ヴァンビューレン病と性交障害



ヴァンビューレン病の原因と治療


【ヴァンビューレン病とは】
ヴァンビューレン病とは、陰茎の結合組織の異常から性交の障害を生じる疾患です。
白人男性の中年期に発症の多い疾患で、陰茎海綿体の白膜などの結合組織が増生し、 こぶ状、板状の結節を形成する疾患です。
この結節が勃起時に陰茎を結節側に屈曲させてしまい、 しばしば性交時に膣への挿入を困難にさせます。
ヴァンビューレン病は、別名、形成性陰茎硬化症、ぺイロニー病、繊維製海綿体炎、陰茎硬化症とも呼ばれます。


【ヴァンビューレン病の発症機序と治療】
ヴァンビューレン病の明確な発症機序は未だ明らかになっておらず、 陰茎への外傷が発症に関連するとも言われております。

治療は、ほとんどのケースにおいて、自然治癒が認められますので、まず経過を観察致します。
その上で、経過が思わしくない場合は、ステロイドやビタミンの投与、また手術などが検討されます。

勃起時にヴァンビューレン病の結節による勃起の屈曲が激しく、 性交に著しく障害が生じる場合は、手術療法が考慮されます。
手術によっても完全な勃起機能の回復は難しいため、 膣への挿入可能な状態を治療目標に設定し、手術が施行される事が多くなります。


written by 新宿でレビトラの正規品を処方いたします.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠