EDの原因のストレインゲージによる鑑別法



ストレインゲージによる勃起不全の診断

新宿でバイアグラの専門処方なら新宿ライフクリニックへ。


【ストレインゲージとED/勃起不全の判定】
ストレインゲージStrain gaugeとは、荷重計などにも使用される、物体のひずみ、 すなわち形状の変化を追跡し、継続的に測定できる検査方法です。
この検査は、EDの判別にも使用されます。 ストレインゲージは、器質性EDと機能性ED (心因性ED) を鑑別する検査法の一つです。


【ストレインゲージとは】
ストレインゲージは、伝導性のある抵抗体が絶縁体上に取り付けられており、 この抵抗体が変形する事によって発生する電気抵抗の変化をコンピューターが計測し、 その変形を記録する事によって、形状の変化を測定いたします。
ED/勃起不全の検査にストレインゲージを使用する場合、陰茎の周囲を覆う抵抗体が、 勃起や萎縮などの陰茎の変化を感知し、それを記録する事で、勃起が、生理的に正常なのかどうかを判定します。

この医療用の勃起不全を判別する為のストレインゲージには、抵抗体に水銀を使用したもの、 炭酸を使用したもの、伝導ゴムを使用したものが有りますが、 水銀性は安全性の問題から、本邦の厚生労働省から認可がございません。
本邦で利用できるED診断用のストレインゲージは、炭酸性もしくは伝導ゴム性になります。
このストレインゲージによって、陰茎サイズの変化の有無、程度、回数、 持続時間などの項目を確認する事が出来ます。

ストレインゲージはあくまで陰茎サイズの変化しか追う事が出来ないので、 内分泌の状態や実際の血流、神経機能等のEDの原因の詳細を詰める事は出来ません。
ストレインゲージは上記に有る通り、基本的に機能性ED、器質性EDを判別する検査です。


【ストレインゲージによる実際の測定】
この検査は、基本的に生理的な勃起があるのかどうかを判別します。
生理的な勃起とは、性的な視聴覚情報によって陰茎が腫脹するものと、 睡眠時の生理的現象である 夜間勃起 です。
前者は、AVSSテスト とストレインゲージを組み合わせて測定されます。
後者は、NPTテストというシステムとストレインゲージを組み合わせて測定されます。
前者は、簡易な表現で説明するならば、エッチな音や画像によって勃起するかを、専門的に計測し、 後者は、寝ながらストレインゲージを着けて夜間勃起現象があるかを専門的に計測してます。
結果の判定には様々な方法が有りますが、

基本的には、陰茎周囲が非勃起状態の30㎜以上の増大、もしくは20%以上の増大が有れば、 膣内挿入可能な勃起があると判定されます。


written by 正規品レビトラを新宿で、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠