シアリスは緊張からのEDに好適、新宿ライフクリニックレポート



プレッシャーからくる勃起不全とタダラフィルは良い相性です。

【シアリスと緊張からのED】
シアリス緊張からのEDに好適な勃起改善薬です。 シアリスは食事の前後関係なく服薬できる事、かつシアリスの長い薬効持続時間は 薬効時間切れを気にする必要が少ない事、またシアリスは服薬にともなう副作用発現が 他の勃起改善薬に比較して少ない事から、シアリスは服薬前の制約が少なく、 また服薬中の心配が少ないので、薬剤の運用に伴う緊張感が少なくて済む薬剤です。 つまり緊張からのEDを服薬運用による緊張感でさらに増悪させる事が少ないと言い換えることもでき、 それ故にシアリスは緊張感からのEDに好適な勃起改善薬です。
現在、この日本で先発品として厚生労働省の正式な認可のある勃起改善薬は三種類あります。 それはバイアグラ、レビトラ、シアリスです。これら処方箋医薬品、つまり医師の診断の元に患者さんに 提供できる薬剤は実はテレビやラジオまた雑誌などの広告媒体などでインフォメーションをする事が 非常に難しいものです。みなさんも病院で処方される抗生物質の名前をテレビCMなどで見た事は ないかと存じますが、これはシアリスなどの勃起改善薬が特別そう扱われている訳ではなく、 病院が管轄する薬剤のほとんどがそのような扱いになっているという事に起因しています。


これらバイアグラ、レビトラ、シアリス、三種類の先発勃起改善薬はそうした事情から一般のユーザーへの インフォメーションが希薄になってしまう事が往々にあります。それ故にその勃起改善薬間の個体差、 つまり効能や使用方法に違いがある事はなかなか情報としては一般に浸透してません。
しかし実はこのバイアグラ、レビトラ、シアリスの間には明確な個性の違いがあり、 当院のような勃起不全専門治療施設では勃起不全の患者さんのタイプに合わせて、 これら勃起改善薬の個性を使い分けています。たとえば、そうした個性の違いの一例を申し上げますと、 勃起改善薬に即効性を求める状況においては、バイエル社のレビトラがそうしたニーズを最も満たすものと 言えます。また冒頭で述べた通り、シアリスは緊張からのEDに非常に好適な薬剤と言え、 それはシアリスを代表する個性です。


「緊張からEDを起こすの?」中高年のED患者さんから上がりやすい疑問ですが、 実は勃起不全は多因子疾患つまり多数の原因が存在する疾患で、もちろん原因の多数派は 加齢に伴う性機能の低下ですが、そのほか糖尿病や高血圧、前立腺疾患などの疾患もEDの原因です。 また精神的な因子も勃起不全の原因になる事は多く、こうした勃起不全を心因性勃起不全とよびますが、 この心因性勃起不全の中で緊張からのEDは一定のウエイトを占めていると言えます。
この緊張からのEDは、実は若い方のED において多数派のカテゴリーと言え、当新宿ライフクリニックでも緊張からのEDで悩まれる若い患者さんが 多く訪れる関係上、当院は緊張からのEDに対して豊富な診療経験が蓄積されております。
この当院の豊富な診療経験をベースに本稿では、こうした緊張からのEDに悩まれる患者さんへの インフォメーションとして「緊張からのED」とこの病態に好適な勃起改善薬「シアリス」の話を 主軸に記載させて頂いております。
本稿では

  1. 【緊張からのEDとは】
  2. 【どういった緊張がEDの原因になるのでしょう?】
  3. 【シアリスは緊張からのEDに好適です。】
  4. 【緊張を緩和し緊張からのEDを回避するには】

というテーマで記載させていただいております。 ご参照くださいませ。


【緊張からのEDとは】
冒頭からシアリスは緊張からのEDに好適と記載させて頂いておりますが、この精神的なアクションの 一つである緊張の本質とは何でしょうか?精神的緊張はプレッシャーとも不安感とも 表現できるものですが、社会通念としての「緊張」は気持が張り詰めていて、 かつ不安な感じがあるというのが一番そのニュアンスに近いでしょうか?
この緊張は性行為に対して持っている場合においてはEDの原因になる事があります。 この緊張などの不安や恐怖つまり情動は中枢神経の内、大脳辺縁系や視床下部を含む脳幹部に その中枢があり、また一方、性欲などの生得的衝動つまり欲求もその統合中枢は視床下部および 大脳辺縁系にあります。
つまり勃起という生理現象の根幹となる性欲の中枢と、また情動としての緊張を感じる中枢は、 実はその中枢の場をほとんどシェアしているという事です。こうした状況においては 同様なベースに中枢のある緊張が、また同様なベースに中枢のある性欲を凌駕してしまい、 結果として性機能つまり勃起機能に悪影響を与え、それがED発症の原因になってしまう事は容易に 想像ができます。
しかしこうした緊張がベースになるEDにおいてはシアリスは他の勃起改善薬より 有効な改善効果を示しやすいと言え、それは我々新宿ライフクリニックの臨床経験上も感じられる事です。


【どういった緊張がEDの原因になるのでしょうか】
シアリスが有効という緊張からのED、この緊張はどういった内容のものがEDの原因になるのでしょうか?
当新宿ライフクリニックでよく遭遇する緊張からのEDというケースにおいては 「離婚後に彼女ができてかなり久しぶりのセックス、うまくやれるのか不安で緊張する」 または「セックスの経験が浅くて、セックスがちゃんとできるのか不安」 という二つのエピソードが緊張からのEDには多いように思われます。すなわちこれらは 「相手のためにも、きちんと性行為を全うしたい」という気持ちから緊張感が派生し、 それが結果としてEDの原因になっているように思われ、 緊張からのEDは性格的にまじめなタイプの方が多いように思われます。


また「大量に飲酒した後、彼女とセックスしようとしたら立たなかった」など過去の性行為上の失敗なども、 その次のセックスにおける「緊張からのED」の原因になりやすいと思われ、 新宿ライフクリニックとして多いケースでは、このエピソードのようにアルコールが入った状況での 失敗が多いようです。アルコールが入るといかに若い方でも勃起がしにくくなる傾向は否めませんが、 そうした状況における性行為の失敗が次の性行為への精神的な緊張感を惹起させて結果として EDを発生させてしまうようです。
新宿ライフクリニックにおける医療面談の経験上感じる事ですが、割と女性は上手なセックスという 技巧的ニュアンスの強い行為よりも精神的な深い触れ合いの過程において肉体の接触を求めているという 傾向が強いです。
そうした意味合いにおいては、男性における長いインターバルの後の性行為に感じられる緊張、 もしくは経験の浅さからやってくる性行為に対する緊張、 もしくはこれらは気負いと呼べるものなのかも知れませんが、これらはさほど女性に とって大きな意味があるものでは無いような気も致します。


【シアリスは緊張からのEDに好適です】
シアリスはこうした緊張からのEDに好適です。
シアリス以外の勃起改善薬はほぼ短期薬効になっているので、どうしても服薬して性行為に入るまでの タイムスケジュールを気にする必要があります。しかし思い通りにいかないのが人と人との接遇です。 勃起改善薬の薬効時間が残り少ないときに、パートナーの話が長かったりした場合、 緊張感からEDを発症している方はどのような精神状態になるでしょうか?  そうしたシチュエーションにおいては焦りからより緊張を高めてしまう事が危惧されます。 一方のシアリスの場合、その長大な薬効からパートナーの方が遅刻しても、 またパートナーの方のお話が長くても、薬効時間切れを気にすることなく、 鷹揚な気持ちでこうした事象に接する事ができます。


またシアリスは食事の影響を最も受けない勃起改善薬でもあります。実の所、デート中に食事を回避して、 性行為まで持っていくのは非常に難しい事です。特にシアリスをはじめ勃起改善薬は お酒との相性が悪いこともあり、食事もしない、お酒もあまり飲まないという状況を トークなど他のアクションでカバーし続ける、こうしたシチュエーションは 緊張感をさらに増加する可能性があり、 緊張からEDを発症されている方にとってはマイナスな状況と言えます。 そこでシアリスですが、シアリスは食事などの服用にあたっての制約条件が他の勃起改善薬に 比較して少ないので、上記したシアリスの長大な薬効と合わせて自然な勃起改善が得られます。 ゆえに、上述したような余計なマネジメント上の緊張をシアリスは呼び込むことが少ないと言えます。
以上の理由などからシアリスは緊張からのEDに好適と言えます。


【緊張からのEDの回避のために】
緊張からのEDの治療的フォローにはシアリスが好適である事を上述させていただきました。 それでは緊張からのEDの根本的解決はどうしたらよいのでしょうか?
向精神薬や抗不安薬などのメンタルヘルス系の薬剤をお勧めするクリニックもありますが、 これらは薬剤性EDの原因になる事も多く、緊張からのEDを改善させるためにこれらを服薬したはずが、 結果として薬剤性EDを引き起こす事になったりと、かえってこれらの服薬が因果関係の 複雑な勃起不全を惹起してしまう事が危惧されます。


思いますにセックスは肉体的にも精神的にもむき出しの行為と言え、そのパートナーの精神の有り様が ありありと露呈してしまう事は多々あると言えます。
上記したように性行為の阻害因子となる緊張は、セックスにおいては「いつもよりうまくやろう」、 「自分の実力以上にうまくやろう」とする気負いのようなものが新宿ライフクリニックにおける面談経験上、 多いように思われました。でもここで一つ考えて頂きたいのは、 ご本人のパートナーは本当に技巧的に優れたセックスを求めているのでしょうか? われわれはポルノの完成されたプロのセックスを見すぎて、「性行為なるものはああ言ったものが基準」 という間違ったニュアンスが植え付けられている可能性が常にあると思われます、 じつは一般的なセックスはこれらからは、かなり解離したものです。 誤解を恐れずに言うと、セックスは基本ほとんどの人が下手なものです。 それはプロのポルノを基準にすればです。


この状況は一般人の車の運転を全く見ないで、プロのラリーレーサーの運転を見続けているようなものです。 実のところ、我々はむしろ一般人の性行為をよく知りません。それは自分の性行為を除いてはですが。 つまり上手くセックスをしようとしても技巧としての一般的な物差しをほとんどの人は、 性行為に対して持っていないのです。つまりうまくセックスをしようとするのは知らない事を うまくやろうとしているも同然で、緊張感をそこに覚えるのは無理もない事です。
また上記しましたが、女性において、セックスを介した精神の交流は非常に大きい意味があります。 およそ性行為に関しては女性の方が男性よりも抒情的というのが正直な感想です。 そうした意味合いで技巧的にうまくあろうとする気持ちは往々に性機能の保持にはマイナスに働く事が 多いばかりか、女性にとってもあまり意義のあるものでは無いように思われます。
こうした様々なものを総合し、解釈していくと性行為における緊張感を解消するためには、

  1. 【相手をよく知る事】
  2. 【自分を実力以上に見せようとしない事】
  3. 【緊張や不安の原因をシェアする事】
  4. 【さらに言えば失敗も相手とシェアする事】

以上がとても大事だと思われます。
新宿ライフクリニックシアリスの新宿における処方頻度・処方数に関してトップクラスの 保健所認 ED専門治療施設です。こうした緊張からのEDなどの相談やシアリスの処方に関して 豊富な診療経験があります。新宿にお寄りの際は是非 当院にいらしてくださいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠