西口のシアリス処方傾向に関して



メガターミナルのタダラフィル処方傾向

【西口とシアリス処方の傾向】
新宿駅西口のシアリス処方傾向はどのような感じでしょうか?西口はビジネス街にて比較的若いED患者層が多く存在します。西口の患者層においては、 子作りにシアリスを運用している、新婚またハネムーンにおける心因性勃起不全にシアリスを運用している、 婚活などデートベースでシアリスを運用している、こうしたシアリス処方傾向が西口における当院の統計上多い傾向があります。
当院は西口側、つまりビジネス街側の一番駅寄りにある保健所認可ED専門治療施設です。 当クリニックは西口に勃起不全治療専門のクリニックとして開設して約6年目になりますが、 シアリスなどED治療薬/勃起改善薬/PDE5阻害薬と呼ばれる薬剤の処方量において全国でもトップクラスであり、現在2万5千人以上のED再診患者さんを擁しております。
開業の始めの頃に比較して、患者数がかなり増大した事もあり、 ED治療における一般性が確認できるくらいの統計調査ができるようになって来ました。 ED患者数は日本で1300万人とも1100万人とも言われており、 勃起不全は男性だけの病気である事を考えると男性におけるその発症頻度は非常に高い傾向です。 しかしEDでありながらも勃起不全治療をされていない方はまだまだ多く、 その原因としては、勃起不全治療ならびにシアリスなどのED治療薬、また勃起不全治療施設に関する 正しいインフォメーションが希薄である事がその一因と考えられます。 そこで当院は、ED患者数がだいぶ増大した現在、 シアリスなどによる勃起不全治療を考えている患者さんに向けて、 実際、西口で当院が得た情報・データに従った情報提供を図っていこうと考えています。


ちなみにこのシアリスという薬剤は、日本における厚生労働省の正規承認を受けたED改善薬の先発品で、 バイアグラ、レビトラに続く第三のED治療薬として2007年9月に日本の処方箋医薬品市場に デビューしております。シアリスの国際誕生は2002年10月で米国のイーライリリー社で開発され、 日本では製造元が日本イーライリリー株式会社、発売元が日本新薬株式会社です。
シアリスは先行してデビューしているファイザー株式会社のバイアグラ、 またバイエル薬品株式会社のレビトラとは違った使用上・効果上の個性があり、 そのシアリスの他の勃起不全改善薬との個性の差は、勃起不全治療患者さんに好意的に受け止められ、 シアリスは三番目のデビューながらも、 バイアグラまたレビトラとともに日本のED治療薬市場をその大きな存在感をもってシェアしている現状です。
そのシアリスの特徴としては

  1. 【シアリスは薬効の持続時間が長い】
  2. 【シアリスは副作用発現頻度が少ない】
  3. 【シアリスは食事の影響をあまり受けない】

この3つが際立っており、こうした特徴に対するファンも多いです。 ちなみにヨーロッパにおけるED治療薬市場ではシアリス処方がトップシェアとされており、 その理由に関しても後述しております。
こうした際立った個性のED治療薬であるシアリスの処方を検討されているED患者さんの為に、 ご参考の一助となるべく、本稿ではメガターミナルである 新宿駅の西口におけるシアリス処方の傾向を主軸に

  1. 【西口エリアにおけるED患者層の傾向】
  2. 【シアリス処方を希望される方の一般的傾向】
  3. 【西口におけるシアリス処方の傾向報告】
  4. 【今後のシアリス処方傾向と当院の方針】

以上4項目に関して記載させて頂いております。宜しければご参考にされてくださいませ。


【西口エリアのED患者層の傾向】
西口エリアというとみなさんは何を思い浮かべますでしょうか? 独特のデザインの都庁庁舎、またそれを取り巻く巨大なビル群など、 主にビジネスエリアとして西口を認識されているのではないかと存じます。 しかし、西口の巨大なビル群はビジネスビルだけでなく ハイアットリージェンシーホテルや京王プラザホテルなど巨大な高級ホテルもその中に林立しており、 またその手前の駅により近いエリアには東京でも有数の規模を誇る西口の繁華街があります。
つまり西口は巨大なビジネス街を中心に、観光客の方が世界中より宿泊される巨大ホテル、 また東京でも指折りの大きさの飲み屋街などを要する繁華街の合計3セグメントで構成される 世界的にみても稀有なエリアです。
当院は甲州街道という大きな通りに面しているのですが、 朝の出勤時などになると当院の前の道は出勤されるビジネスマンの皆様の多さで、 遠景にはまるで川のごとく見えます。また夜にもなれば日本中から、 そして世界中からいらした観光客の皆様が 巨大なホテルから西口の繁華街に出られて、ナイトライフを楽しんでます。


こうした西口において、当院の勃起不全患者さん層の主体は 西口で勤労されているビジネスマンの皆様が大きな母体を占めます。 また観光で遠方よりいらっしゃった日本人また外国人の勃起不全患者さんも多く受診され、 こうした勃起不全患者層の中に、近在の居住の方、また乗り入れしているJR各線、 小田急線、西武線、丸の内線、都営線などの各路線沿いの町に居住の方などが内包され、 西口における当院の勃起不全患者層を形成しています。
ちなみに海外観光客におけるヨーロッパ系のED患者さんにはシアリスが希望されやすい傾向です。 その理由としては後述の【シアリス処方を希望される方の一般的傾向】にて記載しております。
西口エリアとそれ以外の東京エリアとでED患者層が違う点は、 まず西口以外の東京エリアでは、この駅ほど乗り入れ路線が多いところは稀なので、 来院されるED患者さんの居住地が西口と違って、ある程度のエリアに限定してまとまりやすい傾向があります。 またED患者層におけるビジネスマン患者さんの割合は西口エリアが上記のような理由で抜きんでています。
端的にまとめますと西口エリアではED患者層の傾向として、比較的若いビジネスマンが とても多い傾向です。


【シアリス処方を希望される方の一般的傾向】
西口におけるED患者層の傾向に引き続き、シアリス処方を希望される患者さんの一般的傾向に 関して記載します。 シアリスは上記のとおり

  1. 【シアリスは薬効の持続時間が長い】
  2. 【シアリスは副作用発現頻度が少ない】
  3. 【シアリスは食事の影響をあまり受けない】

が基本的な他の勃起改善薬との差異になってきますが、 この三つの個性がシアリス処方を希望される方を特徴的なグループにしている傾向があります。
まずシアリス処方がヨーロッパシェアでナンバーワンという理由でもあるのですが、 シアリスはその長大な薬効持続時間のおかげで、タイミングが良ければ服用した翌日の勃起改善効果もキープされます。 ゆえにセックスの頻度が毎日レベルのED患者層におけるシアリスのニーズはとても高い傾向です。 実は日本とヨーロッパ居住の方とのセックスの頻度はかなり違い、 ヨーロッパ居住者は世界でも高頻度にセックスをしている人々と言えますが、 一方我々日本人は世界でも稀にみるセックス頻度の低さを報告されています。 シアリス処方がヨーロッパシェアナンバーワンの理由の一つとして、 高頻度にセックスをされるED患者層の支持がある事は否めません。 また一方でセックス頻度の低い我々日本人の中にも高頻度にセックスをされている方はいますので、 そうした方においてもシアリスはニーズが高いです。
またシアリスは食事の前後関係なく使用できる長期薬効の勃起不全治療薬なので、 制約条件や前提条件の少なさから、 ある意味シアリスを飲んだ事を忘れて、 自然な勃起改善効果を実感しやすい薬剤と言えます。 こうした自然な改善感を望むED患者層はある一定数存在しており、 そうした方にシアリス処方はニーズが高いです。  


また子作りの際に、奥様の排卵日に合わせて性行為をされる方も多いかと存じますが、 この排卵日はずれこむ事も多いので短期薬効のED治療薬を使用している方は、 薬を飲んだのにタイミングが合わず肩すかしと言う事も多いかと思われます。 しかしシアリスの場合は長期薬効にて、 排卵日が翌日にずれ込んでも服用タイミングによっては翌日もカバーする事が可能なので、 実はシアリスは排卵日のブレにも対応しやすい薬剤です。 ゆえに、シアリスは子作りを希望されるED患者層にもニーズが高いです。
また食事のないデートは非常に稀と思われますが、 バイアグラならびにレビトラの運用上のネックとして食後に使用すると効果が減弱しやすい傾向があります。 しかしシアリスの場合、アルコールの悪影響は同様に受けますが、 食事の影響はシアリスの場合、多剤より少ないので食事込みのデートでも運用しやすい傾向です。 つまりシアリス処方はデートベースで運用したい方にニーズが高いです。
また食事に気を付ける、薬効時間を気にするなどED治療薬の使用前の前提条件や制約条件が多い場合、 これらがセックス前の緊張度を高めてしまい、 ストレスやプレッシャーから発生する心因性勃起不全を増悪させてしまう恐れが有ります。 しかしシアリスは長期薬効また食事前後関係なく服薬可能という、 自然な服薬条件ですのでED治療薬運用に伴う緊張感を少なくさせる傾向があります。 ゆえに、心因性EDの方に置けるシアリス処方のニーズは高い傾向に有ります。


【西口におけるシアリス処方の傾向報告】
上記にて西口エリアの勃起不全患者層の傾向と、 またシアリス処方を希望される方の一般的傾向に関して記載させて頂きましたが、 それでは、西口におけるシアリス処方の傾向はどうなのでしょうか?
西口においてはビジネスマンの勃起不全患者さんの受診が多い傾向があると申し上げましたが、 その年齢は比較的若い傾向があり30~50歳代が主体です。
この年代層のビジネスマンは比較的性的活動が活発と言え、 その理由としては結婚適齢年代と子作りの年代がどちらも内包される所が大きいです。 つまり西口におけるシアリス処方を希望する患者さんの傾向として

  1. 【子作りにシアリスを運用している】
  2. 【新婚またハネムーンにおける心因性勃起不全にシアリスを運用している】
  3. 【婚活などデートベースでシアリスを運用している】

この三つの目的意識にてシアリス処方を希望される方が多いです。 もちろん前述の【シアリス処方を希望される方の一般的傾向】におけるセックスを高頻度にされている方、 また自然な勃起不全の改善を望まれる方がシアリスを西口で希望されるケースもありますが、 西口では上述の3つのニーズがシアリス希望の主体です。


【今後のシアリス処方傾向と当院の方針】
以上、西口におけるシアリス処方傾向に関して記載させて頂きました。 シアリスは特徴が非常に際立っているED治療薬にて、西口では上記のような傾向を示しましたが、 西口自体がまた特徴的な地区なので、 他の町やエリアではまた違った傾向になるのではないかと存じます。
そして今後のシアリスの処方傾向ですが、 こうしたエリア間でのギャップとはまた違う意味で大きく変わってくる可能性があります。 実はすでにバイアグラではそうなのですが、ED治療薬の製剤特許がだんだん切れ始めており、 バイアグラの次に厚生労働省認可の正規ジェネリック医薬品が出るのは、 シアリスではないかと言われ始めています。


これらの厚生労働省認可の正規ジェネリックは、インターネット通販のジェネリックを謳う偽造品と違い、 その効果は先発品とまったく変わらず、かつ卸値に開発費用等が乗らないのでだいぶリーズナブルです。 もともと個性が際立っているシアリスが全く同じ効果で、かつ安価に処方できるようになったら、 今後のED治療は長期薬効の製剤がベースになってくる可能性が高いです。
当院は西口での設立当初より、 潜在する勃起不全患者層の掘り起しを主眼にED治療のリーズナブル化を進めてまいりました。 その結果、西口エリアだけでは無く、 全国的にもかなり低い設定のシアリス・バイアグラ・レビトラの処方価格を実現できる事となり、 こうした我々の診療方針は今も揺るがず、変わりません。 シアリスのジェネリック化が正式に決まった際には、 西口エリアの当院から、よりリーズナブルな長期薬効ED治療を提案できるかと存じます。
「シアリス使ってみたいな」という患者さんはどうぞ当院にご相談にいらして下さいませ。 当院は保健所認可の勃起不全専門治療施設にて様々な情報提供が可能です。 皆さまのご来院を心よりお待ち申し上げます。
(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)
※シアリスについては詳しくはこちら
※ライフクリニックについて詳しくはこちら


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠