ストレスやプレッシャーから来るEDの加療方法に関して検討しています。



心因性EDの陰茎血管拡張薬以外の治療の検討

新宿でジェネリックバイアグラ購入なら!新宿ライフクリニック!


【心因性EDと陰茎血管拡張薬以外の治療方法】
心因性EDでバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの陰茎血管拡張薬が奏功した患者に、 二次的に陰茎血管拡張薬以外の治療方法の効果を検証した報告が有ります。 その報告によれば、性交渉の回数を週2回以上に増やすという習慣介入と、 ノンエレクト法というリハビリテーション的加療介入が比較的効果的だったとの事でした。
勃起不全:EDはお年寄りのお病気と考えらている方は多いと思われます。 しかしこれは大きな間違いです。 この疾患は原理的にはすべての年齢の男性に発生しえます。 決して高齢者だけが罹患する病気では有りません。
若年の方には心因性EDという、ストレスやプレッシャーなどで発症する勃起不全が比較的多いです。 特に性交経験が浅い若年男性ではこれは多いに発症し得ます。
対して中高年以上に多いのが器質性のEDです。 これは男性ホルモンの相対的低下、糖尿病・高血圧などの生活習慣病、 喫煙などの習慣等様々なものが影響して発症するものです。 こちらは年齢が重ねれば重なるほど、出現しやすくなる勃起不全と言えます。
若年の方で、こうした勃起不全が高齢者だけの病気と考えていた方が、 実際、心因性EDなどに罹患すると、激しいショックを受ける事が多く、 更なるストレスを形成して、根深い心因性EDになってしまう事が間々あります。
こうした悪いスパイラルに落ち込まないためにも、勃起不全は男性であれば、 年齢問わず発症しうる疾患である事を認識し、啓蒙する必要が有ります。
心因性EDの加療において最も効果的なのは バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの陰茎血管拡張薬であり、 これは器質的の勃起不全と治療薬剤としてのファーストチョイスである事は変わりません。
しかし器質性と違い心因性EDは心因さえ解消されれば、 この状況事態も改善する可能性が高く、根本的解決の難しい器質性とはここが大きく違うと言えます。
つまり心因性EDの場合、継続的にバイアグラなどの陰茎血管拡張薬を、 服薬せずに済む可能性があると言うことです。 本稿ではこうしたバイアグラなどの陰茎血管拡張薬が効果をしめした心因性ED患者に対して、 習慣介入やリハビリテーション指導、 また漢方薬などの使用による二次的介入によって陰茎血管拡張薬からの離脱が図れるかどうかを、 検討した報告をご紹介させて頂いております。 またそれに付随して、心因性EDに関して、 また心因性EDの治療方法などに関しての説明も記載しております。ご参照くださいませ。


【心因性EDとは】
心因性EDとは器質的障害では無く、精神的な問題によって発症する勃起不全の事を言います。 いわばこれは機能的な勃起不全とも言えます。
心因とは医学用語で心理的な要因によって疾患が発生している状況を示した言葉です。 こうした心因にはストレスやプレッシャーの他、神経症などのメンタルヘルス疾患も入ります。
心因の成立には性格要因ならびに環境要因そして身体要因の3種の要因が関連しているとされています。 たとえば身体要因において、疲労などで心身の抵抗力が落ちている場合には、 ささいなストレスでも心因が発生し得ますし、 逆に性格要因において、疲労があっても性格が極めて安定していれば、心因と成り得ない場合もも有り得ます。
逆に言えば、心因発生の回避には環境のストレスフリー化、 身体状態の保全、性格の安定化が有効とも言えます。


【心因性EDの治療方法】
心因発生の回避には性格要因・環境要因・身体要因の3要因の改善・安定化が有効と上記しましたが、 それでは発症してしまった心因性EDの治療方法にはどのようなものが有るのでしょうか?
まずは前述のとおり、心因性ED治療のファーストチョイスは バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの陰茎血管拡張薬になります。
その他には、心因性EDの治療として漢方薬による薬物治療、 性交回数指導などの生活介入による改善、 またノンエレクト法などのリハビリテーション的介入による改善などが一般的と言えます。
心因性EDの漢方薬治療としては使用される事が多いのが、 補中益気湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、八味地黄丸、桂枝加竜骨牡蛎湯などになります。
漢方的な概念におけるEDに相当する言葉は陰萎になりますが、 漢方的な陰萎の治療では、それに随伴する他の症状等に応じて、 これらの漢方薬の選択が変わる傾向が有ります。
また性交回数指導に関しては、 これは心因性EDが性交経験が浅い事によって発生している場合には有効と言えます。 つまり性交に「なれる」事によって、プレッシャーを回避すると言うことです。 しかし、ストレスや神経症が主な心因であったり、 心因の3要因における環境要因、身体要因が相対的に強い場合には、 効果が薄かったり、逆効果だったりする事も想定されます。
そしてノンエレクト法に関しては、 これはリハビリテーション的なメソッドを実際の性交時に施行する事によって、 心因性EDだけでなく早漏:PEの加療にも有効とされています。
しかしパートナーの深い理解と根気が必要とされる加療なので、 出来る方が限定されてしまうという側面が有ります。
ちなみに心因性EDに対しては精神安定剤を使用するケースも報告されますが、 殆どの精神安定剤は薬剤性EDなど性機能障害の発生原因になる場合も多く、 性機能障害の因果関係を複雑にしてしまう側面もあり、 前面にたって推奨されている事はまれと言えます。


【心因性EDの陰茎血管拡張薬以外の治療による二次介入の報告】
この報告はバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬が、 効果的であった心因性EDに患者さんに、 二次的に①バイアグラなど陰茎血管拡張薬の減量、②性交回数を2回/週以上に増加させる、 ③ノンエレクト法の指導をする、④バイアグラなど陰茎血管拡張薬から漢方薬に変更する。 以上①~④のアテンドして、陰茎血管拡張薬からの離脱を目標とした、その効果を検証したものになります。
②と③の方法はいずれも35%以上の心因性EDの患者さんにおいて、 全性交の75%以上でシルデナフィルなど陰茎血管拡張薬に頼らなくても、 性交を全うできるようになったと報告されており、 ①ならびに④に関しては同様な効果は②、③に比較して少なく、20%を下回る結果になったとの事です


【今後の心因性EDの治療】
今後も、器質性ED・心因性EDどちらにおいても効果が高く、 かつ即時的なバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの陰茎血管拡張薬は、 これらの疾患のファーストチョイス足り続けると思われます。
しかし、器質的問題が無いという状況において心因性EDは、 陰茎血管拡張薬の使用から離脱しやすい状態である事は変わらず、 今回ご紹介させて頂いた報告において比較的効果的だった方法、 ノンエレクト法と性交回数への二次的な介入は、 陰茎血管拡張薬からの離脱を希望される患者さんにとっては望ましい治療アルゴリズムと言えます。
特に挙児希望があるなどあまりリハビリテーションなどの時間をかけていられない事情の患者さんには、 一次的にバイアグラバイアグラシアリスシルデナフィル などの陰茎血管拡張薬による介入をはかって、それによって状況を改善させたのちに、 よりナチュラルな習慣への介入やリハビリテーション指導などによる二次的治療に移行するのは、 非常に合理的と言えると思われます。


written by シアリス購入を新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠