男性更年期障害の治療と男性ホルモンが関与する腫瘍に関して記載しております。



男性ホルモン補充療法とホルモン依存性腫瘍

新宿でバイアグラ購入のご相談は、新宿ライフクリニックへ。


【男性更年期障害と男性ホルモン補充療法】
男性更年期障害とは男性ホルモンの低下によるEDなどの各種症状を包括的に表現した病名で、 近年これに対する男性ホルモン補充療法が施行されるようになって来ました。 これは足りなくなった男性ホルモンを注射や外用などによって補充する治療方法で、 男性ホルモンに依存して発生するとされる前立腺癌などの合併の可能性は、 本治療方法における最大の懸念と言えます。
男性はすべからく、年齢の経過とともに男性ホルモンの分泌量が段々に低下して行き、 体の必要量を分泌量が下回る状況に置いて、 様々な身体症状を自覚するようになります。 こうした症状にはED:勃起不全の他にも、記憶力の低下、筋力の低下、 やる気の低下など身体機能から精神状態に至る非常に多彩なバリエーションが有ります。
こうした状態を正式には加齢性性腺機能低下症候群と申しますが、 通称である男性更年期障害の方が病状を連想しやすいとも思われます。 ここでは一般性を重んじて男性更年期障害という名称で統一して解説を進めたいと思います。
更年期障害とは本来、女性において、加齢に基づく女性ホルモン分泌量の低下に基づく各種症状の事を申しますが、 表出する症状や発症する年齢のばらつきなどの差異はあれども、 男性にも女性にも性ホルモンの分泌低下が加齢性に訪れ、 それによって非常にバリアブルな症状を示す事は変わり有りません。
これは人間がその発生時に生物として規定されていた寿命をはるか超して、 長寿に至ったこの現生において、表出してきた問題とも言え、 平均余命が今よりも非常に短い中世日本などにおいては、 殆ど表面化しなかった問題である可能性が有ります。
こうした状態における治療方法に関しては、女性が先行し、今もって女性の方が一般性が高いですが、 ホルモン補充療法:HRTと呼ばれる治療方法が代表的です。 この治療方法はシンプルに足りないホルモンを補充する事で、 男女の更年期障害に伴う各種症状を緩和させる事を目的としています。
近年、男性の更年期障害にも男性ホルモン補充療法が施行されるようになって来ましたが、 女性ホルモン補充療法における乳癌などのホルモン依存性腫瘍の発生頻度の上昇という事象が、 男性ホルモン補充療法の更なる一般化にブレーキをかけている傾向は否めません。
本稿では男性ホルモン補充療法と男性ホルモンであるアンドロゲンに依存性を示す、 ホルモン依存性腫瘍に関して私見を交えて記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【ホルモン依存性腫瘍とは】
ホルモン依存性腫瘍とは、一般にホルモンにより発生・増殖などの影響を受ける腫瘍の事を言います。 ホルモンとは生体内の様々な調整を行う内因性物質で、生体の運行上、必要不可欠なものです。
ホルモン依存性腫瘍はその腫瘍の発生過程における、 イニシエーション、プロモーション、プログレッションのいずれも促進するとされています。 これは正常細胞がホルモン依存性腫瘍に変化するまでの殆どの過程に、 ホルモンが関与しうると言う事を示しています。
ホルモン依存性腫瘍の代表的なものとしては、 女性ホルモンであるエストロゲンに依存性の乳癌、 また男性ホルモンであるアンドロゲンに依存性の前立腺癌等が有り、 その他、ホルモン依存性腫瘍として認識されているものとしては各種性腺癌、 また甲状腺癌、副腎皮質癌、子宮内膜癌など有ります。 また、これらに追加して白血病やリンパ腫などの血液の癌もホルモン依存性腫瘍に含まれる場合が有ります。


【男性ホルモン補充療法におけるホルモン依存性腫瘍の予防検討】
上記に、前立腺癌などは男性ホルモンであるアンドロゲンに依存する傾向が有ると述べましたが、 もちろんそうしたホルモン依存性腫瘍の発生には、 男性ホルモンの影響における、量的な影響と期間的な影響とが有ります。
すなわち男性ホルモン補充療法のような外部からのホルモン補充においては、 ホルモン依存性腫瘍が発生しやすい、投与量ならびに投与期間が存在すると推測されます。
実際に女性ホルモンの補充療法においては、 Woman's Health Initiativeの報告の解析などによると、 5年未満の女性ホルモン補充療法では乳がんリスクの上昇は見られないという報告が実際にされています。
すなわち男性ホルモン補充療法の更なる一般化の為には、 ホルモン依存性腫瘍発生の予防を検討する上で、 前立腺癌などの男性ホルモン依存性腫瘍が発生しにくい、 その男性ホルモンの投与量、また投与期間の模索が非常に大切と思われます。
男性ホルモン補充療法の投与期間に関しては、 男性ホルモン補充療法の投与が終了した後でも、 その症状に対する効果が継続する傾向が有るとも報告されており、 これは男性ホルモン補充療法の投与期間をより短縮できる可能性が示唆され、 治療方法のマネジメント上、非常に有意義な報告と言えます。
また男性ホルモン補充の期間的な影響を短縮できると言うことは、 女性ホルモン補充療法の前例を鑑みれば、 男性ホルモン依存性腫瘍の発生頻度を下げる事が出来る可能性が有り、 合併症予防の観点からも非常に有意義と言えます。


【今後の男性ホルモン補充療法】
男性更年期障害はEDなどの性機能障害に留まらず、 うつ病の発生頻度の上昇、筋力の低下、やる気の低下など、 生理機能低下による二次的なものだけで無く、 直接的にQOLを下げる可能性が有る疾患と言えます。
QOLを尊重する近代医療において、男性更年期障害は解決が望まれる臨床テーマであり、 その解決において、現状必要不可欠なファクターが男性ホルモン補充療法である事は間違いありません。
そうした意味合いにおいて、ホルモン依存性腫瘍の合併予防に関する検討は、 本治療方法の最大のポイントとも思われ、 逆説的に男性ホルモン補充療法におけるホルモン依存性腫瘍のリスクを調整する事が出来るようになるならば、 男性ホルモン補充療法は加齢された男性全員が求め得る治療法となる可能性が有ります。
周知のとおり日本人の平均寿命は過去に比較して飛躍的に延伸して来ました。 長い寿命においては加齢に伴い発生するこれらの症状への対策は、 超高齢化社会を迎える本邦においては、前提とも言える医療介入と思われます。
今後の男性ホルモン補充療法とホルモン依存性腫瘍予防的対策の報告が大きく期待されます。


written by 新宿でシアリス購入のご相談は新宿ライフクリニックで.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠