シアリスを選ぶ人の性格、新宿ライフクリニックレポート



タダラフィルを選択する方の傾向

【シアリスを選ぶ人の性格】
新宿ライフクリニックより新宿におけるシアリス選ぶ人の性格 に関しての報告をさせて頂きます。 シアリスを選ぶ人の性格は、ある程度まとまった傾向が見られるようです。


最初にお断りいたしますが、本稿はあくまで新宿ライフクリニックの診療担当者としての主観に基づ く内容で記載させて頂いております。しかし当院は延べ人数で年間2万5千人ものED受診者をフォロー する保健所認可ED治療施設にて、当院における患者さんのリサーチにはある程度の一般性があると自 負する所でもあります。
以前より感じていた事ですが、シアリス、バイアグラ、レビトラ、シルデナフィルなど厚生労働省認 可のED治療薬を選ぶ人の性格にはそれぞれある程度まとまった傾向があるようです。 車を選ぶ、そして購入する。その排気量、デザイン、色、用途など関連するパラメーターが多いほど 、その車を選ぶ人の性格はそこに反映される事が多いと思われます。例えばネームバリューもあり、色 もデザインも派手な車を選ぶ人の性格はどのような感じだと思われますか?とても慎ましい、目立つ ことの大嫌いな性格の人がそれを選ぶ事は可能性としてもちろんあります。 しかし全体のパーセンテージだとどうでしょうか?ネームバリューもあり、 色もデザインも派手な車を選ぶ人の性格の総体が「慎ましい、目立つことの大嫌いな性格の人」 が主体になる事はないように思われます。


これは車以外の時計、カフスなどの装飾品、ゴルフ用具、スーツ、家具などを選ぶ場合も そうだと思いますが、男性が選ぶツールには全体の流行などの影響以外の非常にパーソナルな 個人の趣味的要素が反映されやすい、むしろ自分の個性などの性格をそこに投影している 傾向があるようです。 シアリスなどの勃起改善薬は性行為に使用するED専用の薬剤です。性行為は上記のツールなどとは全く 要素のものですが、性行為自体は非常に密室的状況で行われる生理的行為ゆえに、 その傾向は個人の性格を濃厚に反映している可能性があり、その性行為に使用されるシアリスなどの 勃起改善薬をどう選ぶかも性行為自体のそうした傾向にけん引され、 個人の性格を連動して反映する傾向があり得ます。
「シアリスなどのED治療薬に選ぶ人の性格を反映するような内容の差があるの?」そうした疑問を 感じる方もいるかと存じますが、じつはシアリスなどの正規品のED治療薬はそれぞれの薬剤としての 個性が大きく違い、そこには「選ぶ」という行為の余地が大きく有ります。 シアリスなどのED治療薬は、値段、知名度、即効性、効果持続時間、勃起改善力、副作用の大小と多 くのパラメーターでその差異が存在し、むしろそれぞれのED治療薬の個性が大きくかい離するだけに、 当新宿ライフクリニックでも初診でいらっしゃる方の中には、自分が使用するED治療薬を選ぶのに難 渋する方もいるくらいです。


すなわちシアリスなどのED治療薬は、こうした選ぶ余地が多く、また性行為に使用される薬剤という事で、 個人の嗜好や性格をもともと反映しやすい要素を満たしています。 そこに数多くのED患者さんとの医療面談での経験が重なり、シアリスなどのED治療薬を選ぶ人の性格 には、それぞれのED治療薬により一定の傾向があり得るという確信に至りました。その中でも今回のメイ ンタイトルとして取り上げているシアリスは、他のED治療薬とかい離した良い個性が多数あり、より シアリスを選ぶ人の性格的傾向を反映する可能性の高い薬剤です。
本稿ではこうしたシアリスなどのED治療薬を選ぶ人の性格的傾向に関してを主軸に、 人の性格についての医学的説明やシアリスに関しての機能的解説などを記載させて頂いております。 本稿は

  1. 【性格とは】
  2. 【シアリスはどんな個性の薬剤なの?】
  3. 【シアリスを選ぶ人の性格は】
  4. 【性格とEDの増悪には関連はあるの?】
  5. 【シアリスを選ぶ人のED改善の傾向は?】

このようにこれの解説を6項目に分けて記載しております。ご参照下さいませ。


【性格とは】
シアリスを選ぶ人の性格には一定の傾向があると冒頭で述べましたが、この我々が日常で頻用してい る性格という言葉は、本当のところ何を示しているものなのでしょうか? 考えてみると「人の性格」というニュアンスは説明できるようで、説明が難しい内容だと思われます。
心理学的には性格とは「独特な思考と行動を規定する個人の中にあるもの」もしくは「どう行動する かという予測を個人がおかれた状況の中で可能にさせるもの」という解釈が高名な心理学者によって 定義されています。
一方の精神医学においては性格とは「感情また意欲の側面における、その人の恒常的な特徴を示す心の動き 」と言った定義がされているようです。これらはおおよそ同じ事を言っていると思われ、 それは「気持ちや行動そして考え方の独自性自体が人の性格だよ」という事を表現しているように感じます。
この医学的ニュアンスで言う「性格」は実はいくつかの臨床的検査によってその大まかな傾向を 推し量る事ができるとされていて、そうした心理検査には質問紙法、ならびに投影法というものがあります。


この投影法には有名はロールシャッハ法などがあり、これは左右対称のインクの染みでできた図 を10枚、被験者に見せてその図から連想される内容に関して詳細に質問していく方法です。 この結果の解釈にはその反応の時間なども加味されるため非常に複雑です。 ゆえに検査する側にも高度の習熟が必要な上にその判定や解釈は今もって研究が重ねられているなど 流動的です。
一方の質問紙法は投影法のように検査する側の習熟などは必要なく、回答者の自己評価に基づいて評 価するものなので回答者の主観や無意識の選択のようなものがその結果に影響する事は否めず、質問 紙法だけで判断するのは危険という意見もあります。
こうした定義や検査で規定される「人の性格」とはあくまで心理学的または医学的な介入上設定され たものなので、社会通念的に言われる「人の性格」とは解離した概念である可能性もあり得ます。


【シアリスはどんな個性の薬剤なの?】
選ぶ人の性格が投影される可能性のある勃起改善薬、その中でも良い個性を持つというシアリスはど のような薬でしょうか? 勃起改善薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスと三種ありますが、シアリスの特徴は他の二つから大 きくかい離しており、その独特の特徴は、シアリスを選ぶ人の性格をある程度まとめる傾向があると 思われます。

  1. 長くきく:シアリスはききめの継 続時間が長く、作用切れを気にすることなく自然に性行為に入れるという特徴があります。
  2. 食べても平気:シアリスは食物とくに他のED治療薬が影響を受けやすい食物中の資質分の影響をあまり受け ないという特徴があります。
  3. ほてりが少ない:シアリスはほてりなどの他のED改善薬で出やすい薬剤の副次的症状の発生が 少ないという特徴があります。

以上3つのシアリスの特徴が他のED治療薬との決定的な差別化を図っており、シアリスは勃起改善力こ そ他剤に比べいささかマイルドですが、あえて勃起改善力がマイルドなシアリスを選ぶ人というのは 、それこそこれらのシアリスの特徴がその方のある意味嗜好的な要素あるいは性格的なものに合致し たからそれを選ぶとも言えます。


【シアリスを選ぶ人の性格は】
シアリスを選ぶ人の性格はどのような感じでしょうか? 前述しましたが、当新宿ライフクリニックは年間延べ人数で2万5千人ものED患者さんをフォローして いるEDのメガクリニックです。 患者さんにアプローチする数・頻度が増えるという事は、その傾向が増していくほど、事象に対する 普遍性の高い情報を得られる可能性が上がっていくという事であり、あらゆる統計資料において、そ の対象データの数が問われるのは、それが解析上の一つの真実だからです。
メガクリニックである当院の情報がどれほどの普遍性を持てるかは定かではありませんが、シアリス を選ぶ際に何等かの一助になれば幸いというものです。 シアリスはその力価がいささかマイルドだけど、薬剤の副次的症状が少ない傾向から、ED改善薬の使 用に不安を抱いている方が選ぶ傾向があり、慎重な性格な人が選ぶ傾向のある薬剤と言い換える事 ができます。


またシアリスを選ぶ方はあえて力価がマイルドな製剤を選択するなんらかの「理由」を事前に設定し ていらっしゃる方が多く、広告の規制があり正確な情報収集が難しい処方箋医薬品であるにもかかわ らず、事前に入念に調べ何等かの結論に至っている場合が多いです。すなわちシアリスは事前の調査 を煩わしく思わない性格つまり学究肌の性格な方が、もっと言ってしまえば理系的性格の人が選択し やすい薬剤です。
またシアリスは食物の影響が希薄など薬を使うまえの行動上の規制が少なく、また体感するほてりな どの薬剤の副次的作用が少ないので、ある意味、他の製剤よりも力価が低いながらも 自然なED改善を演出しやすい薬です。 その所為かシアリスを選ぶ人は性格的に、EDを消極的に受け入れて暮らしていこうとするよりも、 いつかベースのEDを改善させて、自然な勃起機能に回帰したいと考える人が多い傾向があります。 つまりシアリスは性格的に克己心のある方が選びやすい薬と言です。
まとめますとシアリスは慎重かつ理系的性格で克己心のある方が選びやすい薬という傾向が 当新宿ライフクリニックでは見受けられます。


【性格とEDの増悪には関連はあるの?】
シアリスを選ぶ人の性格的傾向を説明させて頂きましたが、 この性格とEDの発症には関連があるのでしょうか?
じつはEDは多因子疾患、つまり多くの原因候補がある病気という事で、 ベースには大きく加齢(老化)がありますが、その他の原因としては 薬剤・ストレス・プレッシャー・睡眠不足・ 喫煙・糖尿病、高血圧などの生活習慣病、 前立腺肥大と数多く有ります。 この中でも糖尿病や高血圧などの生活習慣病はEDが増加して来ている主要な原因の一つと言え、 EDのコントロール上強く意識する必要のあるカテゴリーです。
この生活習慣病は読んで字のごとく生活習慣が発病また増悪のもとになる疾患群で、その治療の主体 は薬剤ではなく、生活習慣を是正する事すなわち食事内容を減塩、減総カロリー、減脂質、減糖質、 増線維質、増新鮮なビタミンという形で調整したり、ウォーキングなどの持久力運動を生活に毎日導 入してもらう事がその治療の主体です。


つまり生活習慣病を制御しやすい方は継続的な努力を目標に向かって続けつつ・時にデータ(血圧や 血液検査の結果など)を元にこれに修正を加えて行く事ができる人という事になります。 つまり計画性があり実行力のある性格の人ですね。
個人差はあれども加齢は誰にでも平等に訪れるものですが、生活習慣病が主要なベースのEDの場合は その原因のコントロールには「人の性格」が関わってくる可能性があり、またストレスやプレッシャ ーが原因のEDの場合も、これらを感受しやすい性格とし難い性格があります。 つまり一部のEDの原因には人の性格的要素が関連するものが在り、計画性と実行力に欠け、ストレス やプレッシャーを感じやすい性格の方はEDの原因によってはEDが増悪しやすい可能性があります。


【シアリスを選ぶ人のED増悪の傾向は?】
上記でEDが増悪しやすい可能性のある人の性格に関して記載させて頂きました。 それではシアリスを選ぶ人の性格においてはこれは如何でしょうか? 「シアリスを選ぶ人は慎重かつ理系的性格で克己心のある方という傾向が当新宿ライ フクリニックでは見受けられます。」と上記【シアリスを選ぶ人の性格は】で記載させて頂きましたが、 これは上記【性格とEDの増悪には関連はあるの?】に記載した生活習慣病を制御しやすい方つまり 「計画性があり実行力のある性格の人」とその性格的個性においては類似性が非常に高いと思われます。
つまりシアリスを選ぶ人として典型的な性格の方が、生活習慣病を原因としたEDを発症している場合、 慎重に生活習慣病を改善するスケジュールを組み、持ち前の克己心でこれを継続できるという可能性があり、 その場合EDの増悪傾向は少ない、つまりシアリスを選ぶ人の性格は生活習慣病原因のEDを 制御しやすいのではないかと思われます。


以上、シアリスを選ぶ方の性格をベースにいろいろ記載させて頂きました! 新宿ライフクリニックは新宿西口にあるシアリス処方で国内でもトップクラスのED専門クリニックです。 EDだけにとどまらずその原因にある生活習慣病などに関する相談も受け付けております。 糖尿病専門医、内科専門医、循環器専門医などの各専門医を擁する 新宿ライフクリニック にどうぞ御気軽に相談にいらして下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠