「バイアグラを使えない病気、バイアグラと併用できない薬」

バイアグラを服薬できない病気、また一緒に使えない薬剤があります。

バイアグラを利用できない疾患、そして一緒に使えない製剤が有ります。


バイアグラは、もっとも有名な勃起改善薬で、 セックスの際にED(勃起不全)を改善させます。 ただ、この薬剤は誰もが服薬できる訳ではありません。 中には使用する事で、健康面に悪影響を及ぼす人も居ます。


それを規程するのは、 『お持ちの病気』 と 『使用している薬剤』 です。


逆に言えば、これらが全く無い 『健康な人』 は、用法用量を守って使う上では、 このクスリの安全度はかなり高いと思われます。


このクスリは、お医者さんの診断の元に服薬の可否や、 処方量などが決定される、処方箋医薬品 (しょほうせんいやくひん) になりますが、


処方の際に、医師が最も注意して確認しているのが、 この二つなのです。


このページでは、どのような病気があると、この製剤を服用できない、 もしくはし難いのか?


また、どのような薬剤を使用していると、この製剤を服用できない、 もしくはし難いのか?


それぞれに関してまとめております。


また、本ページを閲覧されている方は、前提として 「本当にこのクスリを使っても大丈夫なの?」 という 『不安感』 があるのではないかと思われます。


皆様のこの 『不安感』 を和らげる目的で、 本剤の 『副作用』 ・ 『体質への影響』 ・
『作用の仕方』 を 三項目目にまとめました。


宜しければ、外来受診時の参考にされて下さい。


<当ページのもくじ>

  1. 【バイアグラを使えない、もしくは使い難い病気】
  2. 【バイアグラと併用できない、もしくはし難い薬剤】
  3. 【バイアグラの副作用・体質への影響・作用の仕方】

1.【バイアグラを使えない、もしくは使い難い病気】

本剤を服用してはいけない、もしくは服薬し難くなる疾患があります。
服用してはいけないものは 『使用禁忌』 、し難くなるものは 『慎重投与』 に分類されます。



疾病の 『使用禁忌』
この分類は 『この病態には、このくすりを絶対に使ってはいけない』 というもので、間違って使用した場合、 生命や健康に重大な悪影響が出る可能性が有ります。 くれぐれもご注意下さい。


こちらは具体的なリストです。


《バイアグラの 『使用禁忌』 の病態》

  • ・この製剤に対して薬剤性アレルギーがある
  • ・心臓の血管に問題がある (心筋梗塞や狭心症など)
  • ・重い肝臓の障害がある (肝硬変など)
  • ・あるレベル以上の低血圧がある
  • ・治療管理されていない、あるレベル以上の高血圧がある
  • ・6ヶ月以内に発症した脳こうそく・脳出血・心筋こうそくのいずれかがある
  • ・網膜色素変性症 (もうまくしきそへんせいしょう) がある

以上が代表的です。 これらに該当する方は、この製剤を絶対に使う事は出来ません
ちなみに網膜色素変性症という疾患は、聞き慣れないと思われますが、 これは遺伝性かつ進行性の視力が低下する疾患になります。



疾病の 『慎重投与』
この分類は 『この病態にはこのくすりは慎重に投与する必要がある』 という意味になり、これは上記の使用禁忌と違い、 本剤を絶対に使えないという訳では無く、 専門家がきちんと判断した上で、様子を見ながら使用できる事も多いです。


こちらは具体的なリストです。


《バイアグラの 『慎重投与』 の病態》

  • ・ペニス構造に勃起上の問題がある (ペイロニー病など)
  • ・持続勃起症の素因になる疾患がある (白血病など血液の病態が中心)
  • ・血小板などを原因とした出血性疾患がある (血小板減少性紫斑病など)
  • ・消化性潰瘍がある (未治療の胃潰瘍・十二指腸潰瘍など)
  • ・重度の腎臓の障害がある
  • ・中程度から軽度の肝臓の機能障害がある
  • ・多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)がある、などなど・・・

以上は本剤の慎重投与に該当する疾患の一部です。 この併用注意の疾患は、他にもたくさん有りますが、 全てを記載すると膨大なリストになってしまうので、 ごく代表的なものだけを記載しました。


ちなみに多系統萎縮症とは、聞き慣れない疾病だと思われますが、 自律神経機能障害を特徴とした疾患で、 脳内部の局所に多発性の萎縮を来す疾患です。


またぺイロニー病も、聞きなれないと思われますが、 これは小さなこぶや板状の硬結がペニスに出来て、 勃起時に痛みや屈曲を示すものです。 一般に東洋人より白人に多いとされています。


このように多種様々な健康上の問題が、実は本剤を利用し難くさせてしまいます。


ご本人の状態から、本剤が利用可能か判断するのは、 上記のように多岐にわたる情報を整理する必要があるので、 専門家以外には難しいです。


勃起不全以外の疾病をお持ちの方は、本剤が利用できるか、 日本性機能学会専門医などのプロフェッショナルに確認してもらう必要が有ります。


2.【バイアグラと併用できない、もしくはし難い薬剤】

本剤には一緒に用いる事のできない、もしくはし辛いお薬が有ります。

 

皆さんはお薬同士の飲み合わせに関して考えた事は有りますでしょうか?
実は、お医者さんが出すお薬には 『相性の悪い取り合わせ』 が有り、 取り合わせによっては、生命や健康に悪影響を及ぼす場合が有ります。


そして、それはED治療薬も一緒なのです。


この相性の悪い組み合わせにも 『併用禁忌』 ならびに 『併用注意』 と2つの分類が有ります。



薬の 『併用禁忌』
この分類は 『絶対に一緒に用いる事のできない』 という取り合わせであり、 間違って併用した場合、生命や健康に重大な悪影響が出る可能性があります。


こちらは具体的なリストです。


《バイアグラの 『併用禁忌』 のクスリ》

  • ・硝酸剤/一酸化窒素供与薬など 『ニトロ系』 (主に狭心症・心筋梗塞に使用されます)
  • ・塩酸アミオダロン (主に心室細動や心室頻拍などの重症不整脈に使用されます)
  • ・可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤 (主に肺動脈性肺高血圧症に使用されます)

以上が代表的な本剤の併用禁忌のクスリです。 これらの併用禁忌薬剤は、頓用にしても常用にしても、 処方されている、もしくは使用する予定がある、 あるいは非常時にこれらを使用する可能性がある方は、 このくすりを絶対に使う事はできません


硝酸剤/一酸化窒素供与薬など、一般に 『ニトロ系』 と呼ばれるものは、 主に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患に使用される薬剤です。 飲み薬や貼付薬、舌下錠など様々な剤型が有り、 また商標名も数多く有ります。 心血管疾患を指摘されていて、その上で 「心臓の血管を開くクスリ」 「胸が痛い時に使用するクスリ」 などと説明されている場合は、 恐らくこの硝酸剤/一酸化窒素供与薬の事だと思われます。
くれぐれもご注意くださいませ。


また塩酸アミオダロンとは、不整脈に対して処方される薬剤で、 主に、他剤無効の心室不整脈、および肥大型心筋症に伴う心房細動などが適応になります。


また可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤とは、 主に、肺動脈性肺高血圧症という特殊な病態に処方される薬剤です。



薬の 『併用注意』
この分類は 『一緒に用いづらい』 という取り合わせで、これは上記の併用禁忌と違って、 絶対に一緒に用いる事ができない訳では無く、 専門家の判断の上で慎重に経過を見ながら、併用する事ができるものも多いです。


こちらは具体的なリストです。


《バイアグラの 『併用注意』 のクスリ》

  • ・他の勃起改善薬、あるいは同じ主成分のもの (レビトラ・シアリス・レバチオ・シルデナフィルなど)
  • ・高血圧や前立腺肥大などに処方されるα遮断剤 (あるふぁしゃだんやく)
  • ・アムロジピン等の降圧薬 (主に高血圧に使用されます)
  • ・HIV治療に運用される一部の抗ウィルス薬
  • ・強心薬として用いられるカルペリチド (主に心不全に使用されます)
  • ・抗生物質のエリスロマイシン
  • ・一部の抗真菌薬 (真菌とはカビの事です)
  • ・抗結核薬のリファンピシン、などなど...

以上は本剤の併用注意に該当するクスリの一部です。 他にも様々な種類の薬品が該当します。 上記は代表的なものを主体に記載させていただきました。


ちなみに勃起改善薬どうしは、この分類になりますが、 基本的に同じ24時間以内での併用でなければ問題はないかと存じます。 原則、ED治療薬は24時間に1回、1種類までしか使用できません。


おなじ併用注意というカテゴリーのものであったとしても、 薬品によっても注意する点が変わってきますので、 その運用にはその都度、専門的判断を必要とします。



以上、
『バイアグラを使えない病気、バイアグラと併用できない薬』
について2項目にまたがり、解説させていただきました。


本剤の利用を検討されている方で、 なんらかの疾病がある方、またはそれに対する処方のある方は、 その安全な運用のためにも、 お薬手帳や、検査データなど状況を把握できるものをお持ちになった上で、 必ず専門医に相談されるようお願い申し上げます。


決して、ご友人に頂いたり、通信販売で購入したりされませんようお願いいたします。 特に通信販売における勃起改善薬は偽造品が多く、思いも寄らない健康被害が発生する可能生が有ります。


3.【バイアグラの副作用・体質への影響・作用の仕方】

本剤を利用できない病態や、併用できない薬に関して調べている方は、 その潜在的な意図を考えますと、 実際的な疾病や薬剤の説明を求める気持ち以外にも、 本剤の使用自体に対する 『不安感』 があると思われます。


それは、ごく自然な事です。
・どんな副作用があるか?
・体質へのどんな影響があるか?
・どういった理屈で作用するか?
いずれも分からないお薬を使用する時は、誰しも不安な気持ちになります。


そこで、こちらではこれらの解説を致します。


ちなみに日本性機能学会専門医として申し上げますが、 このクスリを使用すると危険な状態、 これは上記したように、 おおよそ疾病などの身体の状態や、 服薬内容によって規程されますが、


これらが無い 『健康な人』 もしくは、 これらがきちんと専門医によって除外されている人で、
用法用量を守って、本剤をご利用になる上では、 このおくすりはさほど危険なモノでは有りません
( ※別項にて、このくすりの危険性に関してもまとめてありますので、宜しければこちらもご参照下さいませ。 →バイアグラの危険性とは



本剤の副作用

この製剤の代表的な副作用は、害の少ないものが主体です。 そして、これらは薬効が過ぎ去れば一緒に消えていきます。


《バイアグラの代表的な副作用》

  • ・ほてり感 (ほほが熱くなる感じ)
  • ・かるい頭痛
  • ・消化不良 (胃もたれ感)
  • ・動悸
  • ・鼻づまり感・・・などなど

副作用として報告されているものは、大小合わせると無数にありますので、 その代表的なものを記載しております。


飲む人が全員必ず、こうした副作用を感じる訳ではありません。 これらはそのカテゴリーに応じて、その発生頻度が変わって来ますが、 多いモノで 『ほてり感』 が15%前後ぐらいなので、 ほとんどの状況において感じないものです。 ただし、副作用は体調によっても出やすくなる事も有りますので、ご注意ください。



体質への影響

バイアグラの服薬前の皆さんの危惧の中には、
「この薬を使って、体質が変わったらどうしよう?」
というものも有ります。


《患者さんの代表的な体質に関する危惧》

  • 1. 薬物依存症になったらどうしよう?
  • 2. 使う事で自分の性機能が落ちたらどうしよう?
  • 3. 心臓の機能が落ちたらどうしよう?
  • 4. 使っていくウチに段々効かなくなってきたらどうしよう?

以上が外来でも代表的にお伺するものです。
これに順番にお答えしますと、


1. 癖になる事、つまり 『薬物依存性』 に関してですが、 販売前調査でも、1999年からの販売以降も、 こうした危険性は指摘されていません。ご安心ください。 なぜか本剤には睡眠導入剤のイメージが被るようで、この質問を頂く事が多いです。


2. ご本人の性機能に関しては、この薬剤を使う事で落ちる事はありません。 ただし、このくすりに関係無く、年齢が上がっていったりと、 EDのリスクファクターが強まる事で、それに応じた性機能の低下は今後も有り得ます。


3. 本剤自体が心臓の機能を下げたり、不整脈を引き起こしたりする事は有りません。 ただし上記させて頂きましたが、 元々、心臓にお病気のある方の場合は、このくすりを使用できない事が多いので、 事前に服用の可否を専門医に必ずご確認ください。


4. 段々効かなくなる、つまり 『耐性』 などに関しても、 販売前また販売後調査にて指摘されていません。 ただし経年的にED自体が増悪している場合、 相対的にくすりの効果が弱まったと感じる事もあるかと存じます。


このように、この薬を使用する事で体質自体が変わる事はほとんど有りません。ご安心下さい。



作用の仕方

どのように作用するか分らないクスリは、やはり怖い気持ちになるものです。
因みに、この薬の作用は、非常にシンプルです。 元々、人の体に備わっている血管拡張物質の働きを良くする作用が主体です。


もう少し詳しく解説すると、このクスリはペニスの海綿体に多く分布するとされる 『PDE5』 という酵素の邪魔をする事で、 最終的に血管拡張物質の一酸化窒素(NO)の働きを良くするという作用です。 つまり本剤は性欲を操作するような危険なモノでは無いですし、また人の体質を変化させてしまうような、 大仰なものでも有りません。ご安心くださいませ。



如何でしょうか?
本剤の 『副作用』 ・ 『体質への影響』 ・ 『作用の仕方』 を説明させて頂きましたが、 皆様の 『不安感』 は薄れましたでしょうか?
ご自身が抱いている疑問が解消されれば、されるほど このくすりに対する 『不安感』 はより薄れて行くかと存じます。
皆様、専門医にどんどん疑問をぶつけて下さいませ。


(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)
※バイアグラ処方については詳しくはこちら
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら