生活改善薬という立場から見るED治療薬



生活改善薬とQOL


【生活改善薬とは】
生活改善薬とは、何を指しているのかと申しますと、例えばですが、脳の活性を上げる、 体重減少を促す、禁煙補助、勃起不全改善、 抜け毛、アンチエイジングなどを目的としたものです(実際に効果があるかは別です)。 女性の低用量ピルやモーニングアフターピルも含まれます。
正確な定義は難しいのですが、治療しなくとも生死に関わるものではなく、一般の医療機関で病気が診断されなくとも (もちろん診断される場合もあります)、より良い生活の質(QOL)の向上を目指したものとお考えください。

医師の手による処方が必要な処方箋医薬品もあり、一般薬局で購入可能なものも含まれます。
本邦の規定では医療保険給付の対象外とされており、ED治療薬、AGA治療薬も、これに含まれます。

生活改善薬の市場は、2007年の時点で、200~290億ドルと見積もらています。
1990年代から、様々なメーカーが、多く投資を行った結果とも言えますが、実際に、市場として、経済活動として、 重要な規模にまで成長しています。

生活改善薬には、4パターンが考えられます。

  • 1.特異的な効能で承認されているもの
  • 2.適応外使用とするもの
  • 3.以前より習慣的に使用されているもの
  • 4.自然食品

です。
男性機能に絞って例をあげると、
1.は、バイアグラなどのED治療薬になります。
2.は、早漏症治療薬として、本来はうつ病治療薬であるパキシル使用した場合です。
3.は、あまり見当たらないですね。
4.は、冬虫夏草やマカなどが当てはまるでしょう。マムシとかスッポンエキスなども、 そうだと思います。

この生活改善薬と言う定義に関しては、フルオキセチン(プロザック®)、シルデナフィル(バイアグラ®)が市販されたことにより、 様々に議論されてきました。

フルオキセチンは選択的セロトニン再吸収阻害剤に分類されますが、 これを例に挙げると、精神疾患の診断基準を満たさない人々が、主に使用していました。
パキシルは、フルオキセチンと同様に選択的セロトニン再吸収阻害剤に分類されますが、 通常は、うつ病の治療薬であり、生活改善薬とは認識されません。 しかし、社会不安障害治療として使用された場合、生活改善薬として扱われる場合もございます。
社会不安障害は明確に定義されていますが、その他の不安障害と密接に関係し、就業不能となる場合もございますが、 うつ病や統合失調症と同様な精神疾患とみなさないむきもございます。

生活改善薬には、二つの定義があるかもしれません。
一つは、医学的な疾患定義と、社会的な病気の定義の狭間にあるような状態に使用される薬剤。
もう一つは、個人のライフスタイルが引き起こす健康問題に対して使用する薬剤です。
しかし、これらも十分ではありません。

これらの薬剤は、個人が幸せを得たいと思う気持ちから使用すもので、 ”真”の疾患に対する症状を改善したいと思っているわけではありません。
このことは、何をもって”病気”とするかの問題につながってきます。

イギリスの興味深い例をあげます。
およそ20年前は、統合失調症やアルコール依存症、うつ病を、”病気”であると思うか?との問いに対し、 ”病気”だと答えた方は、半数以下でした。
現在では、これらは”病気”であるとの認識が広まっております。
これもまたイギリスですが、”病気”でないと考えるものはなにか?との問いに対し、加齢、仕事の疲労、倦怠感、 眼の下のたるみ、無知、抜け毛などが挙げられています。
不幸せであることは14位、孤独は20位にランクインしているとのことです。
多くの方が、これは感情であり”病気”ではないと認識していますが、このような感情が疾患を誘発することもあり得ます。 うつ病も不幸です。
治療対象となりますが、どの程度の不幸をもって病気として治療すべきでしょうか?

何を申したいかというと、”病気”等概念は時代により変化することです。
バイアグラ、レビトラシアリスなどのED治療薬も、生活改善薬ともいえます。
パートナーとの関係を維持するのに必要な場合もあれば、単純に快楽を求めて使用する場合もあるかもしれません。
また、男性不妊の治療薬として男性に処方される場合も多々ございます。
現在、本邦では厚生労働省は、ED治療薬の保険適応を認めていません。
国としての判断が、ED治療薬は、生活改善薬であり、生死にかかわるものでないと判断しているからと思われます。
ただこのことも、時代が変わるとともに、変わってゆく可能性もございます。 国としては、出産率を増加させたいわけですから。
国民が、どのように考えているかによって、保険適応医薬品に変更されるかもしれません。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠