早漏の原因と治療に関して記載しております



射精障害における主因と薬剤療法に関する報告

新宿でジェネリック バイアグラを。新宿ライフクリニック!


【射精障害における早漏の主因そして薬剤療法】
射精障害における早漏の主因と薬剤療法に関して検討した国内からの報告に因れば、 脊髄神経性、精神科疾患性、心因性が本疾患の主因であり、 またその大半はED/勃起不全との合併例だったとの事です。
射精障害における早漏は一般的にはペニスを膣内に挿入する前、 もしくは挿入時、もしくは挿入直後に、 本人の望むタイミングの以前に射精:ejaculationが引き起こされてしまうという状態であり、 従来は過度の性的興奮によって引き起こされる事が多いと考えられていました。 しかし臨床上検討された統計によると、 脊髄神経や精神科疾患などの疾病影響が主因である割合も当初想定されていたよりも多い事が判明し、 そうした背景もあり、 現在ではICD-10による性機能不全を形成する一疾患としても正式に認識されております。
ICD10とは世界保健機構:WHOが10年周期で発表する国際的疾病・障害・死因の統計上の分類であり、 これに登録される事によって射精障害における早漏は国際的にも性機能障害に基づく疾病として認識される事になりました。
それを受けて、本疾患には国際的な定義も確立され、2008年の国際性機能学会によると、
1).膣内挿入からejaculation:射精までの時間であるejaculation潜時の短縮を認め、 いつもあるいはほとんどいつも膣内挿入後1分以内に射精してしまう
2). ejaculationのタイミングを自分でコントロールできないので膣内でejaculationを遅らせる事が出来ない。
3). 射精障害が自分自身の苦痛、悩み、欲求不満となり、 その為性的親交を避ける事によってパートナーとの関係に問題が生じて、ネガティブな状態に落ちいる。
という定義が発表されています。
この定義上は3)が非常に大事で、 セックスは基本的には男性と女性の1対1で行われる生理的行為になるので、 ejaculationが早い・遅いという物理的時間の差異だけでなく、 その事によって自分自身やパートナーが苦痛を感じている、 と言う関係性上の問題があって疾病性が顕在化するものと思われます。
つまりejaculationが早くても・遅くても、それが自分とパートナーにとって問題となっていないようであれば、 特に治療を要するものではないと考えられます。
これに例外を検討するとしたら、子作り時の状況において、 挿入前にejaculationしてしまう事で、パートナーを受精させる事が出来ないという状況が有ります。
こうした状況においては、ある意味、射精障害における早漏が男性不妊症の原因となって、 その治療を検討する必要性が浮上してきます。
ただ射精障害における早漏の原因と薬剤療法を検討するにあたっては、 脊髄神経性や精神科疾患性が主因として出現している場合には、 その原因疾患の治療やコントロールが、射精障害における早漏の治療の主体となりえると思われますが、 多数派原因の心因性に関しては、現在、ファーストチョイス足りうるPEの薬物加療は、 検討段階から抜け出し切れておらず、 日本国内の性機能学会や泌尿器科学会でも様々な内容が検討が継続されているという状況です。
本項では、こうした状況の中、国内からの発表としての射精障害における早漏の主因と薬剤療法に関する報告がされたので、 それの御紹介をするとともに、 現在、主体となって検討されている本疾患の薬剤療法に関して、 私見を記載しております。ご参考にされてくださいませ。


【射精障害における早漏の主因と薬剤療法に関する報告】
本報告は国内から発表されたもので、日本人を対象に検討されているものになります。
登録された射精障害における早漏の定義に合致する患者さんの主因の内訳は、 脊髄の疾患が原因となる脊髄疾患性が約17%、 何らかの精神科疾患が原因と思われるものが約8%、 過大な興奮や緊張などの心因が原因となっていると思われるものが約75%と報告されています。
従来の認識通り、心因性が主因の大多数を占めるという状況に関しては納得できるものが有ります。 ただ、疾病主因が総計で1/4を占める状況は、 実際の射精障害における早漏の診療に当たり、多いに参考とすべきものがあると思われます。
また、これら射精障害における早漏として登録された患者さんのうち、 7割ほどがEDも伴っているという状況が有り、 射精障害における早漏とEDは合併しやすいという従来も有った報告を再度認識させる結果となりました。
これは、射精障害における早漏の治療においてはEDの治療も合わせて考えるべき状況が多いという可能性を示唆します。 こうした状況においては、射精障害における早漏の治療時に薬剤性のEDの主因となり得るような、 射精障害における早漏の薬剤療法を施行し難いという、 ある意味、射精障害における早漏の薬剤療法を限定され得る可能性が有ります。
いわば少数派たるED合併の無い射精障害における早漏への薬剤療法は至ってズムーズで、 選択的セロトニン再吸収阻害薬、局所麻酔ならびにテストステロン含有軟膏の局所塗布、 またαブロッカーのいずれかの使用によって約85%が射精障害における早漏の改善を見たと報告されています。
一方で難しいのは多数派たるED合併のある射精障害における早漏への薬剤療法で、 上記の治療に加えて、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬、 またヨヒンビン製剤なども加えて、射精障害における早漏への薬剤療法アプローチを図るも、 約41%が無効、約24%が追跡不能で、改善が認められたのはたった35%ほどであったとの事でした。


【射精障害における早漏の主因と薬剤療法に関する検討】
射精障害における早漏の主因はさておき、EDの合併例が多数派で、 それらの薬剤療法の有効性が上記の報告に因れば約3割ほどであるという事実は、 射精障害における早漏の治療においては、ED合併の有無を認識した上での薬剤療法が望ましい可能性を浮き彫りにしています。
現在、射精障害における早漏への薬物加療として検討されている薬剤は大きく、 塩酸パロキセチンなどの選択的セロトニン再吸収阻害薬、 鎮痛剤のトラマドール、 そして前立腺肥大における排尿障害の改善薬であるユリーフ(シロドシン)、 陰茎に直接塗布する局所麻酔薬など、4種類ほどのものに分かれます。
塩酸パロキセチンはうつ病などの疾病に使用される薬剤ですが、 副作用として認識されているものの中に薬剤性のEDが有り、 射精障害における早漏の多数派であるED合併のある早発射精への使用は難しいものが有ります。
また塩酸パロキセチンならびにトラマドールは、 長期連用による依存症などの他の副作用の傾向が強い為に、 良性疾患である射精障害における早漏への使用に関しては、 日本性機能学会でも反対の立場をとっている研究者は少なくないです。
ユリーフはその点、過大な副作用が少なく、 禁忌は本質的にユリーフに対する過敏症が主体で安全域が高い薬剤と言えます。 ただ服用者の17%ほどに薬剤が効いている間だけ、 逆行性ejaculationなどを原因とした一過性の射出精液量の低下を引き起こす可能性があり、 受精率の問題と、ejaculation時のエクスタシーがドライエクスタシー気味になる可能性が有ります。
射精障害における早漏の薬剤療法を果たし得る薬剤はこのように一長一短があるので、 早漏の状況、早漏の主因、EDの合併の有無、既往歴、年齢など、 罹病背景を詳細に検討し、オーダーメイド的に加療アプローチを図る必要性が有ります。
当新宿ライフクリニックにおいては、日本性機能学会の現在の状況を順守し、 ユリーフを主体とした射精障害における早漏の治療を勧めております。 ドライエクスタシーになった場合の好き嫌いが有りますので、 安全域の高さを考えると、まずはトライされて、 ご自身の実用にふさわしいかを検討していただくのが直裁と思われます。


written by 新宿でシアリス購入なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠