中枢神経疾患である多発性硬化症、多系統委縮症、パーキンソン病等にはEDが高頻度で合併しやすいとされています。



中枢神経疾患とED

新宿でシルデナフィルなら、新宿ライフクリニック!


【EDと中枢神経疾患】
中枢神経疾患である多発性硬化症、多系統委縮症、パーキンソン病等には、 ED:勃起不全が高い確率で合併するとされており、 またこれらの治療薬の中には薬剤性EDを引き起こしやすいものも存在しております。
中枢神経とは具体的には、脳および脊髄を意味する言葉であり、 包括的には、脳および脊髄の内部で神経回路を構成するニューロン連絡系を示すとされています。 つまり中枢神経の疾患とは、脳・脊髄を中心として進行していく疾患の総称になります。
人間の性欲の中枢は文字通り中枢神経の視床下部にあるとされており、 勃起の中枢は同じく視床下部の高位勃起中枢と仙髄の脊髄勃起中枢 と二つに分かれているとされています。
中枢神経疾患による障害は、その障害の進行部位によっては、 こうした勃起や性欲の中枢、もしくはその近傍に悪影響を与えるものであり、 これらにEDが多い理由としては、 こうした機能部位と障害部位の近い位置的関係がそうした事象の発生に関連している事は、 想像に難く有りません。
今回、ご紹介頂く、ED発症に関連した中枢神経疾患である、 多発性硬化症、多系統委縮症、パーキンソン病は、ある意味完治が難しいともいえる病態で、 むしろ継続的にその進行を予防し、 また、その疾患による症状を調整して、 包括的にコントロールしていくタイプの疾患と言えます。
それは、疾患とともにどのように日常を過ごしていくかという事でも有り、 そうした人の日常という枠には、食事や睡眠の他、性交つまりセックスが有ります。 セックスは人のQOL=「生活の質」と非常に密接な関連性が有り、 上記の中枢神経疾患の日常を考える上では、 こうした生きがいをキープする上でも、 検討すべき非常に大切なファクターと言えます。
本項ではEDの原因ともなる3つの中枢性疾患、 多発性硬化症、多系統委縮症、パーキンソン病に関しての説明ならびに、 これらに伴うEDのコントロールに関して記載してあります、 是非、ご参照ください。


【中枢神経疾患である多発性硬化症とは】
中枢神経疾患であり、EDの原因ともなる多発性硬化症とは、 一体どのような病態なのでしょうか?
多発性硬化症は、今持って原因不明な要素を残す疾患であり、 その本態は中枢神経系の脱髄になります。
脱髄とは、中枢神経を形成する髄鞘形成細胞により形成された成熟髄鞘が、 さまざまな原因で壊れてしまう事を示す言葉になります。
多発性硬化症ではこの脱髄が炎症によって引き起こされる事が分かっていますが、 この炎症自体がどのような機序で引き起こされるかは判明しきっていない部分が有り、 一説には神経を構築するミエリン抗原に対する自己免疫がその炎症の本態とも考えられており、 自己免疫疾患である可能性が高いとされています。
多発性硬化症の脱髄は脳幹、脊髄、視神経などに時間的・空間的に多発し、 再発・寛解を繰り返します。 この脱髄が上記の勃起や性欲を司る部分、 もしくはそこに関連した部分に出現する場合、 難治性のEDの発症につながる可能性が有ります。


【中枢神経疾患である多系統委縮症とは】
中枢神経疾患であり、EDの原因ともなる多系統委縮症とは、 一体どのような病態なのでしょうか?
多系統委縮症は、その文字の通り、脳や脊髄などの中枢神経に、多系統に委縮が出現する疾患で、 多系統とされている病変部位には  オリーブ核、橋核、小脳プルキンエ細胞、黒質、被殻、脊髄中間質外側核などがそれに相当します。
特にこの多系統委縮症は中枢神経の委縮によって、 進行性の自律神経障害を引き起こす傾向が有り、 この自律神経の機能は勃起の作動には非常に大切な要素とされており、 こうした自律神経を障害する事で、多系統萎縮症はEDの発症に濃厚な関連性を持つと思われます。


【中枢神経疾患であるパーキンソン病とは】
中枢神経疾患であり、EDの原因ともなるパーキンソン病とは、一体どのような病態なのでしょうか?
パーキンソン病は脳における中脳黒質のドパミンニューロンの脱落により、 主に錐体外路徴候を示す神経変性疾患です。
中脳黒質というと、直接的に性欲や勃起の中枢と関連がなさそうにも思われますが、 上記した性欲と勃起の中枢である視床下部は、 パーキンソン病で障害される黒質ドパミン作動性ニューロンから投射を受けているという関係もあり、 パーキンソン病において中枢性のEDが発症するのではないかと考えられています。
その他、パーキンソン病という、大変かつ慢性的な疾患による、 日常の心理的ストレス、肉体的ストレス、また同疾患から派生する精神神経症状自体が、 パーキンソン病におけるED発症に関連しているとも考えられています。


【中枢神経疾患に伴うEDの加療】
こうした中枢神経疾患に伴うEDの加療の本態は、 もちろん原疾患たる多発性硬化症、多系統委縮症、 パーキンソン病などのそれぞれの病態のコントロールが中心にあると言えます。
薬剤による、これらの症状や病勢のコントロールがうまく行けば、 関連症状たるEDも改善がみられる事はもちろん有り得ます。
そして中枢神経疾患に伴うED加療の第二としては、 やはり局所血管拡張薬たるPDE5阻害薬、 つまりバイアグラ 、レビトラ、シアリス、シルデナフィルOD50などの内服が有ります。
これらバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルOD50は、 これら以外のED治療メソッドに比較して、安全性の高さと効果の高さを両立させる事に成功しており、 中枢神経の慢性疾患たる多発性硬化症、多系統委縮症、パーキンソン病にも、 比較的使用しやすい薬剤と言えます。
中枢神経疾患によるEDでお悩みの方は是非とも、 当 新宿ライフクリニックをはじめとしたED専門クリニックにてご相談下さいませ。


written by 新宿でシアリス処方なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠