早発射精は女性の不満を誘発する可能性が有ります。



早漏と女性の満足度

新宿で正規流通のバイアグラジェネリックを!新宿ライフクリニック!


【早漏と女性の満足度】
早漏の状態が女性の満足度に悪影響を与え、 そうした満足度の低下が恋愛関係の維持にもネガティブな影響を与える可能性があるという報告が有ります。
性的なものが影響する女性の満足度とは、一体どういったものなのでしょうか?
女性は男性に比較すると非常に心情的に性をとらえる傾向があるとも思われ、 そうした意味合いにおいては女性の性的なものが影響する満足度とは「性的なもの」という一見、 質的なカテゴリーに内包されながらも、 その実、愛情や優しさなどある意味「気持ち」から、 そうした満足度が受ける影響は大きい様に思われます。
またその愛情や優しさなどはベッド上だけで表出され感じられるものではないので、 日常におけるそうした情動の表現などベッド外での交感もまた、 女性の性的なものが影響する満足度に影響を与える可能性が高いと思われます。
ただいくら女性は心情的であると言っても、質的なものも満足度に影響する事は間違いなく、 言い換えるならば女性においては満足度への質的な影響のサイズが心情的なものによって大きなったり、 小さくなったりするのではないかと思われます。
この場合の満足度への質的な影響とは、ベッドテクニックなどのいわば手技的なクオリティと、 射精のタイミングなどです。
今回のテーマが早漏と女性の満足度に関してのものになるので、まま誤解を受けがちですが、 この射精のタイミングと言うのは遅ければ良いというものでもありません。
一例を挙げれば、性交疼痛症の傾向がある女性にとって射精のタイミングがあまりにも遅い場合は、 性交による疼痛を受ける時間が長くなるので、望ましくないとも言えます。
つまり早漏、遅漏とわず、射精のタイミングの適切か不適切かは、 パートナーと自分のニーズによって大きく変化すると思われます。 ただ今回、ご紹介する報告においては、 早漏によって満足感が低下したと感じる女性が少なからずいると述べています。
本項では早漏の定義に関して、また早漏と女性の満足度に関する報告、 早漏の予防と女性の満足度の保全に関しての考察を記載しております。


【早漏の定義とは】
早漏の定義とタイトルしましたが、ここのテーマとしては本疾患には、 明確な定義が立てにくいという話が主体です。
各国際学会で膣内挿入から射精までの時間を規定する、 すなわち早漏を数値的に定義しようとしているムードが現在ありますが、 これがなかなか一般へ浸透していない状況は、現在の射精障害の実情の一つです。
それは、上記したように射精の適切なタイミングはパートナー同士のニーズや状態、 またもっと言えば、体の疲れや精神的余裕など数多くの因子に影響されてしまうので、 それを規定する事自体が前提として難しいからではないかと思われます。
ある方が射精までの時間が早い、つまりこうした学会の数値的定義に合致した「早漏」だとしても、 特にその状況に問題が無い方、もしくは問題を感じない方も、 いっしょくたにこの性機能障害にカテゴリーされてしまうのも問題があるように感じます。
例えば膣内挿入から射精までが非常に短い人、 つまり感覚的に早漏であるという状態の人がいたとしても、 二回目の射精が可能で、二回目の射精までの時間が長く確保できる人は、 性交上、長くセックスをしたいパートナーのニーズを満たす、すなわち満足度を上げていると言えます。
しかし数値的な定義が一般化したとしたら、この方はパートナーのニーズを満たしているにも関わらず、 早漏という診断に該当してしまいます。
一方で早漏ではないにしても、射精までの時間が長すぎて、 途中で中折れしてしまう方はパートナーの満足度を満たしているとは言えないかも知れません。
このように早漏かそうでないかは、パートナーシップという視点で判断されるべきテーマとも思われます。 ただし今回、ご紹介する報告に関しては早漏かどうかは、 数値では無く女性が主観的に判断しているとの事なので、 こうしたパートナーシップ的趣旨にはある意味合致していると思われます (男性の意見は反映されておりませんが…)。
早漏という状態の客観化の為に各学会における数値的な定義立てが進んでいるのだと思われますが、 状態の主観・客観問わず、早漏すなわち早い射精が問題になるのは、 受精を目的としたセックスにおいて、それが受精の阻害要因になるケースです。 すなわち、挿入の途中、もしくは前の段階で射精してしまい、 その結果受精に至れない場合、男性不妊症を合併する状態として医療介入が望まれるとも言えます。


【早漏と女性の満足度に関する報告】
この早漏と女性の満足度に関する報告は、文化背景の違うメキシコ、イタリア、 韓国をベースにアンケート様式で合計1463名の女性から採取した情報をもとに作成されています。
早漏かどうかに関しては上記のとおり、女性パートナーが主観的に評価しています。
その結果として、早漏男性と比べて、 そうでない男性との恋人関係の方がより満足度が高かったという女性が40.1%にも及ぶ事がわかりました。 また、性に関する問題が有ると回答した女性の64.2%が早漏男性との関係が始まってから、 こうした問題が発生したと回答しているとの事です。
そして、22.8%の女性が射精問題が過去に恋愛関係の破綻を招いたと回答しているとの事でした。
アンケート対象である複数の国の女性のなんと約1/4が射精問題を原因として、 恋愛関係が終了したと回答しているという事実は、男性にとって非常に衝撃的な内容と思われます。


【早漏を予防し、女性の満足度を保全するには?】
上記した早漏が受精を目的にしたセックスの阻害要因になるケースや、 早漏によって女性側の満足度が低下し、それが恋愛関係の維持に悪影響をおよぼすようなケースにおいては、 早漏に対する治療的介入が望ましいと思われます。
女性の満足度を保全するため、早漏予防の治療介入をする場合、 いくつかのメソッドが挙げられます。
これは分類するとトレーニングもしくはリハビリテーション的方法と 「早漏の薬物的治療法」に分かれます。
トレーニングもしくはリハビリテーション的方法には、 ストップ・スタート法、スクイーズ法、コンドーム・マス法などトレーニングベースの方法が有ります。
一方、薬物的治療方法にはSSRIなどの向精神薬を利用したもの、 麻薬類似薬の系統の痛み止め、 また一部の排尿障害治療薬を利用したものが主に挙げられます。
しかし、SSRIなどの向精神薬には自殺企図などの精神的副作用が、 また麻薬類似薬の系統の痛み止めには依存性等の問題が有り、 排尿障害治療薬以外の「早漏の薬物的治療」は副作用的問題がクローズアップされやすい傾向が有ります。
そして、こうした治療介入する前に、確認すべき最も大切な事として、 テクニックや適切な射精タイミングだけでは、 女性の満足度を完全に満たす事はできないと言う事実が有ります。
つまり男性側が早漏を自覚したとして、それの具体的治療を検討する前に、 女性側つまりパートーナーとの話し合いがとても重要です。 そしてパートナー女性が性的な満足感を感じていないとして、 それは何が主体の原因となって満足感を感じていないのかを話し合う事が非常に大切です。
ひょっとして男性側が早漏として自覚している問題は、 女性にとっては大きな問題ではない可能性もあります。
冒頭に記載したように女性は性行為においては心情を男性よりも大切に考える傾向が強いです。 日常生活から続いて感じられるベッド上での優しさや慈しみは、 女性の満足度に大きく影響します。 逆に言えば、完璧なセックスと言うものが無いという前提においては、 自分のテクニックや射精タイミングにおける不完全さを、 こうした心情を重んじる行動や行為がフォローし、 かつ恋愛関係の継続に好影響を与える可能性は高いと思われます。
自分の射精に問題が有ると感じた場合、まず治療ではなく、まずパートナーとの話し合いが重要です。 その上で早漏に対する治療の必要性をお感じになる場合は、 是非専門医院である当新宿ライフクリニックにご相談くださいませ。


written by 正式なシアリスを新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠