鬱病と勃起不全の関連性について



うつ病とインポの関連

新宿で正規のバイアグラジェネリックを!新宿ライフクリニック!


【インポとうつ病】
インポすなわちED/勃起不全とうつ病の発症には関連性があると報告されています。 インポの存在が同疾患発症のリスクとなり得ると言う事です。
うつ病は非常に一般性が髙いメンタルヘルス疾患で、 特に日本のように高度に文明化され、 平均就業時間が長い傾向にある国においてはそれは尚更と思われます。
厚生労働省の調査によると日本人における同疾患の有病率は実に6.5%もあり、 またおおよそ6.7%に人がその一生涯に一回は同疾患に罹患してしまう可能性が有るとの事です。
また一方でインポすなわちED/勃起不全は現在罹病人口が1300万人とも言われており、 今後の日本人の高齢化社会の加速、 またED発症の原因となる糖尿病や高血圧などの生活習慣病の蔓延によって、 その罹病人口はさらに増大すると推測されています。
性生活とは人間のQOL=生活の質と非常に密接な関連性があり、 インポの存在は、その性機能や生殖機能への実害にとどまらず、 仕事のやる気や自信などの精神面にも悪影響をもたらすと言われています。
上述したインポの存在とメンタルヘルス疾患の多数派であるうつ病の発症に関連性が有ると言う事は、 こうしたインポの持つ精神面への悪影響が主因となっていると思われます。
本項ではうつ病に関して、またインポと同疾患の関連性に関しての報告、 そしてインポによる同疾患発症の予防検討に関して記載しております。 ご参考にされてくださいませ。


【うつ病とは?】
それではインポの存在が発症に関連する可能性が示唆されている うつ病とはどのような疾患なのでしょうか?
うつ病は上記の通り有病率が6.5%もあり、 メンタルヘルス疾患の中では非常にメジャーかつ一般性のある疾患です。 この高い頻度は皆様の周囲においても日常的に同疾患を加療されているお知り合いが、 いらっしゃる可能性が高いと言うことです。
しかし意外な事にうつ病であるにも関わらず、 医師の治療をきちんと受けてない人は4人中3人も存在すると言われています。 ゆえに実際のところはもっと有病率が高い可能性もあります。
うつ病は医学的名称においては「うつ病性障害」と呼ばれるメンタルヘルス疾患であり、 その疾患の分類としては「気分障害」と呼ばれるカテゴリーです。
気分障害にはこのうつ病性障害のほか、双極性障害、ならびに病因に基づいた障害があります。 これらの診断においてはそれぞれの気分エピソードの診断が非常に分類上重要で、 例えば大うつ病エピソードに関しては①不眠など睡眠の障害、②食欲や体重の変化、 ③気力の減退、④精神運動性活動の変化、⑤集中力・決断力などの低下、 ⑥無価値感、罪責感、⑦繰り返し死について考えてしまう、  以上7種のものが有り、 これらのエピソードが5つ以上存在し、ほぼ一日中、殆ど毎日、 2週間以上存在する抑うつ気分もしくは活動に対する興味や喜びの喪失があって、 これらが新たに出現したか、以前に比較して悪化しているかしている場合、 うつ病的であると医学的判断されます。
実はこのうつ病はインポ以外の疾患とも、その関連性が指摘されており、 血管性うつ病といって、脳梗塞などの脳血管障害発症後に同疾患を発症する事が、 しばしば確認されています。


【インポとうつ病の関連性に関する報告】
この報告は日本人と人種的に、 また文化背景や生活スタイルが近似しているとされる台湾での調査との事です。
新たにインポ/EDとなった2527例をインポ例として、 インポでない所謂コントロール群とともに比較コホート研究を行った所、 5年間の追跡によってコントロール群と比較してインポ群のうつ病の発症リスクは、 調整ハザード比で2.24と有意に高かったとのことです。
また時間依存的影響を解析した所、インポになって1年が最もうつ病の発症リスクが高かったとの事です。
つまり要約致しますと、アジア人男性においてインポはうつ病の発症リスクに長期的に影響し、 インポ/EDと診断されて1年がうつ病発症リスクにおいて最も高かったという事でした。
この関連性に関してはホルモンの存在が、その謎を解き明かすキーとして想定されています。 実は男性ホルモンのテストステロンはその低値とうつ病の発症に関連性が以前より示唆されており、 またテストステロンの低値は同疾患以外にもインポを引き起こす傾向が有りますので、 うつ病とインポは男性ホルモンを中核において、そのリレーションが繋がる可能性が有ります。
また血管機能における炎症の存在が、実はうつ病の発現や持続に関連性があるとも考えられており、 そして血管機能における炎症の存在は、インポの発生にも関連が有ると言われています。 つまり血管機能における炎症もまた、このうつ病とインポの関連性を説明する上で、 男性ホルモン同様に重要なファクターである可能性があります。
またもちろん、インポの存在自体による精神的悪影響がうつ病発症に関連した可能性も十分にあります。


【インポの存在下におけるうつ病発症への対策検討】
インポの存在が精神的悪影響としてうつ病の発症に関連するとしたら、 インポの改善自体が同疾患発生の予防策になる可能性もあります。
シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルなどのPDE5阻害薬は、 安全域の高さならびにそのインポの改善機能から、 現在インポ治療におけるファーストラインとして広く認知されています。 シルデナフィルはバイアグラならびに、 バイアグラジェネリックの有効成分、 またバルデナフィルはレビトラの有効成分、 そしてタダラフィルはシアリスの有効成分です。
インポが仮に発症してしまったら、 早々にこれら勃起不全改善薬を導入される事はメンタルヘルス的にも望ましい可能性が有ります。
また明らかにテストステロンの低下が存在する場合には、 現在はテストステロンを補充する治療方法がありますので、 これもインポならびにうつ病の改善に好影響を与える可能性が有ります。
血管機能における炎症がインポならびにうつ病の発症原因として疑わしい場合は、 血管に発生した炎症の原因を詳細に調査し、 その状態に影響が強い因子から改善を図る事は、 うつ病にとってもEDにとっても建設的である可能性が有ります。
以上検討させて頂きましたが、原因治療という意味合いにおいて、 うつ病とEDの関連性の生理的・生化学的ロジックの解明のより深い把握が必要と思われ、 それには、もう少し時間が必要のようです。 後続する研究報告が期待されます。


written by 新宿で正式なシアリスを!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠