働く事によって生まれるストレスはインポテンスの原因になり得ます。



仕事のストレス:職業性ストレスとED

ばいあぐらは新宿ライフクリニック。


【仕事のストレス:職業性ストレスと勃起不全】
現代日本は、国際的に見ても、高度なストレス社会と認識されています。
他国よりも長い就労時間・通勤時間、少ない長期休暇など、 ヨーロッパなどの就労スタイルと比較すると、国民全体がワークホリックな傾向にあると言え、 仕事や職業性のストレスによる様々な健康障害が、就労年代に発生しています。
本邦において、仕事や職業生活に関する不安やストレスをもつ労働者の割合は、全体の60%とされ、 労働者過半数の問題です。
こうしたストレスによる健康障害の一つにEDが挙げられます。

本項では、こうした仕事や職業性のストレスによって発生するEDに関して、 何が主体の原因であるか、また、その対策・治療などに関して細かく記載しております。
是非とも、ご参照下さい。
また、別項に日本人のセックス・ED/勃起不全の傾向 に関しても詳述させて頂いております。併せてご参照下さい。


【仕事のストレス・職業性ストレスとは】
正確には、就労に伴って発生するストレッサーによって生まれるストレス反応を指します。
ストレスとは元々は工学系などで使用されていた言葉で、医学などの臨床に導入された当時は、 生体に対して外界から加えられる刺激をストレッサーと呼び、 それに対して生体が生じる反応をストレス反応と呼んでいました。
しかし、現在の社会通念上は「ストレス」という言葉は、ストレッサーの事を示す言葉としても、 ストレス反応を示す言葉としても、一般的に用いられております。

仕事におけるストレスは、対人関係、クレーム処理、個人的時間の制限、競争社会のプレッシャー、 PCなどの情報ツールによるテクノストレスなど、仕事に関連したストレスは数限りなくあり、 非常にバリエーションに富んでおり、これらの影響の一つ一つを検証する事は非常に難しい事です。
ストレスを受けている個人側としても、 これら多岐なストレスの影響をそれぞれに区分して、その影響を把握している人はほぼいないものと思われます。 仕事のストレス・職業性ストレスを定量化することは困難ですが、「時間の自由度」ならびに「責任の重さ」は、 大きな影響が有し、影響を把握し易いパラメータとして挙げられると思われます。
「時間の自由度」とは、言わば就労中の時間を自分の裁量でコントロール出来ない状況のストレス、 「責任の重さ」とは、多くの部下を抱える職責において発生するストレスの事です。


【仕事や職業性ストレスによるEDの発症機序】
人間の勃起は、まず性欲という情動によって刺激された脳の視床下部:高位勃起中枢から勃起の指令が、 下位に伝達される事で始まります。
ストレスは、この性欲の発生段階でブレーキをかけます。

本邦における研究にて、この仕事や職業性ストレスを「時間の自由度」、「責任の重さ」で分類して、 年代ごとにEDの発生状況を調べ統計的検討をした報告が有ります。
その報告によると、職責、つまり「責任の重さ」は、ストレスでは有ったとしても、 EDの強力な発症因子では無く、その一方で、 就労における「時間の自由度」は、性機能の障害に大きく影響を与える事がわかりました。 こうした傾向は、会社における滞在時間が長時間化するほど、性機能への悪影響を強める事が指摘されています。
また、この結果は年代が若いほど顕著になる傾向が有り、生殖年代層にてより大きな問題となるともしております。


【ストレスによるEDの改善】
ストレスマネジメントと投薬に、大別されます。
一個一個の対応策を、ここに端的に記載する事は不可能です。
しかし、ストレスマネジメントには共通理念が有ります。
それは、第三者の協力が非常に大切であると言う事です。 対象は、奥様でも産業医でもカウンセラーでも友人でも良いと思います。 人にストレスを打ち明ける事で、人は自分のストレスを整理する事が出来、 それによって施行性のある解決策を得たり、第三者に受容してもらう事自体でストレスを軽減できる事が有ります。

服薬による治療も試みられます。
レビトラなどのED改善薬は、ストレスなどによる心因性EDの9割に改善効果を示すとされており、 ストレスによってEDとなり、それがまたストレスとなった負スパイラルに陥った方には、連鎖を断ち切ると言う意味合いでも、 直接的で即効性ある治療方法と言えます。
特に、男性の性機能障害は、男性から様々な自信を奪ってしまう側面があり、 その存在自体が根深いストレスの原因となってしまう場合があるので、早々の対応が望ましい場合が有ります。

因みに、仕事によって誘発されたEDは、労災として認定するのは非常に困難です。 労災認定には、リジスキャンやファーマコテストと呼ばれる器質性EDを診断する検査での、異常が必須だからです。
つまり、労災認定には、心因性EDは考慮されていません。
心因性EDの診断や重症度を定量化する事が困難なことも一因です。


【今後】
本邦は、世界でも類を見ない未曾有の高齢化社会に突入しようとしています。
少子高齢化に伴う労働人口の減少に伴い、仕事量の増加、環境が増悪する可能性が懸念されています。
少子化や出生率の低下は、少子高齢化にダイレクトに影響していると言え、 日本の未来の為にも、社会的介入が望まれています。
労働者の多くは、仕事や職業性のストレスを感じており、若年者(生殖年代)において、 心因性EDの一大原因となっている可能性が有り、少子化に直結する大きな問題です。
特に、就労時間に対するストレスが性機能障害の発生を促している傾向があるため、 長期的な少子高齢化対策としては、保育園などの育児インフラの整備に並び、 就労時間の改善もまた、必要な対策なのかも知れません。


written by れびとら処方なら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠