体質性勃起不全総説



体質性勃起不全の分類と原因と治療

新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック


【体質性勃起不全とは】
体質性勃起不全:constitutional erectile dysfunctionとは、機能性EDに含まれる疾患概念で、 端的には、慢性的疲労や慢性重症疾患の影響によって、精神や肉体的活力が低下して発症するEDです。
体質性勃起不全の原因となる慢性重症疾患では、何ならかの薬物を長期服用していることも多く、 その薬剤が原因となっていることも、つまり、 薬剤性ED 引き起こしている事もございます。

機能性EDは、体質性勃起不全の他に、 心因性ED、 精神病性があります。
機能性に対して、 器質性ED、 これらが混在した混合性が有ります。


【過労】
体質性勃起不全の原因として、過労が挙げられます。
この過労には、精神的なもの、肉体的なものが内包されます。

精神的な過労を原因とした場合は、心因性EDと内容がオーバーラップする事が有ります。
慢性疲労症候群は、慢性の激しい疲労感を主訴とする、時にEDを一症状として示す、原因不明の疾患です。
慢性疲労症候群は、現在のところ、体質性勃起不全の分類では、”肉体的な過労”に属すと考えられますが、 これは原因が不明な為であり、今後、病態生理学的な理解が進むことによって、神経系・免疫系・内分泌系等の異常による、 器質性EDの原因として分類される可能性もございます。


【慢性重症疾患】
慢性重症疾患とは、 いわゆる癌や 肝障害慢性腎臓病、 高血圧など、慢性的な治療や対応を必要とする疾患です。
また、これらに対する薬剤の長期連用も体質性勃起不全の発症原因に関わっているとされています。

また、エイズのような慢性重症感染疾患も、こうしたインポテンスを発症する可能性が有ります。
(詳しくはコチラ→エイズとED/勃起不全について


【体質性勃起不全の治療】
原因となっている疾患や因子の解決を行うことが有効な治療となりますが、 原因に指向性が欠けること、また、原因が複数ある場合が多いため、 原因特定が、やや難しい傾向がございます。

治療内容は、心身の疲労が原因となっている場合には、適切な休養が原因治療です。
しかし、心身の疲労が仕事に由来している場合、休養直後は、症状の改善がみられる可能性が高いのですが、 就労を再開し、業務が忙しくなれば、疲労に由来した症状が再発する可能性が高く、 恒久的解決が困難なこともございます。

慢性重症疾患は、長期での疾患との付き合いが必要となります。
原疾患の完治が難しいため、これを原因としてEDを発症した場合も、 抜本的解決が、やはり困難な事がおおくなります。

このような体質性勃起不全の改善には、多くは、原因に対する治療や対処と同時に、 勃起不全治療薬であるバイアグラレビトラシアリスの服用を行います。
その際、慢性重症疾患を原因とする場合は、勃起不全治療薬の処方に当って、 既服用薬との兼ね合いや臓器機能との兼ね合いを詳細に検討する必要が有ります。
当院ホームページに、EDについてのQ&A を用意しております。 ご参照ください。


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠