ストレスとED/勃起不全の密接な関係



現代人におけるストレスとED/勃起不全

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【ストレスとEDの関連】
ストレスstressとEDの発症には、明確な関連がございます。
この場合のストレスとは、精神的なストレスを指します。
ストレスとは、ストレッサ―によって発生する生体内の歪みと定義されています。
仕事のストレスなどが該当し、その蓄積は、EDの発症させます。

ストレスによるEDは、心因性ED と考えられます。


【ストレスによるEDの診断】
ストレスによるED/勃起不全は、全年代で認める事ができますが、特に若い年代を中心に増加しております。
その診断は、肉体的異常が主因では無いという事の確認が大事になりますが、 治療や再発予防を考えた場合、心因の明確な同定が重要になってきます。
生活や仕事上のストレスに関しての問診も非常に大切です。


【ストレスによるEDの臨床的特徴】
臨床的特徴としては、夜間・早朝勃起が正常である事、 またほとんどのケースにおいてオナニー等では問題ないが、 実際のセックスでのみ発症するなどの発症状況が限定される事、 また、ゆっくりと症状が進行したのではなく、 ストレスなどの心因の発生に応じて突発的に発症した場合などが該当します。
しかし、ストレスにより不眠が存在したり、肉体的な疲労が合併した場合などは、これに従うものではありません。


【ストレスによるEDの治療】
ストレスによるED/勃起不全においても、バイアグラ等の勃起薬による薬物治療の反応は、多くは比較的良好です。
また、セックス自体が実地でのリハビリテーションとなり、 蓄積したセックスの成功体験自体が、本疾患の根本的治療に働くともされています。
勃起改善薬を使用したセックスであっても同様です。

しかし、原因となるストレス自体は、再発予防上、解消しておくべきであり、 これがなされない状況では、EDが容易に再発してしまう可能性があります。
原因がストレスならば、そのマネジメントとして、薬物加療に加えカウンセラーの介入なども望ましいと思われます。 往々にして仕事からのストレスがED/勃起不全の発症に関連している場合は、往々にして、 なかなかストレスが消化されにくいという側面が有り、再発を来たしやすい傾向がございます。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠