少年期の性教育による性機能障害予防。



男女分割された性教育によるED・膣内射精障害の予防

バイアグラジェネリック処方を新宿で!新宿ライフクリニック!


【男女分割された性教育によるED・膣内射精障害の予防】
男女分割された性教育によるED・膣内射精障害の予防は比較的最近生まれた教育概念で、 思春期における性教育の専門担当者を男女分割し、男子に対して男子に特化した性教育、 また女子に対して女子に特化した性教育を施す事によって、 臨床専門家の適合性を高め、かつ生殖の年齢に至った際に危惧される、 心因性EDや膣内射精障害などの性機能障害の発生を予防するという、 臨床家主導で提案されている性教育の事になります。
EDや膣内射精障害などの性機能障害は中高年の病気と思われている傾向が有ります。 しかし実際の所、20歳代などの若年者にも心因性EDや膣内射精障害をはじめとした性機能障害は存外に多く、 また現在の社会通念上、こうした性機能障害は中高年の病気と言った間違った固定観念が有る事によって、 若くしてEDや膣内射精障害などの性機能障害を罹病した患者は、 罹病した事実自体によってまた深い精神的ショックを受けるという、 教育的啓蒙の低さに依存した悪いスパイラルが有ります。
男性の性機能は実は非常にナイーブな所があり、 EDや膣内射精障害などの性機能障害においてはその発症原因は非常にバリアブルですが、 その中においてストレスやプレッシャーなどの心因をベースにしたED、 また長年の習慣などが原因となって発症する膣内射精障害は その原因の内訳においても大きなウェイトを占めていると言えます。
こうした心因を原因にしたEDなどの性機能障害は、 セックスに対しての間違った期待や、抱いていたイメージとのギャップなど、 誤ったセックスへの認識が母体に有る事も多く、 また長年の習慣を原因とした膣内射精障害なども、 若年期に特化された性教育を受ける事で、 生殖年代以降に発生するEDや膣内射精障害などの性機能障害の発症を回避する事が出来る可能性が有ります。 こうした疾病予防は専門家を男女分割した性教育に期待される機能の一つです。
特に思春期男性のセックスの知識的源泉がポルノなどの、 ある意味での男性に特化したファンタジーがベースになってしまっているという現状は、 本来のセックスと乖離したセックス概念の習得を進めてしまう原因となっている可能性は否めず、 行政による思春期男子に流入する情報の統制と、 現状にアップデートし、専門家を男女分割してアプローチする正しいセックスに関する予防的性教育は、 臨床家の目から見て、予防医学上、望ましいものと思われます。
本稿では男女分割された性教育によるED・膣内射精障害の予防のプライオリティ、 また男女分割された性教育を担当するに適切な臨床家の再孝、 また男女分割された性教育によるED・膣内射精障害の予防の実際性に関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【思春期性教育専門家の男女分割】
EDや膣内射精障害などの性機能障害予防を目的とした性教育においては、 男女同一の画一化された性教育とは違い、 男女でその内容やアプローチする専門家を分割する事で、 よりお互いの実情に特化したエデュケーションを施す事が一つの目的としています。 もちろんベーシカルにはこれらの教育をシェアする事も問題ないと思われますが、 限られたカリキュラム時間内ですと、散文的な内容になる可能性が危惧されます。
男子と女子は勿論、同じホモサピエンスであり、 その機能は同一種の生物であるという意味合いにおいて同一なものと考えられます。
しかし性に特化して男子と女子を俯瞰した場合においてはどうでしょうか?
その性教育上、それぞれが必要な情報は一部は共有する事が出来ますが、 その他においては実感をもって共有する事が出来ないものも多々あると思われ、 男女兼用の画一的かつ包括的な性教育は、ともすれば実効性の低い、 散文的な内容にしてしまう状況は否めないとも思われます。
なぜならば性概念の首座たる生殖器は男子・女子でもちろん大きく違うものであり、 そこから派生する、セックスにまつわる問題も 様々な領域で男子と女子で分割されてしまう傾向が有るからなのです。 こうした問題は成人し、生殖年齢に至ってからの方が実際的問題になる事が多い傾向が有ります。
たとえば、性病の予防一つとっても、男子と女子で、 その予防策などの注意すべきポイントはずれてくる可能性が示唆されます。
つまり性機能障害予防を目的とした性教育は男女を分割する事で、 よりそれぞれの性に特化、ならびにフォーカスした教育を集中的に施行する事が出来る可能性、 そしてよりそれぞれに特化した専門家のアテンドが出来る可能性が有り、 それが実際的な生殖年齢における心因性EDや膣内射精障害への予防策に繋がり得ると言うことです。


【思春期性教育の男女分割】
上記に性機能障害予防を目的とした性教育における、 男子・女子の分割に関して記載しておりますが、 この分割にはもう一つの意味が潜在しており、 その意味とは、実は医学もしくは臨床において、女性生殖器ならびに女性臓器の専門家、 また男性生殖器の専門家は分割されていると言うことです。
女性生殖器ならびに女性臓器の専門家は臨床においては間違いなく産婦人科の医師であり、 また一方男性生殖器の専門家は臨床においては泌尿器科の医師がそれに相当すると思われます。
これまでの性教育はおおよそのケースにおいて産婦人科の医師が直接、もしくは間接的に監修して、 男子・女子合わせた包括的なものをプロデュースしていた傾向が大きかったと思われますが、 勿論産婦人科の先生は男性生殖器のプロフェッショナルでは無いので、 比較的女子に力点をおいたレクチュアになりがちな傾向は否めないと思われます。
ゆえに上記したEDや膣内射精障害などの性機能障害予防を目的とした性教育による、 男女分割にあたっては、 その教育を担当もしくは監修する臨床の専門家も、男子に対しては泌尿器科の医師が、 女子に対しては産婦人科の医師がその任に当たるのが望ましいとも思われます。
それによって、生殖年代を見据えた性教育によるED・膣内射精障害の予防は、 現状の臨床をアップデートした、非常に実際的なものに進化していく可能性が期待されます。


【男女分割された性教育の目標】
アプローチする専門家を男女分割した性教育において非常に重要な眼目としては、 来る生殖年代におけるED・膣内射精障害などの性機能障害発症の予防が有ります。
特に中高年におけるED・膣内射精障害の発症と違い、 生殖年代における若い方のED・膣内射精障害の発症は、 出生率の低下や社会の高齢化が問題となっている本邦においては、 相対的にも大きな問題ともいえ、社会として抜本的な予防策が必要な事象であると思われます。
これに本質的に効果的な予防策を求めるのならば、 それは思春期における教育現場への介入が非常に実際的と思われ、 EDや膣内射精障害などの性機能障害予防を目的とした性教育は、 実際の性機能障害治療の現場において、 その必要性が臨床家を起点として認識されてきた、出自の珍しい教育概念と言えます。
ED治療はバイアグラレビトラシアリスシルデナフィルなど副作用が少なく、 効果的かつ良質な治療方法が現在有りますが、 これはあくまで一過性にその現状を改善する治療方法にすぎないとも言え、 思春期における間違ったセックスへの認識の蓄積が扶育した心因性ED、 また長年の習慣が原因となって発症する膣内射精障害などにおいては、 その対策はいかに性教育を現状にアップデートするかが予防上の主題とも思われます。
日本性機能学会などの学究の場にて、 性機能障害予防を目的とした性教育のような新しい教育概念が段々と顕在化しつつあり、 今後の展開が非常に楽しみと思われます。 続報を期待しております。


written by 新宿でレビトラ処方なら!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠