レビトラと早い発現について



バルデナフィルは効果の表れがとても速い薬剤です

【レビトラと早い発現】

レビトラ早い発現が特徴の勃起改善薬です。 ヨーロッパシェアでは長期薬効でのんびり効くシアリスの方が好まれているようですが、 この日本では早い発現を誇るレビトラの方が人気な傾向があるようです。 実際、新宿トップクラスのED治療院である当新宿ライフクリニックでも、 レビトラが一番処方されている勃起改善薬です。


効果発現の早いレビトラはドイツの先発品製薬メーカーのバイエル社が開発した、 史上2番目の勃起改善薬であり、 日本では大阪のバイエル薬品株式会社が開発・販売を行っております。 発現の早いレビトラは同社から正規薬剤卸を介して当新宿ライフクリニックに納入され、 ED患者さんに処方されています。
発現の早いレビトラが好まれる、もしくは発現は遅いが薬効の長いシアリスが好まれるという、 こうした国家間や地域間の嗜好の違いはどこからくるのでしょうか? 日本は先進国として世界でもまれにみるレベルに文明化されており、 その関係からかすべての事物の進行がとてもスピーディーに進む傾向です。
我々、新宿ライフクリニックが開業してい場所は新宿駅の目の前の西口側ですが、 朝の通勤時間にはクリニックの面している甲州街道沿いの歩道で、 大勢の小走りのビジネスマンの方々が通勤されており、 遠景にはまるで流れの早い川のごとく見えます。


当新宿ライフクリニックにいらっしゃるED患者さんも常に急いでいる方も多く、 当院でも様々なサービスの考案・再編にて受診時間の短縮に努めてますが、 それでも「この方はとても急がれているなあ」とその言動から感じる事も多く、 そのせいか時に製剤の説明も少々早口になってしまう事もしばしばです。
こうした悪く言えばせっかち、よく言えば時間を大切にする日本人にとって、 効果発現の早い薬剤は大きなメリットとして作用するのもわかるような気もします。 とくに日本人は週49時間以上の長時間労働者が全体の20%を超過するという、 アメリカ・イギリス・オーストラリアなどの先進国の中ではトップクラスのワーカホリック国家にて、 こうした労働時間の長時間化によって圧排される私的時間を考えると、 何事も早く、そして薬剤効果の発現も早くという嗜好になって来るのも否めません。


また世帯における住環境の狭さも日本の特徴と言えますが、 こうした住環境の狭さは、同居している人が多い状況において性行為のタイミングを、 とても難しくさせる要素の一つです。 こうした状況では性行為のタイミングが来た時に、 レビトラのような発現の早い勃起改善薬でないと機会を逃してしまう可能性がある事も、 日本人においてレビトラが好評な理由なのかも知れません。
こうした状況を受けて本稿ではレビトラの早い発現に関して、 複数のカテゴリーに分けて総合的に解説させて頂いております。
本稿では

  • 【レビトラの早い発現に関しての学術報告】
  • 【レビトラの早い発現に関しての薬理作用の説明】
  • 【レビトラの効果的運用に関して】
  • 【効果発現の早さと今後の勃起改善薬】

とレビトラと早い効果発現に関して4項目にわたり記載しております。 宜しければご閲覧下さいませ。


【レビトラの早い発現に関する学術報告】

レビトラはその早い発現に関しては実験的な検証をしっかりとしており、 その報告内容は驚くべきものです。 この実験的な検証の内容ですが、これは海外の報告において、 勃起不全の男性732例に対して二重盲検平行群間比較試験を施行したものです。
レビトラを服用後に勃起が発現するまでの時間をストップウォッチにて計測した所、 レビトラ10㎎では服用10分でその早い発現が有意差をもって確認され、 またレビトラ20㎎では服用11分でその早い発現が有意差をもって確認されたとの事です。
次に国内つまり日本人での報告ですが、 勃起不全と糖尿病を持つ日本人男性778例に対して上記同様に二重盲検群間比較試験を施行したとの事です。 レビトラを服用して15分以内に挿入を試みた性交の8割以上で、 有意差をもって勃起改善が認められたとの事です。 国内での報告が、上の海外における報告と違うのは実際に性交に持ちいてるという点ですが、 どちらの報告も他の勃起改善薬とは次元の違う薬効発現の早さを報告しています。
レビトラの製剤に添付されている説明書にはレビトラは性行為の1時間前に服用せよと書いて有りますが、 実際の実験的報告ではこんなに薬効発現が速い事が確認されています。


【レビトラの早い発現に関しての薬理作用の説明】

何故にレビトラは発現が早いのでしょうか? このレビトラの有効成分は実はバルデナフィルと言うのですが、 この物質は薬理的に水溶性が高い、つまり水に溶ける性質が優れており、 報告では服薬15分後の溶出率つまり薬剤の溶け具合は80%以上とされています。
レビトラはこの高度な溶けやすさが最大の理由となり、 人体への浸透や吸収が早い傾向です。 つまりレビトラは服用された胃にたどり着くとスピーディーに溶けてしまい、 その先にある臓器の薬剤吸収領域にてスムーズに吸収されると言う事です。
こうした薬理的な特性がレビトラの早い薬理効果の発現を可能にしています。


【レビトラの効果的運用に関して】

早い発現が非常に魅力的なレビトラですが、 このレビトラの早い発現や 高い勃起改善効果 を十全に発揮させるには、やはりその用法用量をきちんと守る必要が有ります。
用法用量を守らないで使用するといかに早い発現のレビトラと言えども、 期待したような効果が出ない場合もあり要注意です。
以下にそうしたレビトラをキチンと運用する上での注意点を箇条書きにしています。

  1. 空腹時にレビトラは服用しないと早い発現などその特徴が生かされない場合があります。 レビトラはバイアグラ同様食事中の脂質分の影響でその吸収が阻害される傾向があり、 こうした吸収阻害を避けるためにもレビトラはなるべく空腹時に服用しましょう。
  2. レビトラはお酒をたくさん飲んでいる状況では、 その早い発現などの効果が生かされない場合が有ります。 こうした作用障害を避けるためにも、レビトラは素面(しらふ)の状態で使用しましょう。
  3. 長期罹病の糖尿病や脊髄の障害などを原因としたEDなどは、 忍容性が問題ないならばレビトラ20㎎をトライしてみましょう。 これらの原因によるEDはレビトラなどの勃起改善薬が効きにくい傾向が否めませんので、 適切なレビトラの用量を勘案した方がレビトラの早い発現などの薬剤機能が発揮されやすいです。

以上が基本的かつ効果的なレビトラの運用上の注意事項です。 みなさんもこれらを踏まえてレビトラの早い発現効果をトライしてみて下さい。


【効果発現の早さと今後の勃起改善薬】

以上レビトラの早い発現に関して、その学術的検討や薬理作用の説明、 ならびに早い発現のレビトラを効果的に運用する為の諸注意を記載させて頂きました。
日本人のせっかちな気質や住環境の狭さなど日本人を取り巻く生活環境は、 早い発現のレビトラと親和性が高いと上述しましたが、 新宿ライフクリニックにて診療をしていると「もっと早い発現の勃起改善薬はないか」 と患者様に聞かれる事も間々あり、時に難渋する事もあります。
レビトラの驚異的な発現の早さに関しては上記【レビトラの早い発現に関する学術報告】 で記載させて頂きましたが、この驚異的な薬効発現の早さでも物足りないと感じる人がいるのは、 少し不思議な気もします。 しかし「より早く、もっと早く」というムードは一般店舗の受付から、 電車やエレベーターの運行速度に至るまで、日本における生活の中で常に感じる実感できるものでもあり、 こうした事は日本人が求めてやまない民族的な妄執から来ているのかも知れません。
逆に言えばレビトラ以上に効果発現の早い勃起改善薬がデビューした場合、 勃起改善薬市場またユーザーに非常に好意的に受け止められる可能性があり、 またそれが効果的に運用される状況が有り得ると言う事なのだと思われます。


レビトラはその水溶性の高さをもって他剤に比較してとても早い薬剤効果の発現を示すに至りましたが、 これよりも早い効果発現を実現させるには、 消化管からの分子吸収が化学構造的に早い剤型や、 あるいは口腔粘膜から吸収される剤型などの開発が必要と思われ、 今後プロデュースされる勃起改善薬が、 こうしたユーザーのニーズを拾いつつどのような進化を遂げていくのか今後楽しみでもあります。
そうした早い発現の勃起改善薬の新規デビューにおいては、 新宿ライフクリニック より必ずインフォメーションさせて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠