ライフクリニックでは継続的にこうしたアナウンスを重ねる事で、 子作り時のEDに悩むペアに対する医学的サポートに努め、新宿を代表するED専門治療施設の一つとして 少子高齢化の抑制に協力したいと希望しております。
子作り時のEDに悩まれている方はどうぞ治療経験の豊富な 新宿ライフクリニックへご相談にいらして下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠