バイアグラを新宿ライフクリニックで。


正規ジェネリック バイアグラ扱い有り

《厳重注意!》

厚労省未認可の海外製ED治療薬を、取り扱う医療機関が存在します。 こうした非正規医薬品では薬害による死亡事故もあります。ED治療薬は安全な国産純正品を使用しましょう。 バイアグラをご希望の方は、 バイアグラのファイザー社の運用サイト ED-info.net で、純正薬の取扱医療機関か確認しましょう。
ファイザー

偽造品鑑別

新宿ライフクリニック
院内処方
定番

【バイアグラViagraの処方】

新宿ライフクリニックで扱うバイアグラ:Viagraは世界で最も有名なED治療薬です。
その成分名はシルデナフィルクエン酸塩:sildenafil citrateで、PDE5阻害剤に分類されるED治療薬です。
本薬は、世界的製薬メジャーの米国ファイザー株式会社が開発・販売しており、本邦では50mg、25mgが承認されております。 また剤形として、現在は錠剤型以外にもフィルム剤が有ります。
市販当初は、貴重な医薬品であったため、また、その形から通称ブルーダイヤと呼ばれていた時もありました。 現在では保険外診療に対応した医療機関で処方を受けることが可能です。
通販などイリーガルな処方の場合、粗悪な偽造品が主体で、健康被害の報告も多いので、 ED治療薬は正規の医療機関での処方をお勧めします。
当新宿ライフクリニックは、保健所認可の医療施設であり、取り扱い医薬品は、正規の薬剤卸より入荷しているシリアルナンバー付きの国内正規流通の医薬品です。
また、ファイザー社の日本法人より 『正規品を扱う良質な医療機関』 として表彰もされております。 当新宿ライフクリニックにて安心して正規のED治療薬をお求め下さい。
*本邦で認可されている剤型は25㎎・50mgのみであり、 100mgの未認可で販売されておりません。偽造品の可能性がございます。

ED治療薬は全て国内正規医薬品のみ『 薬の料金表へ 』

バイアグラ
純正(25mg) 
     (50mg) 
ジェネリック(25mg) 
(50mg) 
料金表(価格)

【ジェネリックについて】

2014年、国産初のジェネリック バイアグラが東和薬品から市販されました。 今後も、各製薬メーカーからジェネリックの市販が相次ぐものと予想されます。
これらED治療薬は医療機関での診察を経て処方可能となります。 インターネットなどで、 『ジェネリック』 と称して販売されているものは、 違法薬物である可能性が高いため、十分にご注意下さい。

正規の販売元であるファイザー製薬のプラントなどは超近代的なテクノロジーの集合体であり、 非常に厳しい品質管理を施行しています。
“食の安全”ではありませんが、口から入り体に作用する物なので、来歴や安全性は十分に検討する必要が有ります。 私ども新宿ライフクリニックは、今後も様々な検討を重ねて、我々の大事なクライアントである皆様の“健康”と“安全” にご助力致したく存じます。

【安全ついて】

バイアグラのリリース当初は、生活を補助するED治療薬に対する世間の理解の少なさから、 統計的根拠が希薄なままに心臓突然死との関連を疑われ、しばしばニュースなどで報道されました。 販売から10年以上経過した現在では、いわゆる腹上死との因果関係は否定され、安全性な薬剤であると認識されています。 現在、バイアグラは全世界で処方され、数多くのEDで悩む方々を救っております。

【まずはご相談を】

新宿ライフクリニックでは、厚労省認可の正規品をお薬代のみで処方させて頂いております。 とりあえずご相談のみという患者様の場合は無料になります。 また電話でのご相談も随時受け付けております。
新宿ライフクリニックでは、一般的な健康状態の方であれば、すぐに院内でバイアグラを処方可能です。 当院は院内処方なので、その場で薬剤をお引渡しする事が出来ます。
血圧がやや高い、糖尿病がある、透析を受けている、こうしたケースもED治療薬の服用に問題がない場合がほとんどです。 心臓病で治療中、または心臓病の治療薬を服用している方も、是非一度ご相談ください。服薬の可能ケースなも多く御座います。
罹病がある方も、専門医に是非ともご相談ください。 どのようなケースに対しても専門医が適切に対応させて頂きます、どうぞご安心下さいませ。
常用薬があってご心配な方は、こちら→併用禁忌薬 でも併用が可能か確認出来ますので、宜しければご参照ください。
当院はJR新宿駅南口から、甲州街道を都庁側に下るだけで到着しますので、合併症で体力に自信のない方も ご来院しやすい環境になります。

【1錠よりお試しできます】

新宿ライフクリニックでは厚労省認可の正規ED治療薬を1錠から処方できます。 お試しでの処方も大歓迎です。ED治療薬の利用が初めての方もご気軽にご相談ください。
当院はファイザー社で製造されたシリアルナンバーの有る正規のバイアグラを処方しております。
新宿、東京にお越しの際は、当新宿ライフクリニックへどうぞお越し下さいませ。 スタッフ一同皆様のご来院を心よりお待ちしております。

【男性スタッフのみ、充実のプライバシー環境】

EDクリニックへの受診は、誰しも心理的抵抗があるものだと思います。 しかし当新宿ライフクリニックは幾多の工夫により、 皆様が安心して受診できる環境を整えてきました。

  1. スタッフは全員男性です。また男性患者専用クリニックになります。
  2. 完全院内処方です。女性職員のいる院外薬局に行かれる必要はありません。
  3. 看板、診察券等にはED、勃起不全治療、泌尿器科等の記載はありません。
  4. 当院からダイレクトメールや電話でご連絡させていただく事は一切ありません。
  5. ED・AGA専門です。ご来院の患者様は皆、同様の悩みでご来院されてます。
  6. 皆様の受診やカルテの情報が転用される事は100%ありません。
  7. 入居している9階には他のテナントはなく、別件の方と行き交いません。
  8. 皆様に対応される医師は専門家です。あらゆる質問に対応させて頂きます。
  9. 電話も男性スタッフのみが対応します。どうぞお電話でもご質問下さいませ。

【保健証は不要です】

勃起不全・EDの治療には元々、公的社会保険の適応がありません。つまりED治療を受ける場合、保険証のご提示は必要ありません。 全て保険外診療になります。これは当院を始め、全国どの診療所・病院でも同様になります。 一般の医療機関では受診料や再診料、またクリニックによっては相談料を請求するケースもございますが、当院ではこれらは一切頂いておりません。 また一般の医療機関では看護師さんが女性だったり、受付が女性だったり、 薬剤師さんが女性だったりと、男性のナイーブな疾患をフォローするのに不十分な環境である事が多いです。 当新宿ライフクリニックの場合は完全男性スタッフ、完全院内処方にて、これらの問題をクリアーしています。
また、ご来院前の参考として薬剤に関しての情報提供をさせて頂いております。 それぞれご参照くださいませ。
Q&A服用法と注意事項詳細な副作用


【副作用に関して】

バイアグラは専門医による処方の元で使用する分には安全な薬剤です。 本剤は血管拡張薬なので、勃起改善と同時にほてりや鼻づまりを認めるケースが有ります。 実際に、およそ40%程度の方が、このような副作用を自覚されると報告されています。 これらの副作用は軽微な随伴症状であり、 患者様の中には“効果が出てきている指標”と考える方もいらっしゃります。 またこれらの副作用は、薬効の消退とともに穏やかに消えて行く、あくまで一過性のものです。 こうした副作用が遷延して後遺症化するような心配はまずないので、ご安心ください。
当院では、受診後の状況にも親切丁寧に対応させて頂きます。どうぞ、ご気軽にお電話下さいませ。 また当院ではホームページ上でも副作用に関してインフォメーションさせて頂いております。 詳しくはこちらをご参照ください。 →詳細な副作用をご覧ください。


ED治療薬は全て国内正規医薬品のみ『 薬の料金表へ 』


各薬剤の使用期限については、別ページを参照下さい。
⇒ ED治療薬の使用期限


・ニセモノにご注意を!!
 現在、ED治療薬のニセモノが日本全国に流通しております。

  1. インターネット通販上のED治療薬の80%がニセモノとされています。
  2. 日本では医師を介さずに医薬品を販売する事自体が違法です。つまり薬局で購入できたり、 通販で手に入れられたりするED治療薬は違法薬物である可能性が高いです。
  3. ED治療薬のニセモノには何が入っているかわかりません。プリンターインクで着色されていたり、 糖尿病治療薬など、まったく関係ない薬剤が混入されているケースもあります。
  4. ニセモノの利用にて、本来ED治療薬に無い副作用、重症低血糖などで救急搬送されるユーザーも報告されています。
  5. 『効く』からと言ってニセモノでないとは限りません。ニセモノの典型的なケースですが、 本物のバイアグラの成分であるシルデナフィルを少量混ぜ込んで作っている事が多く、多少の勃起不全への効果がある場合があります。 しかし、こうした成分以外は何が入っているかわかりません。
  6. ニセモノに関しては、EDという疾患のプライバシー性から、訴える事が出来ず泣き寝入りするユーザーが多く、 その環境がニセモノのED治療薬をはびこらせる原因にもなっています。
  7. インターネットの検索順位が上だからといって、その通販サイトが信用できる訳ではありません。 堂々とした通販サイトがニセモノを扱っているケースもあります。ご注意下さい。
  8. 無認可の海外産コピー品を国内正規品にと偽装して、販売する施設もありますのでご注意ください。
バイアグラに関しての注意事項一覧
注1: バイアグラ100mg錠は、薬事法に認可されておりません。
注2: 輸入品(平行輸入)の扱いは、ございません。
注3: ジェネリック医薬品であっても処方には診察が必要です。
注4: 通信販売は薬事法違反になります。
注5: ネット通販の勃起薬は、80%以上がニセモノであると報告されています。
 救急搬送が必要な深刻な健康被害も報告されています。
EDの専門家のいるクリニックを受診して下さい。
注6: バイ“ヤ”グラではありません。



当院は、ファイザー社の主宰する 『偽造バイアグラ撲滅キャンペーン』 に参加しており、 同社から感謝状を頂いております。 今後も、偽造品撲滅のため、また安全なED治療薬の普及のため、貢献して行きたいと思います。 偽造ED薬の危険性をストーリーとして解説した、当院スタッフが作った、短編小説(というほどでもありませんが)です。 なかなか面白いので、アップしております。 あくまで架空のものですので、実際の団体とは異なります。ご注意下さいませ。 ⇒偽造ED薬と不審死