バイアグラをどのくらい使うべきか、新宿ライフクリニック レポート



バイアグラの使用量とは

【バイアグラを「どのくらい使う」べきか?】
バイアグラどのくらい使うべきなのでしょうか??
一般的にみなさんが保険診療の元、クリニック・病院などで処方される風邪に対してのお薬などは、 診察した医師から、「どのくらい使う」のかに関して、一回服用量(もしくは使用量) 、一日使用量、使用頻度、使用期間に関して詳細な指示があり、 「どのくらい使う」のかに関して、 みなさんが疑問を挟んだりする余地はほとんど無いのではないかと思われます。
しかし、その一方でバイアグラなどの保険外診療に所属する薬品は、 上記のような保険診療で処方される薬剤に比較して、「どのくらい使う」という、 用法用量に関しての内容が、比較的ご本人の裁量に任されている部分もあるため、 むしろ保険外診療に慣れていない方においては戸惑う事も多いのではないかと思われます。


バイアグラという薬剤は、PDE5阻害薬という薬剤カテゴリーに所属していて、 これはPDE5という物質をブロックすることで、 体内の血管拡張物質のセカンドメッセンジャーの分解を抑制して、 結果としてバイアグラが作用している間だけED/勃起不全を改善させる薬剤です。 つまり言ってしまえばバイアグラはEDの状態を根源的に治す薬剤ではなく、 EDの状態を一過性に良くするという作用の薬剤なのです。 (もっともEDの状態を根源的に治す薬剤は今のところ存在しませんが)
みなさんの中で毎日セックスをされている方はいますでしょうか? もしいらっしゃるとすると、その方はこの日本では希少な存在と言えます。 実は日本人は世界的に見てもルーチンのセックス頻度がかなり少ない国民と報告されており、 それは月ごとのセックスの頻度という形で報告されているのですが、 その報告からすると毎日セックスをしている日本人はとても少ない事になるのです。
バイアグラを「どのくらい使う」かに当たっては、 この薬剤は上記のとおり、EDの状態を一過性に改善するだけの薬剤なので、 基本的にはセックスが無いときには服用の必要がないです。 ゆえに通常の風邪薬や高血圧の薬剤のように、 毎日きちんとバイアグラを服用することは、セックスの頻度が低い我々日本人であれば、 ほとんど無い事と思われます。 バイアグラをどのくらいの頻度で服用するかと言う事に関しては、 セックスの頻度に深く関連することであり、つまり個人的裁量の部分が多いと言えます。


このバイアグラを「どのくらい使う」かに当たっては、 年齢や糖尿病・高血圧・自律神経障害などの罹病背景や体格など、 バイアグラの使用量に関して担当のED専門医師が多角的に検討する必要性があり、 また担当のED専門医師の規定した使用量で、 バイアグラの十分な薬効が出ない場合には、 その一回使用量などに関しても個人で調整を必要とする場合もあります。
このようにバイアグラを「どのくらい使う」かに関しては、 その服用シチュエーションなどを考えると一般の処方箋医薬品に比べると揺らぎが大きいと言え、 これはある意味で喜ばしく、ある意味で煩わしいバイアグラの部分だと思われます。
本稿ではこうした皆様の「バイアグラをどのくらい使うべきか」 という疑問に対しての回答を中心に記載しており、

  1. 【バイアグラ「どのくらい使う」年齢や状態による推奨量】
  2. 【バイアグラ「どのくらい使う」一回当たりの使用量】
  3. 【バイアグラ「どのくらい使う」一日当たりの使用量】
  4. 【バイアグラ「どのくらい使う」使用の頻度】
などに関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【バイアグラ「どのくらい使う」年齢や状態による推奨量】
バイアグラ「どのくらい使う」年齢や状態による推奨量ですが、 本剤の推奨量に関して添付文書などで規定されている内容としては、 成人に関して、一日一回シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラの薬効を示す主成分の事です) を25㎎から50㎎、性行為の1時間前に経口投与する。 また肝障害ならびに腎障害のある患者、また高齢の患者に関しては25㎎を開始用量とする。 シルデナフィルクエン酸塩の一日の投与は一回のみ、 また投与間隔は24時間以上とすることと書いてあります。
この内容においては、服用の下限量に関しての記載などに関しては曖昧な点も多く、 また高齢者や肝障害者、腎障害者には「様子を見ながら低用量から使用する」 という内容を示すそっけない説明があるのみです。


実際のところバイアグラをどのくらい使うか、より突っ込んでいえば、 バイアグラの薬効をきちんと示すためにどのくらい使うべきに関しては年齢、 状態、体格、人種など様々な因子がそれに影響をするので、これは多角的に勘案せざるを得ません。
例えば、上記にどのくらい服薬するかに関して、 高齢の患者さんでは25㎎を開始用量とすると添付文書上の記載がありますが、 ほとんどの高齢者においてはバイアグラ25㎎ではあまりED改善効果が出ないと思われます。 本剤のようなPDE5阻害薬は、例えば20歳代の方と60歳代の方は同じようには効きません。 つまり20歳代のほう、若い方のほうがやはりバイアグラは薬効を示しやすく、 高齢なればなるほど、本剤が効きにくくなるのは否めない事実です。
また上記の添付文書のどのくらい使うかという説明の中には体格に関しての記載がありませんが、 我々新宿ライフクリニックの処方経験においては、 体格が大きい方に関しては上限量のバイアグラ50㎎の方が薬効を示しやすい傾向が確認されております。


また罹病背景に関連した「どのくらい使う」べきかについてですが、 糖尿病や高血圧などの血管内皮機能障害を悪化させる生活習慣病のコントロールが悪かったり、 罹病経過が長い場合も低用量のバイアグラでは十分な薬効が示されないケースが多いと思われます。
またどのくらい使うかに関しての人種ですが、 欧米においてはバイアグラの一回当たりの服薬上限量が100㎎と規定されており、 実際にこれらの国ではバイアグラ100㎎という剤形が処方の主力になっているとの事です。  欧米人と日本人の身体における基本的な差異は体格ですが、 前述の体格のお話同様、 やはりお体が大きい方には高用量の方が薬効を示しやすい傾向は否めません。 ただし、日本におけるバイアグラの摂取上限量は一日50㎎までになるので、 健康や安全の為に日本人の方は一日50㎎までのバイアグラ使用量を厳守される必要があります。


【バイアグラ「どのくらい使う」一回当たりの使用量】
バイアグラ「どのくらい使う」一回当たりの使用量ですが、これは原則前述のとおり、 バイアグラ25㎎から50㎎の剤形を状態に応じて使い分ける形になります。
よくバイアグラの副作用が怖いという理由や経済上の理由でバイアグラを半分にして服用される方がいます。 例えば上記に高齢になればなるほど、バイアグラは低用量では効きにくくなると記載しておりますが、 仮にバイアグラ25㎎を半分にカットしたものを60歳代の方が使用された場合、 これはほとんどのケースにおいては、バイアグラの薬効は見られないと思われ、 (25㎎でも60歳代にとってはバイアグラの効果が弱い可能性が高いです。) 逆にせっかく処方されたバイアグラを意味なくカットしてしまい、 結果として無駄にしてしまう可能性があります。
日本人の場合は欧米人に比較して、前提としてバイアグラ使用量の設定値が低めになっています。 それを考えると25㎎の半分という用量の出番はほとんどのケースでないものと思われます。
それでは50㎎を半分にして25㎎として服用される場合はいかがでしょうか? 実はファイザー社のバイアグラは50㎎も25㎎も半分に切断して使用されることを想定して作られていません。 こうした製造会社が規定した以外の服用方法は、 製剤の効能を不安定にしたり低下させてしまうという可能性が否めませんので、 バイアグラを「どのくらい使うか」に当たっては、 ご本人の年齢・状態・体格・人種など勘案した上で、 ED専門外来の主治医が判断した使用剤形を分割せずにそのままご利用になるのが望ましいと思われます。


【バイアグラ「どのくらい使う」一日当たりの使用量】
バイアグラ「どのくらい使う」一日当たりの使用量ですが、 これは前述のとおり、日本人においては一日当たりの使用量は50㎎が一日上限量になります。
よくお伺いするお話として「バイアグラ50㎎を1錠飲んだけど、効かなかったのでもう1錠飲んでみた」 という話がありますが、こうした規定されている服薬上限量をオーバーして、 薬剤を使用するのは大変危険です。
あらゆる薬剤には使用上限量があり、それはバイアグラも同様です。 なぜこうした使用上限量が存在するかに関しては、 薬剤の多量服用は健康を害してしまったり、望まれない作用が示されてしまったり、 副作用が増強してしまう可能性があるからです。 こうした多量服用に関連した事故を防ぐために、 バイアグラなどの製剤は使用上限量が規定されています。
性行為は健康であればこそ、という所がもちろんあります。 そうした性行為の為の薬剤であるバイアグラを過量服用することで、 むしろ健康を害してしまう。これは健康を前提とした性行為としては本末転倒です。 バイアグラを「どのくらい使う」に当たっては一日の使用上限量を順守することは大前提と言えます。


【バイアグラ「どのくらい使う」使用の頻度】
バイアグラ「どのくらい使う」服用の頻度に関してですが、 例えばバイアグラを週に何回まで使ってよいというような頻度の規定は添付文書上ではされていません。
つまりバイアグラの一日摂取上限量である50㎎を守っていれば、 原則毎日バイアグラを服用されても「どのくらい使うか」 の規定ルールに関しては問題がないともいえます。
特に昨今は、文献上これらバイアグラのようなPDE5阻害薬の連用によって、 EDの原因因子の一つである血管内皮機能障害がベーシックに改善するとも報告されており、 これらの連用の方がEDの改善上望ましいという可能性も見出されてきました。
しかし、これは腎機能障害や肝機能障害などのベースの健康状態にもかかわるお話であり、 バイアグラを「どのくらい使う」という状況における、その頻度に関しては、 本剤の連用が負担になるような疾患をお持ちの場合や年齢が高いようなケースにおいては、 ED専門外来にてある程度までの服用頻度上限を設定してもらった方が、 より安全にバイアグラを使用できると思われます。


【バイアグラと「どのくらい使う」かの総括】
以上、バイアグラを「どのくらい使う」べきなのかというお話を4項目に渡って記載させていただきました。 まとめとしては

  1. バイアグラをどのくらい使うべきかに関して、 その量はベースの罹病や年齢また人種などによって調整をする必要がある
  2. どのくらい使うべきかに関して、一回あたりの使用量については、 バイアグラ50㎎を上限として使用し、錠剤を半分にカットしたりしない必要がある
  3. どのくらい使うべきかに関して、一日当たりの使用量については、 これもバイアグラ50㎎を上限として使用し、過量服用をされないよう注意する必要がある
  4. どのくらい使うべきかに関して、その頻度については、 基本一日一回50㎎までであれば、毎日の連用も可能だが、 それは年齢や状態に応じて調整した方が望ましい
と以上になります。
バイアグラをどのくらい使うかは、それが少なすぎても十分な薬効が望めませんし、 多すぎる場合は健康被害の心配が有ります。 こうした使用方法にある意味での揺らぎがある製剤に関して、 これをどのくらい使うかは、 それこそED専門外来できちんと規定してもらった方が効果も十分見込めますし、 また安全性が高いと思われます。
新宿ライフクリニックは、新宿のバイアグラ処方に関してはトップクラスのED専門医療施設です。 バイアグラをどのくらい使うべきかなど用法上の相談も対応可能ですので、 新宿にお寄りの際はぜひ当院にいらっしゃって下さいませ。


違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠