ペニスのエレクトに関連する動脈のフォルムは勃起不全の発症要因に関連するとされています。



動脈走行の多様性はED原因の一つ

新宿でバイアグラ入手なら新宿ライフクリニック。


【動脈走行の多様性とED発症の要因】
ペニスなどを栄養する内陰部動脈という血管の走行は比較的多様性が高く、 この多様性の大きさ自体がED発症原因の一つとして認識され、報告されています。 これは内陰部動脈のような勃起に関連が深い血管における血流の変化が、 勃起という生理機能の発現に非常に密接な関連性が有る事が、その原因と考えれらています。
ED/勃起不全とはペニスへの血流の増大、 そして血液のストックという大きく分けて2種のセグメントで構成された、 勃起という生理現象の言わば不全状態の事を示します。
この現象には非常に数多くの生理機能が関連しており、 自律神経などの末梢神経の興奮活動、 血管内皮機能の活動、 また視床下部や仙髄など中枢神経の興奮など非常にバリアブルな機能が関わっています。
これらのいずれの機能が障害されてもEDは発症しうると言え、 実は勃起の成立とは、様々な機能が関連し、織りなす非常にナイーブな生理現象と考える事が出来ます。
こうした数多あるEDの発症要因の中には、 関連する動脈の走行形状に伴う血流の不適正化や静脈から貯留した血液のリークなど、 血管の走行や形状、また機能が深くかかわるものがあります。
こうしたEDへ影響する血管の走行形状や機能には、 いわゆる先天的なものと後天的なものがありますが、 後天的なものの代表が生活習慣病などによる動脈硬化からの血管内皮機能障害や、 動脈硬化からの血流障害による側副血行路の形成などです。
こうした血管の走行に関しては、今まで、画像上で詳細に把握する事が難しかったのですが、 画像テクノロジーの急速な発達に伴い、 このような状況が改善されつつあり、 それによって血管走行の多様性とED発症との関連性に関しての知見が、 段々と蓄積されて来ました。
本項では、ED発症に関連した血管の走行のバリエーションと、 それらの状態の検査方法、 また今後の血管障害の関連したEDに関しての詳細を記載させて頂いております。 ご参照くださいませ。


【内陰部動脈とは】
骨盤内を走行する内陰部動脈は、実は勃起に大きな関連を持つ動脈で、 その走行の多様性は、血流のダイナミックな変化をもって成立する勃起という生理現象にとって、 その不全状態つまりEDを引き起こす要因にもなりうる事が確認され、報告されています。
腹部大動脈という体の正中を走行するとても大きな血管から分枝した総腸骨動脈、 そして総腸骨動脈から分枝した内腸骨動脈、 この内腸骨動脈が下殿動脈と共同管として分枝するか、 あるいは内腸骨動脈が独立して変化したものが、本項の主役の内陰部動脈です。
その内陰部動脈はその終枝に陰茎深動脈、 ならびに陰茎背動脈と、血液のストックに重要な海綿静脈洞に血液を注ぐ重要な血管を持ち、 陰茎の勃起に大きな影響を与えます。
その内陰部動脈の走行の多様性は、勃起という生理現象の初期における 「海綿状脈洞に動脈血を注ぐ」という非常に大切なアクションにおいて、 その供給路の形状に多様性が有る状態とも言え、 その機構の効率を大きく左右するものです。
血液の供給において、その機能上効率の悪い形状のものは、 勃起の不全つまりEDの発症の誘因になりうる事は、 感覚的にも理解できるものです。


【EDに関連した動脈走行を確認する検査】
こうしたEDに関連した動脈の走行や、 また静脈性EDの原因となる静脈のリークなどは、 従来の検査方法では、非常に見付けにくいものでした。 それは大きな骨盤という容積の微細な血管を確認するという事なので、 より高度な画像技術が必要とされるからです。
しかし昨今の3DCTから流用された技術であり海綿体造影を使用した仮想海綿体内視鏡などは、 こうした微細な血管走行を非常によく把握できるツールとして医学界において認識され始めており、 その結果、現在、動脈走行などの形状とEDなどの機能不全の関連における、 学術的知見の蓄積が加速してきている状況です。
こうした病状・病態の把握のための検査の進歩・発展は、 例えばEDにおいてはその原因分類をより詳細に区分けさせて、 治療の方向性をよりナローに、より特化したものに進めて行ける可能性をはらんでおり、 結果的には改善率の高い治療方法への症例の誘導が大きく期待されます。


【血管走行とEDの今後】
例えば動脈性EDはEDの原因分類上、 他の原因に比較して大きなウェイトを占めていると言え、 その治療方法としての、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどPDE5阻害薬の反応性が相対的に良いものとして認識されています。
しかし動脈性EDの中には、 これらのED治療薬がまったく奏功しないものも存在しており、 その中には詳細に血管走行を確認する上記のような検査をしてみると、 勃起機構発動の際に静脈からのプールした血液のリークが存在していたりと、 動脈性EDに静脈性EDを併発しているような状況が判明する事も時に有ります。
こうしたED治療薬の反応の悪い症例においては、 動脈性EDからさらに他の付加的ED要因を検索していく、 つまりED原因のより詳細な分類を進めるというアクションが、 今後はより一般化していく事と思われ、ED薬の不応例として、 諦観の傾向にあったこれらの一群への治療的介入が大きく進んでいく事が期待されます。
現在のED治療にて改善が有意に見られない患者さんも、 将来には改善策が生まれる可能性は多いに有ります。 特に、今現在は再生医療の萌芽期とも言え、これからこうした新時代的な医学テクノロジーがどんどん、 一般的な臨床に応用されようとして来ています。
画像技術もしかり再生医療もしかり、科学の進展とともに状況が大きく変わるのは医学の面白い所とも言えます。


written by 新宿でシアリス購入のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠