新宿でEDなら新宿ライフクリニックでご相談を。ED専門院、男性患者専用、男性職員のみ、お会計は薬代のみ。



性機能障害


男性機能障害

ED(イーディー)とは日本語で勃起不全症と言い、 「性交時に十分な勃起を得られない状態の総称」になります。
これに対しインポテンスとは、「勃起が不十分なために満足な性交が行えない状態」と定義されます。
EDとインポテンスは、ほぼ同義語と考えても良いのですが、詳細な定義は若干異なります。
EDは、インポテンスに比べてより広い範囲での勃起障害を内包する概念であり、 いわゆる「中折れ」の様な状態も含んだ疾患概念になります。
つまり、EDは、インポテンスと比較し、より早期の状態も含まれます。

因みにですが、インポテンスimpotenceは英語、インポテンツimpotenzはドイツ語です。
本邦においては、かなり以前からインポテンツという言葉が使用されています。
かつて日本の医学は、ドイツ医学が中心でした。その名残かも知れません。

症状

勃起不全:EDの症状は、患者さんによって様々です。 新宿ライクリニックには「普通に立つけど、途中で萎えてしまういわゆる“中折れ”」や、 「ほんの少しだけ硬さが足りない状態」、もしくは「重度の神経障害により全く勃起しないもの」等、 様々な段階のED患者様が、ご来院されます。
軽度のEDでも現状に我慢する必要は全くありません。
新宿ライフクリニックは様々なタイプ・程度のEDに対して専門医から加療の提案をさせて頂きます。

診断

ご自身がEDであるかどうかは、ご本人の現在の性交への満足度が大きく影響します。
「硬さが少し足りない」状態で、ご本人が「性交へ不満足」であるならば、それはもう定義上EDと言えます。
「明日を今日より良くしたい」
そうしたささやかな希望を我々 新宿ライフクリニックは最大限にとらえ、 改善にご協力させていただきます。 ED:勃起不全にはセルフチェックのスコアもあります。国際勃起機能スコアIIEF-5と言います。ご参考にどうぞ。

国際勃起機能スコアIIEF-5と勃起硬度スコアEHSはコチラ

特徴

各ED治療薬の違い・特徴についてまとめました。下記のリンクからどうぞ。

ED、インポテンスの治療は、上記薬剤が中心となりますが、その他にも治療法がございます。 陰圧式勃起補助具陰茎海綿体注射(ICI)陰茎プロステーシス挿入術 が該当します。
その他にも、禁煙、節酒、適切な運動習慣、非メタボリックな食事習慣、 ストレスやトラウマのマネジメントなどが大切です。