超音波でインポテンスが治る可能性



超音波によるED治療の可能性

新宿でバイアグラ治療のご相談は新宿ライフクリニック。


【超音波治療とEDの改善】
超音波による血管内皮のへの刺激によって、 血管修副作用のある物質の賦活がされる事が確認され、 超音波によるED:勃起不全の治療の可能性が示唆されました。
EDは様々な原因で発生するセックスの障害因子です。 ストレスやプレッシャーなどの精神的な要因から始まり、 交通事故やスポーツ事故などの外傷の影響や、 うつ病などの精神疾患、 また高血圧や糖尿病などの生活習慣病によるもの等、 その原因は非常に広範と言えます。
このED発症原因の中で初期の動脈硬化性変化とも言える血管内皮機能障害は、 上記の生活習慣病によって惹起され、勃起というシステムの開始時に、 重要な勃起関連血管の拡張作用を阻害する事で勃起を阻害しEDを発症させ得る、 多数派の原因因子となります。
実は血管内皮の細胞は、もともと血管内皮機能障害を修復する事が出来る物質を産生するとされており、 この物質をヘムオキシゲナーゼ1と言います。 この物質は、上記の役割の他に、血流の調整、細胞の自己死:アポトーシスの抑制、 抗炎症、抗酸化作用を示す他、機能障害化した血管内皮を修復する作用が有ると報告されています。
このヘムオキシゲナーゼ1が超音波による刺激によって、その発現を賦活させる事が出来ると報告されており、 超音波の局所的刺激によるED治療の可能性が現在検討されています。
本稿ではこの報告を中心に、超音波に関して、また超音波によるED治療の可能性、 そしてEDの非薬物治療の今後に関して記載をしております。 どうぞご参照くださいませ。


【超音波とは】
ED治療の役割を果たす可能性が検討されている「超音波」とは日頃、 生活する中で良く耳にする言葉と思われますが、その超音波とはいったい何なのでしょうか?
超音波は端的に申し上げると人間に聞き取る事の出来ない周波数の音の事になります。 超音波は人間の可聴範囲を超えた音の事であり、 蝙蝠やイルカなどの生物はこの超音波を自在に操る事で、自然界において優位に行動できると報告されております。 定義的には超音波は、 1秒間に2万回以上の振動を繰り替えす音波とされており、 医療の世界においては非侵襲性検査の代表格として心臓や腹部、 また頸動脈などの超音波検査がすでに一般的であり、 すでに広範に活用されています。
しかし今回ご報告させて頂く研究によると、超音波には検査だけでなく、血管内皮に働きかけて、 EDを改善させる可能性が見出されており、 これは疼痛や出血、また薬剤副作用などの無い非侵襲的ED治療として、 また適応対象を選ばないED治療として、非常に期待されるものです。


【超音波治療による血管修復因子の賦活の報告】
この報告は人の血管内皮細胞に対して、 1MHzの超音波を浴びせる事で血管内皮細胞から、 上述した血管修復因子でありヘムオキシゲナーゼ1の発現に関連した遺伝子の増強、 また同タンパク自体の発現の増強を確認したものです。
この報告によると超音波を浴びせた細胞は超音波を浴びせていない細胞に比較して、 20倍ものヘムオキシゲナーゼ1関連遺伝子の増強が確認され、 また同タンパク自体の増強は超音波照射の8時間後から12時間後まで確認されたとの事でした。
血管修復因子であるヘムオキシゲナーゼ1発現による血管内皮機能障害の改善、 引いてはED:勃起不全の改善、に関しては後報が待たれる所ですが、 血管修復物質の明らかな賦活を見るに多いに期待される所です。
具体的には、本メソッドの施行に伴うED関連指標IIEF5などのデータ改善の報告が待たれます。


【薬物療法では無い、第二のED治療達】
現行のED治療はバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬が主体で、 これら以外の治療としては、陰茎海綿体注射や陰茎プロステーシスの手術的挿入などが有り、 いずれにしても薬物副作用の発現や観血的処置に伴う出血などの侵襲性はゼロとは言えません。
また、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED改善薬は副作用発現頻度は少ない薬剤では有りますが、 心血管疾患や不整脈など罹患されている疾患によっては使用し難い傾向が有り、 これらの薬剤による治療を希望されていても処方が出来ない場合が有ります。
その点、上記させて頂いた超音波治療によるEDの改善は、これが実用レベルに至るようなら、 これは侵襲性が非常に少なく、かつ非常に簡便なED治療となる可能性が有り、 また超音波はその侵襲性が低いが故に、 PDE5阻害薬のように罹患疾患によってその適応が限定される事が非常に少なく、 全人的に適応できる治療方法となる可能性が有ります。
こうした超音波治療によるEDの改善に類似した、 EDの治療方法としては、体外衝撃波療法(LI-ESWT)による治療方法が有ります。 こちらは血管内皮機能を改善させる超音波治療とは違い、微弱な衝撃派を血管に与える事で、 血流が障害されている領域に置いて新生血管の発生・形成を促すEDの治療方法になります ⇒詳しくはコチラ:低強度体外衝撃波療法。 本治療方法も超音波治療によるEDの改善同様に、 患者さんの罹患疾患によってその適応を限定される傾向は少なく、 治療に伴う侵襲性もまた軽度とされています。
しかし低強度体大衝撃波療法はいわば血管を新たに作る事を体に働きかける治療方法であり、 そのEDの改善にはある程度の時間がかかる事など、若干直截さに欠ける傾向は否めません。
その点、上記の超音波治療によるED改善の可能性に関しては、 超音波照射から血管修復物質の産生までの時間的較差が比較的少なく、 血管修復物質の分泌が早々に確認されていますので、 低強度体外衝撃波療法に比較して、より短い時間でのED改善を示す可能性が期待されます。
こうした超音波や低強度体外衝撃波によるEDの治療は、 薬物でもない、手術でもない、新しいED治療、いわば第二のED治療として大いに期待されるもの達です。 これらは今後の報告が非常に楽しみな領域と言えます。


written by 新宿でシアリス効果のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠