タダラフィルtadalafil



黄


主成分

タダラフィルtadalafilはシアリスの一般名になります。 シアリス=タダラフィルはイーライリリー社より製造販売されており、本邦では日本新薬社に販売委託されています。 シアリス=タダラフィルは、バイアグラ シルデナフィル)、レビトラ バルデナフィル)についで、3番目に使用可能となった勃起不全治療=ED薬です。バイアグラ(シルデナフィル) 、レビトラ(バルデナフィル)と同様にホスホジエステラーゼ5阻害剤に分類されます

タダラフィルtadalafilの構造式が巻末にありますが、タダラフィルは既存のシルデナフィル、 バルデナフィルとは全く異なった構造式になります。 ゆえに薬剤の性格も既存のものと大きく異なり、コンセプトから新規に開発された勃起不全治療薬と言えます。

  1. 作用持続時間は24時間以上
  2. 食事による効果軽減が少ない

これらがタダラフィルtadalafilの特徴になります。 また、タダラフィルはほてり感などの 副作用の発現頻度が、 既存の勃起不全治療薬より少ない印象になります。

タダラフィルtadalafilに対して、既存の勃起不全治療薬であるシルデナフィル、 バルデナフィルが優れている所をあげると、これらの方が即効性が高い傾向があります。

タダラフィルtadarafilは、使用者の性欲の高まりに応じて、陰茎海綿体の血流を増加させ、 勃起作用を発生させる薬剤です。 すなわち、性欲を感じられない状況においては勃起作用は発現しません。 つまり、その気もないのに勃起し続けてしまうような事はありませんのでご安心ください。 また、その効果は“硬さ”に限定したもので、性欲増加作用は有りませんのでご注意下さい(催淫作用はありません)。

タダラフィルtadalafil(シアリス)にも、シルデナフィルsildenafil(バイアグラ)と同様に、 肺高血圧症という疾患への治療薬としての適応があります。
タダラフィル(シアリス)の場合は、同様な成分の薬剤を40mgを毎日服用します。
ED治療薬としては、20mgまでしか認可されていませんが、肺高血圧症では、40mgまで使用可能です。
これはもちろん、高度な安全性が確保されているので、高用量の使用が認可されているわけです。
またタダラフィル(シアリス)は前立腺肥大症への適応も認められています
それもこれも、高度な安全性が確認されているが故の適応の拡大です。

和名シアリス錠5mg、10mg、20mg
一般名タダラフィル(JAN)tadalafil
製造イーライリリー社(アメリカ)
タダラフィルtadarafil分子式及び分子量
分子式C22H19N3O4
分子量389.40
化学名
(命名法)
(6R, 12aR)-6-(1, 3-benzodioxol-5-yl)-2-methyl-2, 3, 6, 7, 12, 12a-hexahydropyrazino
[1., 2.:1, 6]pyrido[3, 4-b]indole-1, 4-dione
溶解性 タダルフィルtadarafilは、ジメチルスルホキシド 141 溶けやすい ,アセトニトリル 11.1 やや溶けにくい
エタノール(99.5) 1.5 溶けにくい ,水 0.001 ほとんど溶けない
タダラフィルtadarafil構造式又は示性式
示性式

患者さまから「腎不全や腎臓病の状態でタダラフィル(シアリス)を使用する事は可能か」とご質問を頂く事がございます。 回答としては「使用量を制限すれば可能です。」とお答えしております。 販売製薬会社である日本新薬の薬剤添付文書上は腎機能障害を伴う勃起不全症にはタダラフィル(シアリス)5mgまでの使用が可能と有ります。
ただし勃起不全症ではなく、タダラフィル(シアリス)の適応病名が肺高血圧症の場合は、 腎機能之障害があってもタダラフィル20mgまで使用が可能のようです。
同一成分にも関わらず、適応疾患によって腎機能障害のある方への使用上限量が変化しています。
この状況は、いずれは腎機能障害を伴う勃起不全症に対してのタダラフィル(シアリス)の使用上限量が増加する可能性を示唆しております。
注:腎不全、腎臓病の方にタダラフィルの高容量投与をお勧めしているわけではございませんのでご注意くださいませ。