『バイアグラ処方におけるプライバシーへの配慮。当院の患者プライバシーへの5つの工夫』

バイアグラ50mg錠剤 バイアグラ50mgODフィルム

バイアグラの処方において、男性患者さんへのプライバシー配慮を当院ではとても大切に考えており、 当院の開設当初より、いくつもの工夫をこれに加えております。


『EDの受診』 『勃起改善薬の処方』 いずれにしても気恥ずかしく思う気持ちはあるかと思います。 こうした気持ちがネックとなって、クリニックに来れない方も少なくありません。


そこで日本性機能学会専門医が主宰する新宿ライフクリニックでは、 受診する男性のプライバシーが侵されないように、 開設当初より 『所在地』 『看板』 『診察券』 『インフォメーション』 『受診体制』 など、 さまざまな領域にわたり、いくつもの工夫を加えてきました


もちろん、こうした工夫とは別に、皆様の個人情報は最高レベルの機密処理を加えて厳重に保管しております。 当院では研究や統計調査、市場調査などに患者様の情報を一切提供しておりません。 患者様の情報はその患者様の診療にのみ使用され、たとえ家族であってもその情報はご本人の承諾なしには一切開示されません。


こちらのページではバイアグラ処方のプライバシーにおける当院の取り組みに関して記載しております。 ご来院前にご一読頂ければ、安心して受診できるかと存じます。


<当ページの項目リスト>

  1. 【クリニックの場所の工夫】
  2. 【看板の工夫】
  3. 【診察券の工夫】
  4. 【ダイレクトメールなどは一切送りません】
  5. 【男性患者専用のクリニックです】

1.【クリニックの場所の工夫】

クリニックの一階の入り口 クリニックは9階です

バイアグラ処方のプライバシーが侵されないための体制、まず最初は当院の立地の工夫に関しての御紹介です。


「EDクリニックが一階の路面店舗だと、むしろ入りにくい・・・」
路面店舗ですと、入る時も出る時も人目につき、なかなか受診し難い事があるかと存じます。


当院ではそこに配慮し、上の向かって右側の写真に示すように、 路面店舗を敢えて避けて、各階一つしかテナントの入らないビルの9階に開設いたしました。


ワンフロアー・ワンテナントのビルの9階に位置してますので、 入るときも出るときも人目に付きにくく、秘匿性が高いです。 因みに向かって左側の写真は当院の入居しているビルの入り口になります。



「同じ階にEDクリニック以外の施設があったら、エレベーターを降りにくい・・・」
他の商業施設に行く別の目的の方と、一緒にエレベーターは降りにくいですよね?


我々のクリニックが入居している9階は、上記のように当院の占有になりますので、エレベーターを降りたら、そこには当院しか有りません。 なので、仮に一緒に降りる方が居たとしても、その方の目的はご本人と全く一緒です。 ご安心下さい。


このように当院は、バイアグラなど勃起改善薬の処方を前提とした専門クリニックとして、 施設の所在地に関しても、クリニック設立のコンセプト段階からプライバシーへの配慮を実践しております。


2.【看板の工夫】

施設の外看板その一 施設の外看板その二

バイアグラ処方におけるプライバシーを守るための工夫、次は当院の看板に関してです。


 「入口の看板に 『ED』 とか書いてあったら、むしろ入りにくい・・・。」
時に看板に 『勃起不全』 『性機能障害』 などと大きく書いてある施設がありますが、 そうした施設は入っただけで、その方がEDだと説明しているようなものなので、これでは個人情報が保護されているとはとても言えません。


そこで当院では、上の写真に示すように、看板には施設名以外の情報を一切加えておりません。 それは我々が、当院の専門性に関してのインフォメーションよりも、 来院される患者様の私生活情報の保守が重要と考えているからです。


このように当院は看板に関しても、 バイアグラ処方におけるプライバシーを擁護するための施策を施しております。 その為、実際にご来院される際は少々分かり難いかも知れません。 どうぞご来院の際は、当院の施設名 『新宿ライフクリニック』 を目印にされて下さい。


3.【診察券の工夫】

当院の診察券

バイアグラ処方におけるプライバシー干渉への対策、こちらでは当院の診察券に関して解説いたします。


「診察券にEDとか書いてあったら持ち歩けない・・・」
勃起不全や男性性機能障害などと書いてある診察券を人に見られてしまったら、 自分はその疾患だと声に出して説明しているようなものですよね。 そうした診察券では私情報は流出してしまいます。


そこで当院では、上の写真に示すように診察券には、 屋号や診療時間などの関連情報を載せるのみで、 EDや性機能に関連するような記載は一切載せていません


また万が一、診察券を落とされた場合も考慮して、 当院の診察券には、ご本人のお名前や住所、生年月日などの個人情報は全く記載されておりません。 ご本人の情報は当施設だけで取り扱われる 『診察券番号』 もしくは、 『そのバーコード』 にて管理されておりますので、 万が一落とされたとしても、外部の方にご自身の個人情報を特定される事は全く有りません。


このように当院では、診察券にもバイアグラ処方におけるプライバシーを守る為の創意が加えられています。


4.【ダイレクトメールなどは一切送りません】

当院ではダイレクトメールなどは一切送りません

バイアグラ処方におけるプライバシーの保護。こちらはダイレクトメールなどのインフォメーションに関してです。


「EDクリニックからダイレクトメールが来たらどうしよう・・・」
時にダイレクトメールは、電子メールにしても、郵便にしても、私事情報を拡散させてしまう事があります。 EDクリニックからダイレクトメールが来ている事を人に見られたら、 自分は勃起不全であると説明しているようなものです。


そこで当院は、クリニックから皆様へのインフォメーションはこれを一切能動的には行わず、 皆様に当院のホームページにアクセスして頂く事で、皆様へのインフォメーションとする事に致しました。 当院からは一切ダイレクトメールなどの電子メール・郵送でのインフォメーションは致しませんのでご安心下さい。


このように当院ではインフォメーションに関連したプライバシーの侵害にも細心の注意を払っております。


5.【男性患者専用のクリニックです】

男性専用のクリニックです。

バイアグラ処方におけるプライバシーへの工夫、最後は当院が男性専門の医療施設である事です。


「もしクリニックに女性がいたら、ED薬を出して貰いにくいな・・・」
男性同士であれば気にならなくても、女性がいると気になるタイプの私事情報が有ります。 勃起不全はそうした傾向が否めない疾患ですよね?


しかし本来、医療施設は女性がたくさんいるものです。 女性の患者さんだけでなく、 病院の受付・看護師さん・薬剤師さん・ヘルパーさんなど、皆さんのイメージもほとんどは女性では無いでしょうか? こうした医療施設における女性の多さが原因となって、EDの治療に来にくい方もいらっしゃるかと思われます。


そこで当院では、そうした状況を踏まえて、施設を完全男性専用とさせて頂いております。
それだけではありません。患者さんだけでなく、受け入れ側の我々、施設職員もすべて男性に統一しています。 当院は医師・看護師・受付事務員、はては出入りの製薬情報担当者の方まで男性のみに限定しております


つまり当院の施設内で女性とお会いする事はまず有りません。 また当院は院内処方ですので、女性職員が多い院外薬局にゆく必要も有りません。
どうぞご安心下さいませ。


このように当院では、性差におけるプライバシーにも対応した施設となっております。


以上、当院のバイアグラ処方における私事情報への工夫に関して記載させて頂きました。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

(記載:新宿ライフクリニック-日本性機能学会専門医:須田隆興、最終確認日:2019-07-02)


日本性機能学会専門医証
※日本性機能学会について詳しくはこちら
新宿ライフクリニック院内看板
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら
※バイアグラについては詳しくはこちら