不妊症治療におけるプレッシャーによって男性の勃起不全が発症する事が有ります。



タイミング法とEDの発症

新宿でシルデナフィルなら新宿ライフクリニック!


【タイミング法とEDの発症】
不妊治療のベーシックな対処方法であるタイミング法が原因となって、 男性にEDが発症してしまう事があると報告されています。 こうした報告の中には、タイミング法をしている夫婦の実に35%にEDが発症すると、 発表しているものも有り、本メソッドとED発症との濃厚な因果関係が示唆されています。
不妊症は妊娠を希望するカップルの10%にも及ぶとされています。 不妊症の定義としては「避妊をしていないのに12カ月以上に渡って妊娠に至れない状態」 とWHOによって規定されています。
不妊症は重大な現代病であり、 とくに国際的に性交頻度が低いと推測されている日本人にとっては、 他の国に比べてその問題性は相対的により大きいと言えます。
また日本は世界でも類を見ないレベルの超高齢化社会を迎えつつ有り、 それに派生して、労働人口の縮小など国勢に関わる多くの問題が危惧されております。 不妊症の存在はこうした社会問題にも深い関連が有り、 例えば不妊症が完全に解決されるならば、出生数はそのまま10%近く上昇する可能性が有り、 高齢化社会を改善する一助と成り得ます。 タイミング法はこうした不妊症の治療方法として本邦でもっともベーシックなメソッドで有り、 最も妊娠の成果を上げている方法になります。
タイミング法に関しては詳しくは後述致しますが、 女性の受精しやすい時にセックスをするという、 言わば時間を調整する事で問題解決を図る方法論になります。
タイミング法は基本的には手術的方法や薬物の投与を必要としないので、 ナチュラルな妊娠を介助する良法と言えます。
しかし、皮肉な事にこのタイミング法が、今度は男性側の不妊症原因であるEDの発症に、 関連してしまう事があると報告されています。 本項では、このタイミング法の詳しい説明、 またなぜにタイミング法によってEDが惹起され得るのか、 その原因に関する考察、またこうした不妊治療時に発生するEDへの対策などに関して記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【タイミング法とは?】
タイミング法とはどのような治療方法なのでしょうか? 上にも記載しましたが、この方法は女性の受精しやすい時に、 セックスをするという、いわば時間的な調整をもって事態の改善をはかるメソッドです。
平たく言うと、女性の生理周期の内、排卵の時期に膣内射精をするという事です。
女性の排卵の時期は基礎体温を毎日計測する事によって、 おおよその予測を立てる事が可能です。
その他、排卵を知る為の尿検査のキットなども存在しており、 これと基礎体温測定とを併用する事で、さらにタイミング法の精度を上げる事も可能です。
女性の卵巣の中にある卵胞から卵子が出てくることを排卵と呼びますが、 受精において理想的な状況・時期は、 卵子が卵管膨大部に降りてくる時に、既に精子が卵管膨大部で待っている状態が、 最も望ましいと考えられています。
しかし、単回のセックスによってこのような絶好の時期に 膣内射精を合わせる事は非常に難しいと言えます。
ゆえに、実際の方法においては、上記の基礎体温や尿検査によって、 だいたいの当たりをつけた排卵日と予想される日の前後合わせて3日間セックスを、 行うよう指導される事が多いです。
上記にタイミング法は基本的には薬物の投与を必要としないと述べましたが、 時にこのタイミング法に、さらに排卵誘発剤を併用する事も有ります。
タイミング法は不妊治療の基本中の基本であり、 またキチンとやればその成果が多いに期待出来るメソッドですが、 男性にとっては、このタイミングをきちんと決めて、 セックスをすると言う状況自体が時に大きなプレッシャーになってしまう事が有ります。


【なぜにタイミング法によって男性のEDが発症するのか?】
なぜにタイミング法によって男性のEDが発症するのでしょうか? 男性のEDは大きく分けて二つの原因体系が有ります。 一つは器質的原因であり、神経・血管など勃起を支えるシステムの障害が、 原因となってEDを発症するものです。
そしてもう一つの原因体系に心因的原因が存在します。 これはストレスやプレッシャーのような精神的因子が原因となってEDを発症するものになります。
タイミング法という方法は基本的には手術や投薬を併用するものではなく、 時間を調整する事によって事態の改善を図る方法なので、 男性に器質的障害を引き起こす要素がまったく有りません。 すなわちタイミング法に伴って男性に発生するEDの主たる原因は、 とりもなおさず、心因すなわちストレスやプレッシャーが原因となっている可能性が高いと思われます。
男性のセックスへの欲求は多分に衝動的であり、また女性に比べるとその動物的感は否めません。 すなわちタイミング法のように、絶好のタイミングを調整して、 理性的に行われるセックスとは、男性の嗜好との間で、 同調しきれないものがある可能性が有ります。
あるいは妊娠・挙児への希望・期待が大きすぎて、それが原因となって緊張してしまい、 それがEDの心因となっている可能性も有ります。


【不妊治療時に発生するEDへの対策】
不妊症治療時に発生する男性のEDは上述した通り、 心因性EDである可能性が高いと思われます。
これを予防するにはどうしたら良いのでしょうか? こうした事態の解決には夫婦間の関係性が非常に大切と言われています。 つまり、お互いへの愛情や信頼が、男性の緊張感やプレッシャーを改善させる可能性が高いという事です。
殆どの男性、あるいはすべての男性は、女性が思っている以上にナイーブな精神を持っています。 普段から夫婦間で対話を重ねて、 良いリレーションをくみ上げておく事はこうした 「いざ!」というタイミングにも非常に良い影響を与えると思われます。
またEDを発症したとしても、「男性だけの問題」と割り切らず。 「夫婦にとっての問題」として一緒に向き合う事も大切です。
一方、こうした不妊治療時に発生する心因性EDの薬物的解決法として、 バイアグラレビトラシアリスなどのPDE5阻害薬が存在します。 これらED改善薬はこうした心因性と思われるEDにも高い効果を発揮する上に、 男性が使用する限りにおいて、とくに胎児への悪影響も確認されていません。
男性の不妊症治療時に発生する心因性EDに関しては、 治療経験の豊富な新宿ライフクリニックに、ぜひご気軽にご相談くださいませ。


written by 新宿でタダラフィルを、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠