新宿駅西口のバイアグラ処方患者傾向に関してライフクリニックレポート



新宿駅西口における勃起改善薬処方の傾向とは?

【新宿駅西口とバイアグラ処方患者】
新宿駅西口のバイアグラ処方患者傾向ですが、 バイアグラの製造特許切れに伴うバイアグラのジェネリック(後発医薬品)である シルデナフィルシリーズの出現に伴い、バイアグラの処方数は他の地域同様に、 新宿駅西口エリアでも減少傾向と言えます。 しかし実は新宿駅西口エリアは他の地域に比較すると、 根強いバイアグラ処方患者層が残っている地域とも言えます。
当新宿ライフクリニックは新宿駅の西側、通称「西口」側に開業しているED(勃起不全)、 AGA(男性型脱毛症)、PE(早漏症)、 にんにく注射を中心とした新宿区保健所認可、保険外診療の専門クリニックです。
当院はバイアグラ処方患者などEDの患者さんを中心に2012年5月から新宿駅西口にて診療を続けており、 現在は15000人強の再診患者さんをフォローし続けています。
新宿駅西口エリアにおいて、当院はトップクラスのバイアグラ処方患者数の実績であり、 それがゆえに所在地の新宿西口駅におけるバイアグラ処方患者さんの傾向に関して詳細に語る事が可能です。
新宿は不思議な町です。新宿駅は西口と東口側で、距離的にも、文化背景的にも、 大きく解離しているばかりか、 どちらのエリアも日本有数という冠がつく、世界的にも希に見る町です。
新宿駅西口側は世界有数のビジネス街であり、 また新宿駅東口側は世界有数の歓楽街である歌舞伎町を有しております。 しかし地方から見ると大都会のこの町にも、実は居住者は多く、 いまだ東京・下町人情を思わせる情景や人々に遭遇する事も多いです。
その一方で日本の観光誘致政策の影響か、 ここ数年ですごい勢いで外国人観光客がこの新宿駅西口にも増加して来ており、 まさに国際都市の面目躍如といったムードが最近は有ります。
最近では新宿駅西口のドラッグストアでは日本語よりも中国語の店内アナウンスが主体で、 外国人観光客がどれだけ新宿駅西口にいるのかを示すバロメーターとなっております。
こうした傾向は東京でのオリンピック開催に向けてさらに加速すると言われており、 来年、また再来年には新宿駅西口エリアがどのような町に変貌しているかは誰も予測がつかないです。
そんな新宿駅西口にある当院には日本中からED患者さんがやって来ており、 時に海外の方もご来院されます。 バイアグラ処方患者さんにおいては、新宿駅西口近在の方もいれば南は沖縄、 北は北海道まで、皆様、居住地域は非常にバリアブルです。
本稿ではこの新宿駅西口ならびに、バイアグラ処方患者さんに関しての解説、 そして新宿駅西口におけるバイアグラ処方患者さんの傾向、 また今後の新宿駅西口とバイアグラ処方患者さんの傾向の変化予測に関して記載しております。 ご参照下さいませ。


【新宿駅西口】
今回、バイアグラ処方患者さんの傾向に関して記載させて頂いている新宿駅西口という地域は、 出口や改札口に関係なく、この駅の西側部分をざっくりと指し示す、 ある意味での「地名」と言えます。
これはこの駅自体が世界有数の巨大ターミナル故に駅には無数の改札・出口が有る為です。
新宿駅西口は基本的には都庁を有するビジネス街、 ならびにヒルトンなど世界的に有名な巨大ホテルが林立するホテルエリア、 また駅から見て、これらの手前にある飲食店を中心とした歓楽街の3種のエリアで構成されています。 当新宿ライフクリニックが所在しているのはこの歓楽街側、つまり駅よりのエリアです。
新宿駅西口で最近、とみに外国人観光客に接する(道案内などはほぼ毎日です。) 機会が多いのはこのホテルエリアの影響である可能性も有ります。
また新宿駅西口の歓楽街に関しては、東口側の歓楽街である歌舞伎町とは趣がだいぶ違い、 まず風俗店等の経営は皆無で、レストランや飲み屋街、家電屋さんなど、 新宿駅西口エリアがビジネス街を内包している関係上、サラリーマンニーズの店舗が殆どです。
当新宿ライフクリニックも新宿駅西口のビジネス街に近い関係上、 夕方5時以降などサラリーマンの皆様のご帰宅の時間に混雑する傾向が有ります。
後述しますが、バイアグラ処方患者さんの主体は、 サラリーマンなどの人口における労働層が主体であり、 その関係上当院でもサラリーマンの方々がバイアグラ処方患者さんには多いです。


【バイアグラ処方患者】
新宿駅西口エリアにおけるバイアグラ処方患者さん、つまりEDの薬物治療を受けている方は、 上記のとおり、本邦の人口における労働層が主体であり、その中核年代層は30~50歳代です。
バイアグラ処方患者さんの30歳代と50歳代は、ある意味バイアグラ処方におけるニーズが、 解離する傾向があり、30歳代は子作りなど、シリアスなモチベーションを持っていらっしゃる場合が多く、 一方の50歳代のバイアグラ処方患者さんにおいては挙児を目的としている方は少なく、 奥さんやパートナーとのコミュニケーション上、これらの薬剤を必要とする方が多い傾向です。
またバイアグラ処方患者さんにおいての30歳代と50歳代は、 そのED発症に至る原因も解離しており、 30歳代のバイアグラ処方患者さんにおいてはワーキングストレスや仕事・子作りへのプレッシャー、 また睡眠不足などの生活習慣に依存してED/勃起不全が発症している方が多いです。
一方の50歳代のバイアグラ処方患者さんにおいては、 糖尿病・高血圧などの動脈硬化性疾患ならびに加齢を主体に、 EDの発症に至っているケースが多く、後者の方が抜本的改善は難しいとされています。


【新宿駅西口におけるバイアグラ処方の傾向】
新宿駅西口において複数年、大多数の患者さんにバイアグラ処方をしてきた、 当新宿ライフクリニックにおいては、その新宿駅西口エリアにおける、 バイアグラ処方患者さんの傾向も良く把握されており、 またバイアグラ処方患者さんの傾向は最近大きく変動して来ている事が確認されています。
処方薬としてのバイアグラは、国内での製造特許が切れており、 その関係上で後発医薬品:ジェネリックの処方が全国的に始まっております。 この内容はほぼ変わらないものになるので、 ジェネリックの方が費用対効果はおおよそ高い事になり、 多くのバイアグラ処方患者さんがジェネリックに、処方内容の変更を希望されています。 これは全国的な潮流であり、また海外においても見られる傾向です。
しかしここ、新宿駅西口は東京都内でも他の地域に比較して、 バイアグラ処方患者さんが残存しやすい傾向が確認されており、 その理由としては本薬剤が発売して長い時間が経過しているという、 その状況自体や本薬剤の世界的知名度などに新宿駅西口に出入りする、 バイアグラ処方患者さんが信頼を寄せているからだと思われます。
またバイアグラ処方患者さんの中には他の勃起改善薬を処方しにくい、 腎機能障害などを持つ患者さんも多く存在しており、 他の勃起改善薬にコンバート出来ない状況がこうした事象に寄与している可能性も有ります。
当新宿ライフクリニックでは現在も十分な先発品バイアグラを用意しており、 本薬剤に大きな信頼を寄せるバイアグラ処方患者さんを受け止める準備は常に整えております。


【今後の新宿駅西口とバイアグラ処方傾向の変化予測】
今後の新宿駅西口は、東京オリンピックに対応したホテルエリアの整備や、 バスターミナルの立て直しに伴うその機能性の向上など、 新宿駅西口エリアとしての改善が継続的に進んでおり、 今もって世界有数の乗降員数を誇るメガターミナルの西側ですが、 いずれ、この新宿駅西口はもっと多くの人間が出入りするエリアになる可能性が期待されています。
またLCCの運行量の増加やリニア新幹線による日本国内移動の短時間化、 簡便化は新宿駅西口をより全国的なエリアに作り替えてしまう可能性があり、 当院における、ある意味ローカルな新宿駅西口でのバイアグラ処方患者さんのレポートはいずれは、 日本全国の傾向を直截に示すバイアグラ処方患者さんのレポートに変化していく可能性があります。
その一方、当院における統計調査上、ご高齢の方になるほどバイアグラの処方を好む傾向が、 確認されている事もあり、全国規模で高齢化社会が進行する本邦 日本においては、 高齢化社会の進行に応じて知名度の高いバイアグラの処方患者さんが全国的に増加する可能性も示唆されます。
このように、またデータの蓄積に応じて新宿駅西口におけるバイアグラ処方患者さんの傾向を、 レポートさせて頂きたく存じます。
バイアグラ処方希望希望のある患者様は是非、 新宿駅西口でもトップクラスの実績のある当院、 新宿ライフクリニックへどうぞご相談に来てくださいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠