シルデナフィル,sildenafl|ジェネリック バイアグラ


27.7.13より厚生労働省認定バイアグラジェネリック 更に値下げ致しました。

≪ジェネリック バイアグラ50mg≫
1錠  ... 790円(税込)
10錠+1錠  ... 7,900円(税込)
(10錠+1錠) × n ... 7,900円(税込) × n

≪ジェネリック バイアグラ25mg≫
1錠  ... 450円(税込)
10錠+1錠  ... 4,500円(税込)
(10錠+1錠) × n ... 4,500円(税込) × n

≪ファイザー社 バイアグラ50mg≫
1錠  ... 1290円(税込)
10錠+1錠  ... 12900円(税込)
(10錠+1錠) × n ... 12900円(税込) × n

≪ファイザー社 バイアグラ25mg≫
1錠  ... 1040円(税込)
10錠+1錠  ... 10400円(税込)
(10錠+1錠) × n ... 10400円(税込) × n

料金表(価格)


青


成分名

バイアグラ(baiagura、万艾可(伟哥)、一般名:シルデナフィル, sildenafil,以下シルデナフィル)は、ファイザー社が製造・販売している勃起不全治療薬です。 シルデナフィルは有効成分の物質名であり、バイアグラはファイザーの商標名になります。
シルデナフィルはホスホジエステラーゼ5阻害剤:PDE-5に分類されます。シルデナフィル:バイアグラは それまで存在しなかった薬剤ジャンル(勃起不全症:ED)の治療薬として、米国は1998年に、 日本では1999年に発売されました。
バイアグラの登場は、数多くのEDの方の悩みを解消する革命的登場と言えました。
その後、シルデナフィル(バイアグラ)を踏まえて、バイエル社からレビトラ やイーライリリー社からシアリスが開発されております。

シルデナフィル:sildenafilは陰茎周辺の血管を拡張させて、陰茎に流れ込む血流量を増加させる事により 勃起を生じさせます。
自身にとっての性欲の対象が存在しない時には、すなわち、性欲を感じない状況では、この勃起効果は発現しません。 絶世の美女が、あなたを誘惑していても、ご本人にその気がなければ、反応しないということです。
また、有効成分が効いている間、ご自身の意に反して勃起し続ける訳ではありません。 「シルデナフィルによって勃起し続けて外出が出来なくなったらどうしよう…。」 という状況にはならないので、ご安心ください。

シルデナフィル登場以前の勃起不全症:EDの治療には、こうした直截かつ簡便な解決策が存在しませんでした。 発売当初はこうした生活を補助する薬剤への世間の理解の少なさから、 誹謗中傷の対象になる事も多かったシルデナフィルですが、10年以上の販売期間が、 シルデナフィルの高度な安全性を証明するに至りました。 専門の医師により、適切にその適応を勘案してもらい、服薬指導通りの使用をした場合は非常に安全な薬剤と言えます。 むしろ、昨今は「ニセモノ=偽造品の販売」や「医師を介さないシルデナフィルの非合法な取り扱い」等が、 この薬剤の評判と安全性を貶めている傾向があります。
日本ではシルデナフィルは医師の処方下に使用する事が出来ます。
通信販売によるシルデナフィルの販売・購入は薬事法違反に該当します。
また、日本ではシルデナフィル:バイアグラは25mg錠、50mg錠が認可されており、100mgは認可されておりません。 すなわち100mgの販売・購入もまた薬事法違反に該当します。 無認可薬剤(この場合では100mg錠にニセモノが多い傾向)に注意する必要が有ります。 現在、こうしたED薬のニセモノによる健康被害が急増しています。

患者様からのご質問で多いものになりますが、シルデナフィルは適切に処方されたものを、 適切に使用される分には、毎日使用しても特にに健康被害などは発生致しません。
厚生労働省の認可自体がこうした数多くのテストを重ねた後に出ているものになります。
一方ニセモノ:偽造品などは、こうしたテストを全くされていないのです。 ゆえに「ニセモノ:偽造品を飲んだらどうなる?」という質問を頂く事がありますが、 残念ながら直截なお答えをご用意できません。お口から入るものですので健康被害を考えたら、 お飲みにならないのが「何より」と思われます。

シルデナフィルsildenafilは、開発元であるファイザー製薬の特許権で保護されており、 ”正式”なジェネリック薬品は販売は、この特許が消失するまで待つ必要がございました。 そして、本邦においては、2014年5月に東和薬品から、そして2014年8月には陽進堂から、 ジェネリック バイアグラ (東和薬品:正式名シルデナフィルOD錠「トーワ」VI、陽進堂:正式名シルデナフィル錠50㎎VI「YD」) が市販されるに至っています。
ジェネリック医薬品は、有効成分自体はファイザー製薬と同様なものになりますが、 その製剤クオリティに関しては世界的大企業のファイザーと同質なものを生み出せるかどうかは、 実際に販売されてみないと確たる事は言えませんでした。
その点では、東和薬品ならびに陽進堂のジェネリック バイアグラの品質は、 国産であるだけに十分に満足できるものと言えます。
今後も、各社から市販されると思われます。
新宿ライフクリニックでは、安全性や費用などを考慮し、 皆様に最も有益となるジェネリックを取り扱う予定です。

ジェネリック医薬品の一般的な命名法としては、有効成分のシルデナフィルsildenafilに続き、 製薬会社名を乗せるのが主体ですが、そうした一般的なジェネリック命名法に従わないケースもあります。
東和薬品製ジェネリック バイアグラは、正式には、”シルデナフィルOD錠「トーワ」VI”となります。 OD錠とは、口腔内崩壊錠を指し、水なしでも服薬できるタイプの薬剤です。
VIとは、viagraのジェネリックであることを指します。

ジェネリック バイアグラにまつわる特殊な例として、インドなどの一部の国では、 有効成分の生成法に特許があれども、有効成分自体に特許を認めない国があります。
つまり、インドなどの国では生成法が違えば、シルデナフィルの製剤が販売可能です。
当然、特許権を認める本邦の姿勢として、こうした薬剤は日本では認可されません。 こうした薬品の輸入・販売は特許法ならびに薬事法違反になります。 イリーガルな薬品の販売方法には、 高いコストをかけて本物を使用する必要がないニセモノがつきものですのでご注意されて下さい。

本邦に先駆け、韓国でジェネリック バイアグラの市販が開始されています。
これに対し、国際特許が有効であるとして、ファイザー社が提訴しておりましたが、敗訴しております。(上告しています)
韓国での司法判断を本邦にそのまま適応はできませんが、 韓国に比較し本邦での市販開始はやや遅れたものとなっております。

新宿ライフクリニックでは、皆様のために、ジェネリック製剤の一つ一つを検討し、 皆様に推薦できるものを見つけて行こうと考えております。

患者様から時折ある質問として、「女性にシルデナフィル:バイアグラを使用した場合どうなるか?」 といったものがあります。これに関しては、まずシルデナフィルが男性を対象にさまざまな検証がされていて、 そのお陰で皆様に提示できる 確たる安全性がありますが、一方女性に関してはこうした多人数を動員した安全性 の検証が、そもそも女性には適応がない薬剤になりますので、されておりません。つまり我々、専門家の医療従事者 ですら女性のシルデナフィルの服用には予測不可能な事態が発生する可能性があります。とくに生殖年齢の女性は 妊娠等している可能性もあり、妊娠時にこうした化学薬剤が入る事も望ましくありません。 シルデナフィルは男性の勃起をしやすくする薬剤でありますが、催淫作用が認められている訳ではありませんので、 仮に女性に使用したとしても、女性にとって安全性が確立していない薬剤をあえて使用するほどの効果が 見込まれるかと問われれば、まずないでしょうとお答えさせて頂いております。 パートナーのお体を大事にされたいお気持ちを優先して頂き、ぜひとも女性のお体にシルデナフィルの御使用は お避けになられて下さい。

因みにですが、シルデナフィルは現在 レバチオの名前で肺高血圧症治療に認可が下りています。 原発性肺高血圧症は原因不明の疾患で、厚生労働省特定疾患にも指定されています。 レバチオはシルデナフィルクエン酸の有効成分量が一錠20mgになり、一日3回の服用をする薬剤です。

シルデナフィルsildenafilの分子構造
分子構造
和名バイアグラ錠(baiagura)25mg、50mg
中国名万艾可25mg、50mg(伟哥)
一般名シルデナフィル クエン酸塩(JAN),sildenafil
製造ファイザー社(アメリカ)
販売開始1999年3月
ジェネリック2014年5月 シルデナフィル「製薬会社名」
シルデナフィル,sildenafil分子式及び分子量
分子式C22H30N6O4S・C6H8O7
分子量666.71
化学名
(命名法)
1-[[3-(6,7-dihydro-1-methyl-7-oxo-3-propyl-1H-pyrazolo[4,3-d]pyrimidin-5-yl)
-4-ethoxyphenyl]sulfonyl]-4-methylpiperazine monocitrate (IUPAC)
1-[[3-(6,7-dihydro-1-methyl-7-oxo-3-propyl-1H-pyrazolo[4,3-d]pyrimidin-5-yl)
-4-ethoxyphenyl]sulfonyl]-4-methylpiperazine(INN)
溶解性 N, N-ジメチルアセトアミドに溶けやすく、
水又はメタノールに溶けにくく、
アセトニトリル、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。