血管作動薬を中心としたカクテル療法が勃起不全の改善率を上げると報告されています。



TrimixによるEDの改善

新宿でバイアグラ処方を。新宿ライフクリニック!


【EDの改善とTrimix】
Trimixは血管作動薬を中心とした三つの薬剤をミックスした陰茎用の注射液の合剤で有り、 これを陰茎海綿体に直接注射する事で、 従来使用されてきたPGE1(プロスタグランジンE1)による陰茎海綿体注射よりも、 ED/勃起不全の改善率が向上したと報告されています。
ED/勃起不全は日本人だけで約1300万人も存在するとされる、性機能障害の多数派疾患と言えます。 勃起不全の存在は我々日本人のようなセックスの頻度が少ない上に、 少子高齢化を迎えている先進国の人間達にとっては、 単なる個人の性機能上の問題に止まらず、 より大きな目線においては、社会的な問題にも大きく影響する医療分野と言えます。
しかし勃起不全の治療は本邦において、ほとんどのケースにおいてその国民健康保険の適応が認められておらず、 また、未だ、その治療選択肢も決して多いとは言えない状況です。
そもそも勃起不全はその原因が複数有る多因子疾患にて、 本来的にその根治的治療が難しいものでも有り、 またその原因のとても大きな部分に経年的老化が関連しているのも、 根治治療を難しくしているとされています。
現行でのED治療はバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの安全域の高い、 いわゆる局所血管拡張薬が治療の主体と言えますが、 これらは良質な薬剤では有れども、 これらが奏功しない高い障害レベルの勃起不全が存在する事もまた事実であり、 これら不応例をどうマネジメントしていくかは日本性機能学会など関連の専門団体にとって、 とても大きなテーマと言えます。
その為、様々なEDの治療方法が模索され、体外衝撃波を利用し陰茎の血行を改善する慢性治療や、 上記のPDE5阻害薬を少量持続投与する事によって血管内皮機能の改善を図るものなど、 新しい勃起不全の治療方法として実用できそうなものも段々と生まれてきている状況です。
そうした状況の中、PGE1(プロスタグランジンE1)を使用したEDの診断方法において、 その保険適応が認められた事は、 もちろん治療方法として保険適応が認められた訳では有りませんが、 ED治療におけるその改善メソッドの一つがより身近な選択肢になった事は否めず、 現在、陰茎海綿体注射によるED治療に注目が集まっています。
その上、米国の学会における発表によるとTrimixというPGE1を中心とした三種の薬剤のミックスは、 上記のPGE1単剤よりも勃起不全の改善における反応性が高いとも報告されており、 陰茎海綿体注射による勃起不全の改善において第二のツールとして期待されています。
本項ではこのTrimixの内容ならびにTrimixを使用したED治療の報告、 またTrimixなどの陰茎海綿体注射の今後などに関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【Trimixとは?】
Trimixという名称のTriが“3”を意味しており、 これは3種の製剤がミックスされたものを示した言葉になります。
これは従来から陰茎海綿体注射の製剤としてED改善に使用されてきたPGE1(プロスタグランジンE1) 、ならびに鎮痙薬の一つとして以前より認識されてきたパパベリン、 また交感神経活動の拮抗薬として以前より認識されてきたフェントラミン、 この三種の薬剤のミックスによる合剤であり、 上記にある通り、米国の研究においてはPGE1単剤よりもED改善の反応率が高いと報告されており、 また米国内ではほとんどが血管作動薬としてがTrimixが使用されているとの事です。


【日本におけるTrimixを使用したED改善の報告】
この報告は21名に及ぶバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬が無効もしくは、 その副作用によって使用できないED患者さんを対象としたものとの事です。
この報告の被験者における平均年齢は67±5歳と比較的高齢域の方が多く、 またその全例が前立腺全摘除術後のEDすなわち前提として改善が難しいEDで有るという 母集団の統一的傾向があるとの事です。
Trimixの投与の結果として、 TrimixによるEDの改善効果はドロップアウトした3例以外の全例において明らかに表れ、 その上、TrimixによるED治療を継続し続ける事で、 最終的にTrimixを使用しなくとも、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬のみでEDが改善するようになった症例が 、2例確認されたとの事でした。
副作用の報告としては、一例に持続勃起症が確認され、 また一例に陰茎彎曲が確認されたとの事です。
発表の結語としては、TimixによるEDの改善治療は、 副作用は控えめで、かつ高いED改善の反応率を確認できたと報告されております。


【Trimixなど陰茎海綿体注射によるED治療のこれから】
Trimixなどによる陰茎海綿体注射は、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬が奏功しないED患者さんにとっては、 非常に有意義かつ有力な治療選択肢と言えます。
しかし陰茎海綿体注射には安全域の高いPDE5阻害薬に比較して、 非可逆性の副作用も多く、 その使用に当たってより慎重さや注意を必要とする薬剤である事は間違い有りません。
とくにPGE1による陰茎海綿体注射には海綿体の線維化など、 重度のED原因となりうる副作用が確認されています。
Trimixによる陰茎海綿体注射にはPGE1単剤で発生する、こうした大きな副作用を、 削減できる可能性も期待されており、 3種の製剤の配合比を調整し、最もED改善効果が有り、 最も副作用が少ないセットアップが現在、日本国内でも模索されております。 あるいはこのセットアップは個人個人で違う可能性も有り、 TrimixによるED改善治療は将来的にはオーダーメイド感のある治療方法になる事も想定されます。
今後のTrimixによるEDの改善の報告が期待されます。


written by シアリス処方を新宿で、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠