ED診療における食生活の重要性



食生活とEDの関係

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【食生活とED/勃起不全の関連】
食生活の乱れは、ED/勃起不全の出現に大きく関連いたします。
その理由として、器質性EDを発症させる数多くの原因疾患が、食生活の乱れから発生しうるからです。
食生活の乱れから発生しうるEDの原因疾患としては、 高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、睡眠時無呼吸症候群などが有ります。
また、食事中の亜鉛欠乏などの微量元素が不足した場合には、性腺すなわち男性では精巣の機能が低下して、 ED/勃起不全を発生する事もございます。 また内臓脂肪型肥満 は独立してED/勃起不全の発症に関連すると近年の研究結果として報告されています。


【食生活と高血圧そしてED/勃起不全の発症】
前述の通り、高血圧は食生活の乱れから発生し得ます。 高血圧は、ED/勃起不全の発症原因において、生活習慣病の中では最も関連が深い疾患になります。 すなわち高血圧を発症しやすい食生活はED/勃起不全を引き起こしやすい食生活に他なりません。 高血圧の発症にとって環境要因の中でもっとも重要な食生活因子は食塩の過剰摂取になります。 血圧値は食塩摂取量とダイレクトに比例すると報告されています。 そのほか食生活上では過剰な飲酒や食べ過ぎによる肥満も高血圧の発症に深く関連するとされています。


【食生活と糖尿病そしてED/勃起不全の発症】
前述の通り糖尿病は食生活の乱れから発生し得ます。 糖尿病は高血圧と同様にED/勃起不全発症の原因になります。 とくに糖尿病は糖尿病性神経障害といって、神経の障害を招きやすい疾患で、 糖尿病によって自律神経が障害され発症するED/勃起不全は、 治療反応が悪くなりやすい傾向が有ります。 また糖尿病の他の合併症である糖尿病性腎症という腎機能の障害を示す疾患も、 独立したED/勃起不全の原因になるとされており、 これもまた治療反応が悪くなりやすい傾向があるとされています。 糖尿病の内、特に2型糖尿病は食生活要因として糖質や脂質の過剰摂取によって引き起こされやすく、 また、高血圧同様に食べ過ぎによる肥満も糖尿病発症に深く関連します。


【食生活と脂質異常症そしてED/勃起不全の発症】
前述の通り脂質異常症もまた食生活の乱れから発生し得ます。 脂質異常症もまた、単独でED/勃起不全の発症原因となる因子です。 脂質異常症は食生活要因としては動物性脂肪などによる高脂肪食が引き起こします。 また糖尿病、高血圧同様に食べ過ぎによる肥満も脂質異常症発症に深く関連します。 そして肥満自体も上記生活習慣病から独立したED/勃起不全発症の因子と統計学的検討から考えられており、 肥満により発症しやすい睡眠時無呼吸症候群もまた独立した発症因子と考えられています。


【その他の食生活が関連したED/勃起不全の発症機序】
そのほか、食生活が関連したED/勃起不全の発生としては、 微量元素の亜鉛の欠乏も性腺機能障害からED/勃起不全の発症に関連するとされています。 亜鉛は穀物類としては玄米や小麦胚芽、豆類などが多く含んでおり、 肉類では牛肉、海産物では牡蠣が多く含有しているとされています。 牛肉の過剰摂取は動物性脂肪の過剰摂取から、 上記の脂質異常症や糖尿病の発症因子になりかねないので、 控え目な摂取が望ましいと思われます。また玄米や小麦胚芽は血糖上昇も緩やかなために、 糖尿病の予防や治療にも適切な穀物類です。


【ED/勃起不全の発症予防・治療に望ましい食生活とは】
総括しますとED/勃起不全の発症予防や治療上望ましい食生活とは、塩分が少ないこと、 適切な糖質量(もしくはカロリー)である事、動物性脂肪が控え目である事、穀物では玄米や小麦胚芽の摂取、 海産物では牡蠣などの摂取が望ましいという事になります。


食生活の改善は勃起不全治療薬/PDE5阻害薬のED/勃起不全の治療効果も改善させると言われています。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠