超音波検査で術後のED/勃起不全を予防できるのか?



超音波検査を利用したインポテンスの予防

バイアグラ効能のご相談は新宿ライフクリニック。


【超音波検査と術後のインポテンス】
前立腺癌の手術治療において超音波検査を手術中に応用する事で、 勃起に関連する神経の温存が正確に処置でき、 結果として前立腺全摘除術の際に、 高い確率で発生するインポテンスの発生頻度を低下させる事に成功したとの報告が有ります。
超音波検査とは昨今の臨床においてだいぶ一般化した臨床検査ですが、 本診療技術は医療においては、人体の断層面を確認する検査方法の一つです。 機械から超音波を発信し、また跳ね返って帰って来る超音波を受信する事で、 物質間のこの「超音波を跳ね返す」特性の違いを利用して画面上にその断層像を表出する事が出来ます。 この断層像を医師が解析する事で人体の内部構造をモディファイトして把握する事が可能です。 物質管の「超音波を跳ね返す」特性の違いとしては、 例えば骨、空気、水分などは超音波を跳ね返す特性が極端に違う典型例と言えます。
この超音波検査が他の断層像を示す臨床技術に優れる点としては、超音波は放射線などと違い、 非常に人体への侵襲性が少ない事が有ります。 また放射線や磁力線を利用したCTやMRIと違い、 超音波検査はその機器が非常にコンパクトである事、 また現在進行形の断層像を持続的に確認できるという即自的かつリアルタイムの精査が出来る所に有ります。
ゆえに本診療技術は術中超音波検査と言って、 癌と非癌部を手術中に確認したりと外科処置の領域にも使用される事が多い検査手技です。
一方で超音波検査は再現性の悪さや、 CT・MRIなど大掛かりな診療技術に比較すると解像度の低さなどの短所も有りますが、 その誕生以来更新され続けてきた技術の影響でこうした問題も段々に改善して来ています。
この超音波検査を利用する事で、 前立腺癌の標準術式である所の前立腺全摘除において、 前立腺近傍を走行する勃起に重要な働きを持つ神経へのダメージを最小限にして、 前立腺癌の術後合併症として高頻度なインポテンスの発生を削減できる可能性が有ります。
本稿ではこの報告を中心に今後の前立腺癌治療に関しての考察なども加えております。 どうぞご参照くださいませ。


【神経温存前立腺摘除術と術後インポテンスの予防】
前立腺癌の治療処置として標準的な前立腺全摘除術は、 上述の通り、術後合併症として高頻度にインポテンスを発症させてしまう傾向が有るとされています。 ED/勃起不全の発症は術後の患者さんにとって大きなQOL=「生活の質」の低下につながる事が、 別の研究における調査上明らかになっており、 こうした合併症の回避は前立腺癌の処置上、大きなテーマとなっております。
そこで、術後インポテンスの発生を予防するために、 勃起に関連性の強い前立腺周囲の神経の温存を図る、 神経温存前立腺摘除術が考え出されました。
しかし勃起に重要な神経とは言え、そのサイズはそんなに大きいものではありません。 ただでさえ血液などで視界の取りにくい術野においては、人間の肉眼による操作には限界が有ります。 そこで手術中に超音波を利用して、組織下に走行する神経を確認して、 神経温存をより確実にしようとしたのが、今回ご紹介させて頂くトライアルです。


【報告の内容】
今回ご紹介させて頂く報告ですが、 神経温存術としては片側のみと規定して、 手術中に経直腸から超音波による組織の断層像のモニタリングを施行しています。
具体的にはデノビエ筋膜の剥離にいたるまではモニタリングを併用し、 神経温存手術の施行時には血流速度を検出する超音波ドプラモードにて、 神経血管束内の動脈を確認して、神経の位置を認識した上で手術を進めたとの事です。
その結果として、片側のみの勃起神経の温存で約44%の症例で挿入可能なペニスの硬度が、 手術後に維持された事が解析上判明し、 従来の方法に比較して高い性機能の維持率が確認されたとの事でした。 これは従来のやり方より術後のインポテンス発生が少なかったという事になります。


【今後の前立腺摘除術とインポテンスの発生予防】
現状、前立腺癌は日本人の食生活の欧米化に応じて、 どんどんその発症頻度を増して行き、 もともとは欧米人に多い悪性新生物という扱いだったものが、 本邦、日本でも爆発的に増加して来ているという状況になっております。
欧米において癌死因の上位に位置する前立腺癌ですが、 実は手術による治療成績は他の癌疾患に比較して高いレベルであり、 早期発見・早期治療によって社会復帰も多いに見込める疾患です。
しかしその標準術式である前立腺全摘除は、 生活から性の喜びを奪いさってしまう合併症つまりインポテンスを高頻度に発生させてしまう事が有り、 それが術後の患者さんからQOLを大幅に奪っている事が統計上で明らかになりました。
そこで上述のような術後インポテンスを回避する為に、手術に伴った工夫がいくつも検討され、 それに呼応して前立腺に関連した勃起の生理学的な検索も進んできました。
しかし前立腺と勃起という生理現象の関係性が非常に密接である事が判明していくにつれ、 こうした神経温存術やまたは神経移植術などの予防的手技には限界があるとも論じられ始めてます。 そしてそれを補うべくバイアグラなどのPDE5阻害薬を利用したリハビリテーションなどが発達して来ています。
今後は更なる日本人の前立腺癌患者の増加が懸念されています。 また、それに応じて前立腺癌術後のインポテンスの発生数の増加も生じると思われます。 今後も継続した前立腺手術と術後インポテンスへの対策の検討が望まれる次第です。


written by レビトラ効能のご相談は新宿ライフクリニックで.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠