レビトラはレイノー現象治療を改善するとした報告



レイノー現象治療に対するレビトラの効果

新宿でレビトラをすぐ処方.新宿ライフクリニック


レイノー現象とは、膠原病患者においてしばしば見受けることができる現象で、寒冷刺激により、末梢の血流が低下する現象です。
レイノー現象は、手先の潰瘍を来たす場合もあり、さらには、切断を要するなど、重篤になりえます。 これらの患者に対する治療は、いまだ十分に満足できるものではございません。

ED治療薬であるPDE5阻害剤は、サイクリックGMPの分解を抑制する事により、血管拡張弛緩作用を発揮します。 このことから、末梢の血流障害であるレイノー現象に対しても有効である可能性が考えられておりました。
しかし、無作為試験での結果は、有効であるとするもの、効果がなかったとするものなど、一定でありません。
ここでは、レビトラが、このレイノー現象に有効であったとした報告があったため、ご紹介しようと考えます。

一次性、二次性のレイノー現象患者でかつ、指先末梢に潰瘍形成を認める者に対して、レビトラ(バルデナフィル)の効果を検証しています。
試験デザインは無作為抽出二重盲検で、クロスオーバー、つまり、実薬または偽薬の服用がある一定期間を過ぎると、服用する薬を入れ替えて、再度検証するというものです。
レビトラ10mgを6週間に渡り服用して頂き、レイノー現象スコアを用いて検証しています。
53例を対象とし(対象者の多くは女性)、原因疾患としては、二次性レイノー現象が多く、特に強皮症が最も多く、一次性レイノー現象は、10%程度を占めています。

結果は、大方の予想通り、レビトラ10mgは、偽薬に比較し、有意にレイノー現象スコアを減少させています。
レイノー現象の回数と、積算時間が、レビトラ群で、有意に現象しております。
臨床症状は改善を認めておりますが、検査上、指先の血流は改善は認められておりません。
サブ解析では、一次性レイノー現象と限局性強皮症の患者において、レビトラの効果が良いことが指摘されています。
興味深いことは、レビトラを初めに服用していた群では、偽薬を服用するまでの1週間のウォッシュアウト期間、さらには、 偽薬を服薬してる期間でも、統計学的には有意差はありませんが、レイノー現象スコアは低下したままである傾向を認めました。
このことは、レビトラのレイノー現象に対する効果が、服薬中断してからも持続している可能性を示唆しています。

レビトラ服用に伴う副作用ですが、紅潮、頭痛、胃腸障害、眩暈、鼻づまり、視覚障害などが発生しています。
重篤な副作用は、レビトラ服用時に1例、偽薬服用時に2例認めておりますが、いずれも、薬剤には関係のないものと考えられています。
ED治療薬として使用した場合と、副作用に関しては、差がないと考えられます。

この報告は、レイノー現象とPDE阻害剤を対象にしたものとしては、比較的、規模の大きなものです。 レビトラがレイノー現象に対して有効であり、副作用も許容できるものであることを示しました。
一方では、シアリスタダラフィル)を使用した同様の報告では、有効性が証明できていません。 その理由は、偽薬群でも、一定の効果があり、シアリス服用群との間に、統計学的な有意差が生じなかったためとしています。
今回の報告では、プラセボ群でもある程度の改善を認めていますが、それ以上に、レビトラ群で、統計学的に有効性が示されています。

この報告で使用されているレイノー現象スコアは、代表的なスコアではありますが、若干主観的な要素を含みます。
このスコアでは、1.4~1.5ポイント以上改善することが重要とされています。 レビトラは、6週間服用する事により、このスコアを-1.07ポイント達成できたとしています。

レビトラの半減期は、およそ4時間程度とされ、一回の服用で、一日に渡り有効な血中濃度が維持されるわけではありません。
しかし、この報告では、レビトラ10mgを一日一回服用する事により、長期に渡り、レイノー現象を軽減しています。 この臨床効果は、ウォッシュアウト期間だけでなく、その後の偽薬服用期間にも及んでいます。
このような、血中濃度が低下しているはずの期間の効果は、しばしば、他でも報告されています。
ED治療薬であるPDE5阻害剤の単回投与は、指先の血流を改善するには至らず、 しかし寒冷刺激による血管収縮反応(レイノー現象)を抑制する事は、 単純に、寒冷刺激に対する血管収縮反応のみを抑制していることを示しています。

結果については、やはりというか、効果が認められています。
レビトラだけでなく、バイアグラでもでもシアリスでも同様な報告がございます。 (機会があれば、ご紹介したいと考えます)
ED治療薬を服用して、体がポカポカするのを、実感されたことがある方もいらっしゃると思います。 血流改善効果に他なりません。
あとは、データをどうまとめるかなのでしょう。 罹病期間が長い方、程度が悪い方は、効果が表れにくい場合もあるでしょうし、原因疾患にもよるのだと思います。 レイノー現象を来たす代表疾患である強皮症の方には効果がありそうですね。
因みにですが、強皮症は、女性に多い疾患で、本邦における男性患者数は比較的少ないのですが、 強皮症で性機能障害を来たすことが指摘されてもいます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。


違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠