男性ホルモンの低下は血管内皮機能の低下からメタボリックシンドロームの発生に関与します。



テストステロンの低下とメタボリック症候群

ジェネリック バイアグラを新宿で!新宿ライフクリニック!


【テストステロンの低下とメタボリック症候群】
テストステロンは男性ホルモンの1種にして、代表的な内因性物質です。 このテストステロンの低下はED/勃起不全などの男性性機能障害を引き起こすばかりか、 メタボリック症候群の原因となり、男性の死亡リスクを上げる事が報告されています。
男性ホルモンというキーワードは非常に一般的ですが、 その詳細は一般的にはあまり啓蒙されていません。
近年、性機能に関しての研究は非常に早いペースで展開・進行しており、 それにつれて、男性ホルモンが男性の生体に果たしている役割は、 それ以前に認識されていたものよりも、非常にバリアブルである事が判明してきました。
それは男性の二次性徴や生殖器の発現のみならず、 勃起などの成長後に必要な性機能、また骨格筋の維持、 果ては記憶や演算などの認知機能にも関連があると報告されています。
そして近年の研究で明らかになった事として、 男性ホルモンであるテストステロンの分泌量の低下が、 メタボリック症候群の発症に強く影響し、 動脈硬化性疾患の発症に関連し、 男性の死亡リスクを上げる事が分かってきたのです。
動脈硬化性疾患は主に生活習慣病を母体に発症する、 動脈血流の悪化を主徴とした疾患です。 有名な脳梗塞や心筋梗塞もこの疾患に所属します。
メタボリック症候群に関しては後述しますが、メタボリック症候群も動脈硬化性疾患の母体となり、 脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし得ます。
つまり男性ホルモンであるテストステロンの低下が最終的には、 脳梗塞や心筋梗塞の発症原因になり得るという事です。
脳梗塞も心筋梗塞も重大な後遺症を残したり、悪くすれば死亡してしまう事もある非常に恐ろしい疾患です。
そして逆に言えば、適切なテストステロンの補充がメタボリック症候群の発生を予防し、 引いては脳梗塞や心筋梗塞発症の一つの原因を回避する可能性が期待されます。
本項ではメタボリック症候群に関して、またテストステロンの低下による生理的影響に関して、 そしてメタボリック症候群の今後の管理に関して記載しております。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【メタボリック症候群とは?】
メタボリック症候群とは比較的近年、誕生した疾患概念で、 糖尿病・高血圧・脂質異常症といわゆる三大生活習慣病という疾患概念が成立した以降に生まれたものです。
三大生活習慣病はそれぞれが重複する事によって、 それら単独で罹患している時よりも動脈硬化性疾患の発症が高率である事が注目を浴びて、 そうした生活習慣病の重複状態と内臓脂肪の過度な蓄積に大きな関連がある事が後の研究で判明しました。
そうした研究の蓄積が具体化して、腹部内臓脂肪の蓄積を母体とした、 重複した生活習慣病因子の保持者をメタボリック症候群と診断するガイドラインが設定され、 「メタボ」もしくは「メタボリック」という名称は一気に一般化しました。
2008年からはメタボリック症候群を重視する厚生労働省の方針が反映された特定健診がスタートし、 メタボリック症候群患者のピックアップ、 またメタボリック症候群患者に対する生活習慣指導もしくは治療という臨床的な流れが設定されました。


【テストステロンの低下による生理的影響】
メタボリック症候群の発症にも関連するテストステロンの分泌低下は、 男性において経年的に発生する非常に一般的な生理的変化とも言えます。
テストステロンは20代から段々に低下が始まり、 肉体からのテストステロン必要量とテストステロンの睾丸からの分泌量のバランスが崩れるのが、 中年期から初老期にかけてと報告されています。
もちろん、その分泌量低下には老化が早い人・遅い人がいるように個人差が大きく、 いうなれば若くしてテストステロンの分泌量が必要量を下回ってしまう方もいます。
テストステロンの主要な役割は、もちろん男性「性」の決定、男性器、男性臓器の発生・発育、 そして第二次性徴の発生など、胎児期から思春期にかけてが主体になりますが、 成長期以降は、勃起・性欲の発生など性の機能面に大きな影響を持ちます。 つまりテストステロンの低下は男性の性機能の直接的な低下に繋がります。
その他、我々の体を覆う骨格筋はテストステロンの低下によって減少してしまうので、 男らしい体つきもまたテストステロンによって維持されている側面が有ります。 ちなみにこうした筋肉量の低下はインスリン抵抗性を上昇させて、 メタボリック症候群以外の生活習慣病の一つ、糖尿病の発症に関連します。
また、実はテストステロンなどの男性ホルモンは我々の認知機能、 つまり記憶したり、思い出したり、といった脳の機能にも影響が色濃く、 テストステロンの分泌量の低下は、認知症様の脳の機能低下を引き起こす可能性が指摘されています。
そして、今回、ご紹介させていただく報告に因れば、 テストステロンの分泌量の低下は血管内皮機能の低下を引き起こして、 メタボリック症候群の発症原因になると有ります。
つまりテストステロンの低下はEDを引き起こし、筋肉が減って、記憶力が下がり、 その上、動脈硬化が進行する可能性が有ると言う事です。


【今後のメタボリック症候群管理】
メタボリック症候群は、生活習慣病なので、その治療はもちろん、生活習慣の是正が主体です。 つまり食事内容の適正化、また適切な運動習慣の導入、 禁煙などの不適切な習慣の削減・廃止がその主な内容になります。
そして、こうした生活習慣の改善で補いきれないものに対して二次的な介入をするのですが、 その代表は今まで薬物治療でした。
しかしメタボリック症候群を引き起こす因子は、 その研究が進行するにつれて非常にバリアブルである事が段々と判明し、 今回ご紹介させていただく、 男性ホルモン:テストステロンなどの内因性物質の関連も有る事が分かってきました。
現段階ではメタボリック症候群の二次的介入は薬物療法が主体ですが、 明確に男性ホルモン:テストステロンの分泌量低下が主体であると判断できる状況においては、 テストステロン補充療法なども、その疾患コントロールの選択肢に入ってくる可能性が示唆されます。
特に、現状EDの治療はバイアグラレビトラシアリスシルデナフィルなどのPDE5阻害薬の投与が、 主体になりますが、テストステロンの低下によるメタボリック症候群の発症が有り、 その上でEDの発症が見られる人には、テストステロン補充療法の方が、 PDE5阻害薬よりも治療有益性が高い可能性が検討されます。
今後のテストステロンの分泌低下とメタボリック症候群の発症に関しての続報が期待されます。


written by レビトラ処方を新宿で、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠