「シアリスに満足してますか?シアリスはユーザー満足感が高いED治療薬です。」

シアリスはユーザー満足度が高い

シアリスを一度利用した方は、そのまま使い続ける事を希望する傾向があります。


【シアリスに満足を感じる長所】


【シアリスに不満足を感じる短所】



シアリスは長い作用時間が特徴のED治療薬です。 それは最長で1日半も続きますが、 最初にお断わりしておくと、これは 「立ちっぱなし」 のお時間では無く、 「適切な性的興奮・刺激に応じて、勃起を手助けするお時間」 になりますので、 ご安心下さい。


この薬は米国イーライリリー社が開発し、 日本では日本新薬株式会社がライセンス販売している、 厚生労働省認可の勃起改善薬です。 お医者さんが処方する製剤になります。


本剤はインターネットの質問票を利用し、男性540名を対象にした医学調査では、 なんと、バイアグラ・レビトラよりも 『総合的満足感』 ・ 『服用継続希望』 の2項目にて優れていたと報告されています。


その一方で、この調査では本剤が一番知名度が低いという結果も出てます。 ユーザーを引きつける魅力があり、継続したいと思わせる製剤、 でも一番知られていない・・・。 不思議なお薬です。


そんな本剤に関して、 日本性機能学会専門医が主宰する新宿ライフクリニックから、 皆様のED治療薬選択の一助となるよう、 本剤の 『満足を感じる長所』 、 ならびに、 本剤の 『不満足を感じる短所』 に関して纏めてあります。 どうぞご参考にされて下さい。


<当ページの項目リスト>

【シアリスに満足を感じる長所】

     
  1. 〈自然な効き心地〉
  2. 〈一泊二日にも対応可能〉
  3. 〈相手に気づかれにくい〉
  4. 〈子作りにも対応しやすい〉
  5. 〈緊張しがちな人にも好適〉

【シアリスに不満足を感じる短所】

     
  1. 〈効き始めが遅いと感じる時がある〉
  2. 〈効果が弱めに感じる事がある〉
  3. 〈半分に割りにくい〉
  4. 〈薬効が長すぎる〉

●【シアリスに満足を感じる 「長所」 】

この製剤は使用したユーザーを引きつける機能性にあふれたものです。 使われる方の体質や生活スタイルに合致する場合は、とても頼もしい味方になり、 今後も使用を継続したくなる事でしょう。


こちらでは当院にて患者様からお伺いした、そうした満足度の理由 『長所』 に関して、 説明を添えて記載させて頂いております。 


1.〈自然な効き心地〉


「シアリスは自然な効き心地がするので好き。」


本剤はゆっくり長く作用するので、 『自然』 な形で効果を感じやすいという特徴が有ります。


本来、セックスに入るタイミングは、自然な心の導きによって決めたいものです。 でも、効果時間が短い薬の場合は、そうは行かない時も有ります。 効果が切れる前に、せき立てられるように 『不自然』 な流れでセックスに入らざるを得ない、 そんな事もあるかと思われます。


一方、この薬の場合は、その長い効果時間から 「時間に追い立てられる事なく、自然なタイミングで性行為に入れた」 「服薬した事を忘れて行動できた」 というご意見を頂く事が多いです。


そして薬効が一日半有るせいか、人によっては久しく無かった 『朝立ち』 (正式には夜間勃起現象と言います)が見られて思わず嬉しかった!  という声をお伺いする事もあります。
  こんな所も本剤の 『自然』 効き心地に含まれるのでしょう。


2.〈一泊二日にも対応可能〉


「旅行の時はシアリスがベストです。」


一日半レベルの長い作用時間があるのは、現状では本剤だけになりますが、 これは一泊二日の旅行を丸々カバーする長さです。


旅行に勃起改善薬を持ってくのはおっくうかも知れませんね。
また旅先では、気兼ねなくお食事を楽しみたいものです。


その点、この薬の場合は、出発する直前に飲んでおけば一日半カバーしてくれるので、 旅行に持って行く必要は無いですし、飲む時に空腹で有れば、 服薬2時間以降の食事は気兼ねなく楽しむ事ができます。


当院の患者さんの中には 「旅行中はシアリスにして、それ以外の時はバイアグラにしている」 と状況に応じて使い分けをされている方もいます。
また単身赴任先から一時帰宅する時に、本剤を使用すると言うご意見も頂きました。


3.〈相手に気づかれにくい〉


「シアリスは、使用している事実が相手にバレにくいので良かった。」


時にこうした意見を頂きます。


日本性機能学会専門医としては少し複雑ですが、ED治療薬の服用の事実は、 ほとんどの方はパートナーには伝えたくないと考えているようです。


しかし、本剤以外のものは全て短期薬効になるので、 どうしてもパートナーの方に会ってから、タイミングを見て服薬する事にならざるを得ません。


実際に勃起改善薬を使用してみると、相手に分らないように、 水とコップを用意して、薬を取り出して、 服薬するのは意外に難しいものです。 デートのように、ずっと一緒にいる状況なら、なおさらです。


その点、本剤の場合はデートに向けて出発する際に服薬を済ませておけば、 その晩はおろか、翌日までも悠々と効果を発揮します。


こうした、相手に服用の事実を悟られにくいのも、 この薬のリピーターを増やしている理由の一つのようです。


4.〈子作りにも対応しやすい〉


「シアリスは、子作り時に便利でした。」


以前に本剤を利用している再診患者さんにとても感謝された事が有ります。


その方は、勃起不全が原因の一つとなって、中々子作りが進まなかったのですが、 ご本人が本剤を利用しながら、何とか妊娠・出産に至ったというお話しでした。
ちなみに女性側は本剤などの勃起改善薬を絶対に使用してはいけません


子作りの場合、排卵日に合わせてセックスをする事が多くなりますが、 女性の排卵日は、不安定な場合があり、中々計算通りのタイミングにならない事があります。 つまり短期薬効製剤の場合は飲んだとしても、時に無駄に終わってしまう場合もあるのです。


その点、本剤は待機時間の長さから、一日程度の排卵日のズレならば、 薬効の持続時間の長さでカバーできます。


もちろん、不妊症はED以外にも無数の原因が有りますので、 一概には言えないですが、 排卵日のタイミングが不安定な状況における、 男性側のEDには、本剤が使いやすい事は事実で、 これも、この薬の有用性の一つと言っていいかと思われます。


5.〈緊張しがちな人にも好適〉


「シアリスは、あまり緊張せずに使えました。」


緊張はEDの原因の一つであり、また増悪因子の一つでも有ります。


この緊張を悪化させるものは、様々なものがあると思われますが、 セックスの直前で、準備する事柄が色々と多い状況は、緊張をさらに強めてしまう可能生が有ります。


本剤以外の短期薬効の製剤は、まさにこの 『直前の準備』 になるらしく、 性行為前の緊張が強い人には、向いていない側面もあります。


一方、本剤ならば時間的な余裕を持って準備できるので、 少なくとも緊張感を盛り上げる要因にはならないようです。


「緊張しないように、夜のデートに備えて、朝に飲んでおく」 というご意見も頂きました。 こうしたケースも本剤との相性が良いという事なのだと思われます。



●【シアリスに不満足を感じる 「短所」 】

この薬は上記したように良い特色が多く、一度使用したユーザーを引き離さない魅力があります。
しかし本剤に短所を感じる人も、もちろん居ます。


こちらでは当院にて患者様からお伺した、そうした 『短所』 、不満足に至る理由に関して、 御紹介させて頂いております。 


1.〈効き始めが遅いと感じる時がある〉


「シアリスは効きが遅いので不便だ。」


本剤はカタログデータ上は、1時間で薬効を示すとありますが、 人によっては 「1時間では効いてこない。」 というご意見をお伺する事が少なからず御座います。
それを踏まえて当院の外来では服薬指導上、 「空腹時に服薬して2時間は待って欲しい」 と説明させて頂いております。


この効きの遅さは本剤の大きな欠点の一つで、 それが故に他のED治療薬を選択する方も居るくらいです。 本剤は 『突発的に発生した性行為のタイミングでは使いにくい』 、 と認識して頂いた方が宜しいと思われます。


しかし上記したように 『長所』 の多い薬でもありますので。 シチュエーションに応じて使い分けをされるのも、 『有り』 かと思われます。 実際に、突発的に発生するタイミングにはバイアグラやレビトラを、 それ以外の状況では本剤を、と言う形で使い分けをされている方も居ます。


使い分けをする際の大事なポイントとして、 これら勃起改善薬は、同じ24時間中に使えるのは、 一回一錠一種類だけになりますので、 他の製剤を使うのは、必ず24時間経過してからにしましょう。


2.〈効果が弱めに感じる事がある〉


「シアリスは弱いから使いたくない。」


こうした意見も時に頂きます。 本剤は実際に用法用量通りにキチンと使われて、 その上で薬効が弱く感じられる場合があるようです。


これも本剤の短所の一つと思われ、 こうした際には、バイアグラやレビトラをお勧めする事が多いですが、 中には誤解もあります


当院では本剤の服用タイミングは、 「前の食事から4時間以上空いている空腹状態で」 、 と説明しておりますが、 一方この薬のマニュアルには 「食事の影響を受けにくい」 と記載されています。


ここで誤解があるのは 「食事の影響を受けにくい」 のであって、 「受けない」 と言うわけでない事です。 いかな本剤であっても脂肪分が高い食事の影響は受けてしまいます。


本剤の薬効が 「弱かった」 と感じられる方の中には、高脂肪の食事の直後であった、 または服薬直後に性行為に入ってしまった (薬効が出てくるまで、2時間待たなかった) 、 と言う方が少なからず含まれています。


本剤の効果があまり感じられない時は、まずは、 前の食事から4時間以上経過した空腹時に服薬する事、 また服薬して性行為に入るまで2時間は置く事、 以上を守りつつ、再度試してみて下さい。 これで薬効がしっかりと出る場合も少なくありません。


3.〈半分に割りにくい〉


「シアリスは半分に割りにくいから使わない。」


こうした意見をお伺する事が有ります。 これも、この製剤が 『自分にフィットしない』 と判断される一因となっているようです。


この製剤は半分に切りにくい理由があって、 形状が、いわば 『涙滴型』 もしくは 『松の実型』 をしていて、 横向きに切ると、大小二つのピースになってしまいますし、 縦向きに切るには、結構な技術力が要求されます。


主にコスト面がその理由になりますが、 実は本剤だけで無く、 勃起改善薬を自分で半分にカットして使用するユーザーは割と居ます。


しかし、一部の製剤を除いて、殆どの勃起改善薬は分割使用が推奨されておらず、 薬効を不安定にしてしまうリスクが有ります。 この薬も同様で、元々分割を想定されていない製剤です (ゆえに、こうした形状なのでしょう) 。


本剤は低用量の製剤も有ります。 安定した薬効の為にも、 分割はせず、一錠単位で使用しましょう。


4.〈薬効が長すぎる〉


「シアリスは薬効が長すぎて怖い。」


本剤は効果の待機時間の長さが売りの勃起改善薬のはずですが、 特にEDの初診外来において 「そんなに長い効果は要らない」  と製剤説明の最初に本剤が拒否される事が有ります。


つまり、本剤の最大の特徴がデメリットとして認識される事があるのです。 日本性機能学会専門医になる前、EDの外来を始めたばかりの頃は、 これがとても不思議でした。


この10年以上、降圧薬でも、抗糖尿病薬でも、抗生物質でも、医師が処方する薬剤は、 どんどん薬効持続時間が長いものがリリースされていき、 患者さんも 「飲む手間が減った」 と喜ばれる事が多いです。 (じつは、わたくしは内科専門医・糖尿病専門医でも有ります) 。


なのになぜ、勃起改善薬だけ薬効の長いものを激しく拒否する方がいるのだろう?
しかし有る時、その原因に気がつき、説明方法を以下のように変えました。 「本剤は1日半ほど効果がありますが、これは勃起しっぱなしという訳ではありません


すると驚く事に、本剤の処方を希望する方が段々と増えて来たのです。 これは 『勃起改善薬は飲んだらずーっと勃起しっぱなし』 そうした誤解が根底にあったのですね。
たしかに一日半勃起しっぱなしは本当に困ります。


勃起改善薬はこれはいずれもそうですが、ナチュラルな性的興奮や刺激に応じて勃起を手助けする薬です。 性欲も無いのに無理矢理に勃起させるモノでは有りません。 つまり、性的興奮や刺激が無いのに作用するものでは無いのです。 一日半効いてても大丈夫です。立ちっぱなしにはなりません。



【最後に】

最後まで、お読み頂き有難う御座いました!


シアリスが満足感が高いという統計的事実と、 実際に患者さんからお伺いした、 その満足のポイントに関して、 これから本剤を使用する事を検討されている方に向けて記載させて頂きました。


しかし良い所だけ書いても参考にならないのでは無いか?と思い至り、 実際に患者さんからお伺した不満足なポイントに関しても記載させて頂きました。


皆さんがED外来の受診をされる時に判断の一助となってくれれば、 日本性機能学会専門医として幸いです。


(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)
※シアリス処方については詳しくはこちら
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら