若年性EDの社会的な諸問題



若年性EDとその背景

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【若年性EDとは】
若年性EDとは、ニュアンスとしては壮年期以下の年代に発症する勃起不全です。
一般的にEDは中高年男性に多いとされていましたが、 最近では、比較的に若い方にも認められ事が多くなったことから、このように分けて考えられるようになりました。 疾患定義は曖昧さを有しますが、中高年者のEDの原因と、若年者のそれとは、原因が異なることも多いことから、 このような分類は、診療にあたる上でも有益です。
また、社会に与える影響、重要性も異なります。

現在、若年性EDは増加傾向にあります。
対象が生殖年齢である事や、若いが故に治療への抵抗感がある事など、 壮年期、老年期における勃起不全とは違った特徴的な社会的、臨床的問題がございます。

若年性EDの治療に関しては、その原因の主体が壮年期、老年期とは異なってくる事から、 治療も、特異的なものになる場合もございます。


【原因】
若年性EDは、壮年期・老年期の勃起不全と違い、 動脈硬化やアンドロゲン分泌障害などを原因とすることは少なく、 心因性ED薬剤性ED が、原因として多いとされています。
しかし、昨今は生活習慣病の低年齢化が進行している事もあり、 生活習慣病による動脈硬化が原因である場合も、以前に比べると増加傾向にございます。
スポーツ外傷や交通事故による 脊髄損傷 から若年性EDを来すものも少なからずあり、 若い方に盛んなスノーボードなどは、特に脊髄損傷が多いとされており、 若年性ED原因の一翼を担っていると思われます。


【治療】
心因や薬剤が原因であるならば、各々に対して治療を進めます。
基本的には、心因の解消、本疾患原因の可能性のある薬剤の他剤へのコンバートとなります。 肥満例や 生活習慣病例、喫煙例に対しても、各々治療、生活指導を行います。
バイアグラシアリスレビトラ等のPDE5阻害薬 の使用も有効です。

現代はストレス社会とも称され、様々なストレスが、若年者に降り注ぎます。
これを取り除く事はしばしば困難であるため、若年性EDの治療が難渋する事もございます。

また、経済的な負担も含め、最終的には薬剤に頼らない状態を目指したいところですが、 心因の影響が強い場合、勃起薬を服用しているという安心感が得られる事から、 服薬の中断なかなか得られない場合もございます。
臨床では、いつまで治療を続けたらいのか、どのように勃起薬を減量したら良いのか、患者各々の特徴に合わせて、 選択されています。


【社会的問題】
若年性EDの発症は、ある意味、壮年期・老年期における勃起不全の発症より深刻な社会問題となります。
それは若い人口層が生殖そして挙児の中心年代であり、本疾患の発生が 男性不妊 の発症につながる事、 また、若いが故に本疾患に対する治療に抵抗感や気恥ずかしさが強く、治療介入がしにくい事などが関係します。


【若年性ED治療に対する配慮】
新宿ライフクリニックのような勃起不全専門クリニックは、患者・スタッフを男性に限定し、 かつ、完全院内処方を採用してプライバシー性を高めています。
それは、むしろ若年性ED受診への抵抗感の削減のために施行している側面も強くございます。
また、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの勃起改善薬は男性が使用する分には、 胎児影響は非常に少ないとされていますので、挙児希望の際のご利用も問題ありません。
新宿ライフクリニックは、若い方の勃起不全治療に関して、都内でも有数の治療経験がございます。
若年性EDでお悩みの方は勃起不全専門クリニックの 新宿ライフクリニックにどうぞご相談ください。


written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠