ビタミンB1注射による食欲低下の改善に関して記載しております。



にんにく注射と食思不振の改善


【にんにく注射と食思不振の改善 】
にんにく注射の主要な内容であるビタミンB1の欠乏は、 食思の不振など様々な症状を引き起こす可能性が指摘されています。
食欲=食思は健康のバロメーター、生命を支える大切な欲求と言えます。 この食思の不振は、体の活気や元気さを低下させてしまい、 その悪影響は仕事のクオリティから楽しい休日の過ごし方、 果ては疾病の発生まで、暮らし・生活の全般に悪影響を及ぼす可能性が有ります。
漢方医学に曰く、医食同源と言います。 つまり食事は医療と一体のものであり、 この場合の医療とは健康と置き換えて理解出来るものと思われます。
しかるにその食思が不振化すると言う事態は、健康管理上は非常に重大な問題とも考えられ、 事態の改善を検討すべきと思われます。
そうした食思の不振に、にんにく注射の主な内容であるビタミンB1の不足が、 有意に関連するという事実は、いかにビタミンB1が人体に重要な栄養素かを示しているとも思われます。
本項ではにんにく注射の主な内容であるビタミンB1の体内における低下と、 食思不振の発生の関連に関して、 またにんにく注射の投与によるビタミン B1欠乏性の食思不振の改善等に関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【食思不振とその調節】
食欲=食思とは自然に発生する食物の摂取に対する「欲望」であり、 生命維持に関わる重要な本能的欲求の一つです。 基本的には空腹になると食物摂取への欲求が亢進し、 摂食終了とともにこの欲求が消失するという一連のリズムを反復する事で食事と栄養摂取が調整されています。
それではその食思という「欲望」自体はどのように人体の中で調整されているのでしょうか? この「欲望」は中枢神経としては2つの中枢によって調整されていると言えます。 中枢の一つは視床下部の腹内側核で、 こちらは満腹を感知する満腹中枢になります。
そしてもう一つの中枢は視床下部の外側下部になり、 こちらは摂食を促進する摂食中枢になります。
つまり視床下部の腹内側核が刺激されると食思は不振化し、 視床下部の外側下部が刺激されると亢進するという作用機序です。
この二つの中枢で人間の食思は神経学的にコントロールされています。
このコントロール発動の要因としては、 血液中の糖分である血糖、もしくは消化管特に胃の収縮運動や拡張など、 様々な要因が関連しており、 そうした要因の中にはグレリンなどの消化管ペプチドや、 にんにく注射の主成分であるビタミンB1などの補酵素も内包されています。


【食思不振の原因】
こうした食思不振の原因は大きくは、 消化器的要因と非消化器的要因に分かれます。 消化器とは食道・胃・小腸・大腸に代表される食物の通り道であり、 食物の消化・吸収の領域の事になります。
食思の消化器的要因としては消化管である胃や小腸・大腸の機械的閉塞・通過障害、 また粘膜の病変、うっ血、運動障害などが代表的と言えます。
一方、食思不振の非消化器的要因としては、 脳圧亢進状態によるもの、低酸素血症によるもの、食思不振物質の産生によるもの、 ホルモン異常によるもの、代謝異常に伴うもの、腎機能障害によるものなどが代表的と言えます。 このように食思不振につながる要因は無数に有ります。
ビタミンB1は糖質の代謝に欠かせない代謝関連物質なので、 ビタミンB1欠乏に伴う、食思不振は非消化器的要因の中の代謝異常に伴うものに所属すると考えられます。


【ビタミンB1欠乏による食思不振とにんにく注射】
にんにく注射の主な内容であるビタミンB1の体内での欠乏が、 食思不振につながる事がおわかり頂けたと思われます。
それではどのくらい体内からビタミンB1が欠乏したら食思不振は発生するのでしょうか? ビタミンB1の体内における貯蔵量はおおよそ30㎎程度と報告されています。
身体の活動量や糖質の摂取量に応じて、ビタミンB1の消費スピードは可変的と言えますが、 基本的にビタミンB1をまったく摂取しない状態で18日間を経過すると、 ビタミンB1の血中濃度が40ng/ml未満になってしまい、 食思不振、全身倦怠感、体重減少、易興奮性、集中力欠如、頭痛、不眠等の症状を、 引き起こすとされています。
このように大事なビタミンB1ですが、実はビタミンB1は摂取が比較的難しい栄養素と言えます。 実は加熱によってビタミンB1は壊れやすいのですが、 ビタミンB1を含んでいる食物はウナギやレバーなど加熱を前提にしたものが多く、 その内包されたビタミンB1の殆どが調理における加熱によって失われてしまうとされています。 つまり食品表示におけるビタミンB1の全てが肉体に吸収される訳では無いのです。
それではそんな吸収が難しい栄養素を忙しい日常の中でどのように摂取すれば良いのでしょうか?
当、新宿ライフクリニックが提案させていただきたいのは「にんにく注射」です。 にんにく注射は食物摂取と違い、調理上のロスや消化吸収上のロスは無く、 にんにく注射の表示通りのビタミンB1が血液中に安全かつスピーディに投与出来ます。
当院のにんにく注射は業界でも指折の良心価格で提供させていただいておりますが、 そのにんにく注射を投与するのは看護師さんでも研修医でもなく、 当院の場合、なんと内科専門医がにんにく注射の投与を行います。
つまり当院のにんにく注射は高度な経済性と安全性を両立させているにんにく注射と言えます。
ビタミンB1欠乏に伴う食思不振にお悩みの方、 ぜひ新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試し下さい。
当院では早く、安全に、良心価格で、にんにく注射を投与させていただきます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠