男性ホルモンが出なくなるとうつ病になる?



男性ホルモン投与によるうつ病の改善

新宿でバイアグラ効果を実感したいなら、新宿ライフクリニック。


【うつ病と男性更年期】
男性ホルモンの投与によって、うつ病が抜本的に改善したという報告があります。
うつ病は抑うつ気分を中心とした気分障害を示す疾患の事です。 厚生労働省の統計によると、本邦には100万人ほどのうつ病患者がおり、 本疾患が発症すると疾患の影響が仕事・人間関係などに悪影響を与える事が多く、 引いては社会生活への適応不全を示すケースもあります。
うつ病は特効薬的で短期に事態を解決する治療方法はいまだ模索中であり、 基本的には長期に渡る治療、また本人、家族のうつ病に対する根気が必要とされる事が多い疾患です。 多くの方はうつ病のコントロール目的に複数の精神治療薬剤を長期間使用しています。
そんな中で、男性更年期障害=加齢性性腺機能低下症候群の治療としての男性ホルモン投与が、 抑うつ気分を抜本的に改善したという報告が出てきています。 本疾患は加齢に伴い男性ホルモンの分泌量が体の要求量を下回るようになる事で、 結果として様々な症状を発現する総合的病態です。
男性ホルモンは一般的に20代から生理的に低下していくとされています。 つまり症状の大小、タイミングの早遅はあれども男性更年期障害とは宿命的な疾患とも言えます。
そんな本疾患にはED/勃起不全を始め様々な症状が出現しますが、 精神症状としては抑うつ気分が出現する事も多く、 抑うつ気分は本疾患においては主症状の一つとも言えます。
また、本疾患における抑うつ気分は男性ホルモンを投与する事によって明らかな改善を示す事も多く、 いまだホルモン感受性腫瘍との関連性が検討されている男性ホルモン投与において、 その治療の大きなメリットの一つとして、こうした気分障害の改善は認識されています。
本疾患判定の為の男性ホルモン分泌レベルの計測は、 採血検査によって施行されますが、 これは非常に一般性のある検査かと言うと、少なくとも常用検査的ではないと言えます。 そうした判定検査の頻度的ポジションの関係も有り、 中高年男性には潜在的に本疾患が発現していれども、 そのように本人・医療施設に認識されていない方が存在しえます。 また、あるいはこうした内分泌障害に起因した抑うつ気分として認識されないままに、 メンタルヘルス科や心療内科にて精神治療薬剤を投薬されている患者さんも存在すると思われます。
本項でご紹介させて頂く発表では、 男性更年期障害がベースに有る抑うつ気分と認識されないままに、 精神治療薬剤を複数種処方されるも、 症状の改善が顕著に見られず。 最終的に男性ホルモン投与で抜本的な気分障害の改善を見たという症例を報告しております。 本項ではこれに加えてうつ病の説明、また男性更年期障害とうつ病の今後に関して記載しております。


【うつ病とは】
うつ病とは気分障害を主症状とした状態で 正確な分類上はうつ病性障害における大うつ病性障害、気分変調性障害、 特定不能のうつ病性障害の分類のうち、大うつ病性障害に相当するものです。
大うつ病性障害とは定義上 「抑うつ気分、興味・関心の低下、またその他の多彩な心身の症状が1日中、 ほぼ毎日、少なくとも2週間以上持続する精神疾患」とされています。 もちろん、人間だれしも落ち込む事は有ります。 そうした一般的な気分の変調と大うつ病性障害との判別上の1ポイントとしては、 この「一日中、毎日、少なくとも2週間以上」という持続性の存在が重要とされています。
この大うつ病性障害は精神疾患ですが、症候としての抑うつ気分を来たす臨床的状態は、 精神疾患にとどまらず、実は非常にバリアブルです。 例えば脳梗塞の基本病態である脳血管障害、また高齢者における痴呆、 インターフェロンなどの薬剤の副作用などは、その症状として抑うつ気分を示します。 そして今回の主題のひとつである男性更年期障害も抑うつ気分を示す疾患の一つです。
精神疾患としての大うつ病性障害は上述の通り、長い地道な治療が必要ですが、 上記の抑うつ気分を示す精神疾患以外の疾患の中にはその病因を治療もしくは取り除く事で、 抑うつ気分を比較的短期に改善させる事が出来るものも有ります。


【男性ホルモン投与によるうつ病改善の報告】
この報告の男性は42歳と比較的若く、 大うつ病性障害として心療内科で診断され、 その後、合計8種類の投薬を本病態に対して施行されるも、 6年に渡り抜本的な改善を見なかったとの事でした。
本人が情報媒体から男性更年期障害の事を知り、 大学病院の泌尿器科に受診した所、 加齢男性症状調査表:AMSスコアにていずれのドメインも重症の結果が出て、 また男性ホルモンの計測上 境界閾すなわち相対的低下と判断されました。 すわなち男性更年期障害であるが判明したのです。
その後、同泌尿器科において男性ホルモン投与が本疾患に対して開始されました。 男性ホルモン投与を開始して4週が経過した結果、 上記のAMSスコアの心理的因子は14から7へと大きな改善を示し、 抑うつ気分、睡眠、業務効率の改善、また夫婦間の性交も再開したとの事で、 男性ホルモン投与によって気分障害を中心に抜本的な改善が確認されました。


【男性更年期障害とうつ病治療の今後】
むろん上記のうつ病が男性ホルモン投与によって改善したという報告例はあくまで一つの例であり、 全ての中高年男性の抑うつ気分の原因に男性更年期障害、つまりが介在しているという事では有りません。
しかし、メンタルヘルス領域の疾患によると思われた抑うつ気分状態に、 こうしたホルモン障害などの内分泌性のものが内在する可能性がある事は一つの事実であり、 泌尿器科に男性更年期障害のご相談に来られ、 本疾患の診断に至る患者さんの中には、 既にメンタルヘルスもしくは心療内科にて精神治療薬剤が処方されている方も多数いらっしゃいます。
この事象を俯瞰すると、抑うつ気分の原因の多様性に対応する為には、 関連する医療セクション間の連絡をタイトにする事は抑うつ気分に苦しむ患者さんにとっても、 望ましい環境設定である可能性が示唆されます。
つまり抑うつ気分を主訴に来院された患者さんをメンタルヘルス科、 もしくは心療内科だけで完結せずに、 メンタルヘルス科、もしくは心療内科をコントローラーとして、 泌尿器科、神経内科、内科等のセクションが密に連携し、 抑うつ気分と言う症候をホルモン障害などを含めて総合的に解析する。 こうした連携のシステムがあっても良いと思われます。
実際に首都圏の先進的病院では、症候や臓器をターゲットにして、 診察・治療のシステムをまとめている所も増えており、 例えば心臓病センターは心臓に関連する循環器内科、心臓血管外科などで構成されており、 同パッケージ内に有るので各科間の連絡・連携が非常に良く、とても機能的な編成と言えます。
うつ病、更年期障害などに限定されず、 現代医療は新たな統合再編の時期に来ていると思われます。


written by レビトラ効果を新宿で、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠