グローバルスタンダードな早漏治療



《早漏症治療》

インターネットエクスプローラーを使用の方へ
javascriptの関係で、サイドメニューが正常に動作出来ない場合がございます。
現在修正中です。大変ご迷惑をおかけいたしております。
windows
インターネットエクスプローラーのURL窓右の、⇑部をクリックして頂くか(クリック後、青色に変わります)、 以下の各薬剤の解説ページへのリンクからお入りください。
バイアグラ(シルデナフィル)処方』『レビトラ処方』『シアリス処方』『プロペシア(フィナステリド)処方』『アボルブ処方

本邦は早漏治療後進国です。新宿ライフクリニックでは、グローバルスタンダードな早漏治療をご提案いたします。

新宿ライフクリニック
院内処方

【早漏治療薬】

早漏症の診断基準は、全世界的に統一されたものはございませんが、早漏症で悩まれている患者数は多く、日本では500万人にも及ぶとする報告もございます。
早漏症の目安としては、

  1. ペニスを女性膣に挿入後2分以内に射精する
  2. ペニスを女性膣内への挿入前後関わらず、ご本人の意思に反し最小の性的刺激で射精に至る
  3. 射精のコントロールが難しく、これによって人間関係の問題や精神的苦痛がある
  4. 射精のコントロールが十分にできない

などが挙げられています。
早漏症は、一般的に射精が早いと考える場合や、パートナーとの関係、ご本人の満足度など、客観的なものから主観的なものまで、広範に及びます。
一般的に、女性膣内へペニスを挿入してから平均5~6分で射精に至るとされていますので、これよりも短い場合は早漏の傾向が有ると言えるかも知れません。
女性膣内にペニス挿入まで至らない例もございます。
また、射精のコントロールが不十分で、ご自身およびパートナーが十分満足できない場合も、早漏症と言えます。

世界に目を向けると、早漏治療薬として臨床で使用されている薬剤がいくつかございます。
早漏症に対して、医学的にアプローチが試みられ、様々な薬剤が使用されてきました。
しかし、早漏治療薬として認可されているものは少なく、「プリリジー®(ヤンセン・シラグ社)」が唯一となります。
残念ですが、プリリジー®は、本邦で認可されていないため、入手が困難です。 また、プリリジーⓇを扱う医療機関が存在したとしても、非常に高価です(3錠当たり7500~9000円+診察料など)。
このような状況のため、現実的にプリリジーⓇの使用は困難と考えられます。
世界的に目を向けると、比較的古い時期より様々な薬剤が早漏症治療に使用され、実績が積み上げられております。
新宿ライフクリニックでは、このような状況を鑑みつつ、患者様の期待に沿うために検討を重ね、この度、早漏治療薬を提案することに至りました。


早漏治療薬 1錠 860円(税込)
早漏治療薬は、性行為の2時間前に服用していただくものです。
ED薬と異なり、食事の影響はございません。
お薬代のみの負担で、診察料、処方料は無料です。
その他のED薬、AGA薬の費用は、料金表(価格)を参照ください。

【早漏治療薬】

当院で提案する早漏治療薬は、従来は他の疾患の治療薬です。
当然ではありますが、射精遅延効果が医学的に実証されている薬剤であり、論文などで発表されています。
早漏症治療薬として認可されたものではない為、ここでは、その薬剤名は伏せさせてください。
性機能障害に精通していない医療機関による安易な処方を避けるため、薬剤名の公表はいたしません。
詳細につきましては、直接来院して頂いた場合にのみ、ご説明いたします。
早漏治療薬に関しては、大変申し訳ございませんが、お電話でのお問い合わせには、一切、お答えいたしません。

【射精遅延効果】

新宿ライフクリニックで処方する早漏治療薬は、性行為のおよそ2時間前に服用していただくことで、薬効を発揮いたします。
毎日服薬するのではなく、性行為時にのみ服薬していただきます。
その射精遅延効果の報告の一部を紹介いたします。
ペニスを女性膣内へ挿入してから射精に至るまでの所要時間が、平均3.4分から10.1分に延長したとしています。
治療を受けたすべての患者は、射精遅延効果に満足していると回答し、射精のコントロールが容易になったとしています。

【ED治療薬と併用】

早漏治療薬と全てのED治療薬との併用は可能です。
ED治療薬は多少の射精遅延効果を有すことが知られていますが、その中でもレビトラが優れているとされるため、レビトラがおすすめではあります。 勿論、バイアグラ、シアリスとの併用も可能です。

【プリリジー®について】

本邦においても、早漏治療薬としてプリリジー®(ヤンセン・シラグ社)を輸入し、処方を行っているクリニックがございます。
プリリジーⓇは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)と呼ばれるグループに属する薬剤で、もともとは抗うつ薬として開発された薬剤です。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)、特にパキシルⓇ(パロキセチン)は、以前より、早漏症治療薬として使用されていました。
しかし、効果発現が遅く、性行為の4-5時間前に服用、場合によっては、毎日の定期的服用しなければ効果が得られませんでした。
これと比較すると、プリリジー®には即効性があり、セックス前にのみ服用いたします。
効果発現が早く有用ではありますが、逆に、半減期が短いのが欠点でした。 抗うつ薬として使用する場合、一日に複数回の服薬が必要であり、利便性に欠ける薬剤です。
繰り返しになりますが、本邦における、プリリジー®の問題点は、

  1. 容易に入手できない
  2. 非常に高価(3錠あたり7500~9000円)

が挙げられます。
非常に高価である為、常用する事はできません。
プリリジー®の射精遅延効果は、早漏治療薬として認可されているほどですので異論はございません。
しかし、価格に関しては、大いに不満が有ります。
早漏で悩まれている方の多くは、比較的若年者であり、費用負担に対する配慮が欠かせません。
新宿ライフクリニックでは、より患者様の側に立った費用で、早漏治療薬の処方を行っております。
当院が提案する早漏治療は、いわゆる”適応外使用”で、他疾患で使用されている薬剤を応用したものです。

【適応外使用】

当院で扱う早漏治療薬は、早漏症に対する適応が有るわけでは無く、本来は他の疾患の治療薬です。
全ての薬剤に共通ではありますが、若干の副作用が存在します。 もちろん、臨床治験を終えて市販されている薬剤ではありますので、その副作用も十分許容範囲内ではあります。

世界的に使用されている早漏治療薬の殆どは、早漏症の適応がございません。
早漏治療薬として適応が無い理由として、製薬会社の負担する費用の問題が挙げられます。
公に認可されるには、大規模な臨床治験が必要で、莫大な費用を要します。
どの程度需要が見込めるかわからないところに、莫大な費用を投入することは難しいでしょう。

しかし、適応症がないことと効果があることは、全く別問題です。
前述いたしましたが、当院では、医学的に射精遅延効果が実証されているものを、処方いたしております。
適応外使用であることから、当院を模倣した、安易な処方を防ぐ為、ホームページ上での薬剤名の公表は控えております。

従来の治療目的とは異なる使用を、適応外使用と申します。
通常であれば、厚生労働省臨床治験データを提出し、認可を受けます。
上述いたしましたが、適応の有無と効果の有無は関係有りません。

適応外使用の場合、集中治療室で治療を要すような重篤な薬害が生じた場合に、医薬品副作用救済制度の対象外となる可能性がございます。
しかし、早漏治療薬としてでは無いにしろ、臨床治験で安全性は確認されている薬剤であるため、このような重篤な副作用が生じるのは、極めて希なケースと言えます。

因みに、プリリジー®は本邦未承認の薬剤ですので、医薬品副作用救済制度の対象外です。


早漏治療薬 1錠 860円(税込)
診察料、処方箋料は無料です。お薬代のみの負担となります。