ホルモン障害による勃起不全の発生が有ります。



HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群によるED、男性不妊症

バイアグラジェネリックの正規品を新宿で!新宿ライフクリニック!


【HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群とED、男性不妊症】
HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群は視床下部-下垂体系の障害による、 血中ゴナドトロピンの低下によってED/勃起不全や男性不妊症を発症させる事が有ります。
日本は国家として超高齢化社会を迎えつつあり、この傾向の遷延によって、 いずれは労働力を中心とした社会全体の活力の低下を引き起こし、 リカバリーの難しい停滞状態に日本社会全体が陥る可能性が有ります。
しかし、この予測される社会的状態に対して、 これを抑制する有効かつ具体的な施策は未だ明確になりきれておらず、 今後の日本社会の衰退がおおいに危惧されます。
高齢化社会は、医療技術の発達や社会福祉の安定化などによる高齢者寿命の伸長、 ならびに労働時間の延長、晩婚化、女性の社会進出の向上、 離婚率の上昇、結婚率の低下など様々な要因によって発生する出生率の低下などが、 主な原因となって進行する言わば社会現象であり、 高度に文明化され発達した先進国に多くみられる、一つ典型的な状態です。
高齢者寿命の伸長は、むしろ喜ばしい事ですが、出生率の低下は社会的に歓迎出来ない事態であり、 出生率の上昇による高齢化社会の緩和は、いまや官民一体となって進めるべき、 日本という国の行く末を左右する大きな目標と言えます。
労働時間の延長や婦人の社会進出に伴う妊娠・出産・育児の難しさに関しては、 政府主導のマネジメントが必須と思われますが、その一方で出生率の低下に関与する医学的な問題が有り、 こちらに関しては政府協力のもと医学会や医師会によるマネジメントが求められるところです。
出生率の低下をきたす医学的な問題として、代表的にはEDや不妊症が有ります。 これらは医学的介入によって改善の可能性のあるテーマであり、 高齢化社会進行の予防上も大きくディスカッションすべき事案です。
男性のED、ならびに男性不妊症は時にホルモン障害などを原因として中枢性に発症することが有り、 性腺刺激ホルモン:ゴナドトロピンの低下による続発性性腺機能低下症である HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群はED、男性不妊症どちらの原因にもなり得る疾患です。
男性不妊症の原因となるHMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群は公費負担、 すなわち国の助成による医療が認められるようになり、 これも出生率の低下を憂う国策からの支援と思われ、 医学界としてもこのエールに答えるべくHMMに対する診療が本格化して来ています。
本項ではHMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による男性不妊症の治療報告のご紹介を中心に、 HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による男性不妊症の解説ならびに、 その治療方法に関して解説しております。どうぞご参照下さいませ。


【HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群とは?】
男性不妊症やEDの原因となるHMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群とは、 男性の性腺機能低下症候群に所属する疾患であり、続発性性腺機能低下症候群という分類です。
HMMは視床下部―下垂体系の障害による血中のゴナドトロピンの分泌低下から、 二次的な精巣機能の低下によるEDや男性不妊症を引き起こす疾患です。 二次的な事態がゆえに「続発性」という前置が付きます。
もう一方の分類である原発性性腺機能低下症は精巣自体の問題によって、 EDや男性不妊症を引き起こす疾患であり、 それには染色体異常症やクラインフェルター症候群などの先天的な問題と、 睾丸炎、放射線外照射などによる後天的な問題とが有ります。
HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による男性不妊症やEDの治療は、 基本的にはホルモンの補充療法が主体です。その本態はゴナドトロピンの投与であり、 この投与により精子形成の開始やその維持が誘導され、 HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群からの無精子状態による男性不妊症やEDを改善します。 また直接的な精子形成作用を期待してhr-FSH製剤を併用投与する場合もあります。
HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群における補充療法の注意点としては、 精索静脈瘤の発症や下垂体・視床下部の腫瘍の増大、女性化乳房などが有ります。


【HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による男性不妊症の治療報告】
HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による男性不妊症19例の公費負担による、 治療経過の報告が有りますのでご紹介します。
19例のHMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群の内、17例にhCG、hr-FSHの補充を、 2例にhCG補充を行った所、精液の出現もしくは増加が補充症例の内14例に、 また精子の出現が10例に確認され、そのうち3例は自然妊娠に成功したとの事でした。
これは男性不妊症の改善においては高い成功率を言え、 公費でこうした治療を施行出来る状況は、少子高齢化の抑制上は非常に望ましいと思われます。


【男性不妊症やED治療の今後】
HMM:低ゴナドドトロピン性性腺機能低下症候群による無精子症、男性不妊症治療の公費負担の認可は、 少子高齢化社会の抑制上、非常に望ましい国策上の英断と言え、 またこれは医学界と政府を両輪とした、高齢化社会進行の予防における、非常に望ましい協力体制です。
これを良例として、男性・女性問わず不妊症の明確な原因になり、 また投薬など治療をもって、これを解決出来る医療テーマに関しては、 継続的な公費適応の検討を進め、官民一体となった少子高齢化対策を推し進めるべきと思われます。
いずれはこうしたEDや男性不妊症の改善などの一つ一つの小さなアクションが積み重なり、 少子高齢化社会進行を抑制し、活力無き未来の日本という悪いシナリオを描き変えてくれる事を、 大いに期待します。
またED治療に関してはPDE5阻害薬として バイアグラレビトラシアリスシルデナフィルなどの副作用が低く、効果の高い良薬が存在するので、 男性不妊症の原因にEDが主体として関わる場合の有効な治療として、 より一般の方々にバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルの効能を啓蒙するべきとも思われます。


written by 正規品のシアリス処方を新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠