男性学とEDと社会学



男性学総論


【男性学とは】
男性学andrologyとは、女性における婦人科学に相当する、男性専門の医学カテゴリーです。
婦人科学はメジャーで、一般に認知されておりますが、 男性学といっても、何のことかピンとこない方も多いと思います。
海外においても比較的新しい分野ですが、米国アンドロロジー学会は1975年(昭和40年)に、 日本においては、日本アンドロロジー研究会が、昭和49年に設立され、 これをベースに、日本アンドロロジー学会なるものが、昭和57年に設立されております。
ちなみにですが、日本産婦人科学会は、昭和24年に設立されていますので、 20年以上遅れているのかもしれません。
男性学は、本邦では、泌尿器科に属するサブスぺシャリティーととらえられがちですが、 海外では、一つの診療部門として独立している場合もございます。


男性学の範囲は、当院で診療にあったているED勃起不全や性の分化、成熟、 精巣からのテストステロン産生、 精巣における造精機能、 陰茎の勃起、陰茎による射精、 男性更年期障害など多岐に渡ります。
つまり、主には泌尿生殖器の診療であり、ED/勃起不全は男性学の範囲に内包される疾患です。


男性学は、医学的な意味合い以外で用いられる場合がございます。
これにあたる英単語は、Andrologyではなく、Men's Studiesとされます。
この場合は、男性とは、男性らしさ、性、政治など、様々な分野にまたがった社会的な学問となります。
多くは、男女同権主義者による政治活動に対する反応であり、男性の権利を主張したものでした。

Men's Studiesは、きちんとした学問として成立しており、1970年代より、大学でも学ぶことができたとされます。
この学部は、women's studiesとの相関であったり対比であったり、ジェンダー学の一部として扱われ、 主には、男女同権主義に賛同できるように、男女同権主義活動に従事するための教育がなされます。
男性心理を自制するために、男性の権利や男性らしさとはなにか、男女同権主義の理論、クィア理論、母権社会、父権社会、 より一般的には、社会的、歴史的、文化的な男性らしさの成り立ちを学びます。
Men's Studiesが世間に名が知れ渡ったのは、R.W. Connellの著書”男性らしさとは”で紹介されたのがきっかけと言われております。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠