男性不妊症とEDの関係



勃起不全から考える男性不妊症

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


男性不妊症male sterilityとED/勃起不全には強い関連性があります。
ED/勃起不全が男性不妊の原因になり、 また男性不妊への悩みが心因性のED/勃起不全を発症する事が有ります。
この二疾患は相補的関係性があり、お互いがお互いの原因となり得ます。

本邦における疫学的調査によると、 不妊症の検査を受ける前は性機能に問題の無かった男性が、 男性不妊症の検査として精液検査などを施行した後に、 ED/勃起不全や射精の障害などの性機能障害を訴えるようになったというケースが多数あるとのことです。
また同報告によれば、全体の11%にそうした状況が見られたとの事です。
これは、不妊の原因が自分にあるというプレッシャーが心因性のED/勃起不全を引き起こした可能性があり、 ED/勃起不全が発症する事によって、さらに不妊の傾向が強まるという悪循環を引き起こしています。

当院にも、多くの挙児希望の男性が来院されます。 男性側が不妊の要因になるケースには様々なバリエーションが有ります。 それは排卵時に、セックス/性行為をしなければいけない、というプレッシャーをベースにしたものであったり、 単純に仕事の疲労が蓄積しているために男性機能が低下していたり、と理由は様々です。
なかには、男性側の挙児希望でなく、女性側主体の挙児希望で、 男性不妊症の治療に来院するケースもございます。

しばしば質問を受けるのは、やはり、ED/勃起不全治療薬の、赤ちゃんへの影響についてです。
バイアグラ、レビトラシアリスは、挙児希望の方にも、安心していよう頂くことが可能です。
多くは、排卵当日、翌日に性行為セックスを行うことが推奨されますが、この場合、2日間にわたり、 ED/勃起不全治療薬を服用して頂くことも可能です。
または、シアリス20mgは、薬効の持続が30~36時間あるため、1剤で2日間カバーするという使い方もできます。


ED/勃起不全は射精の障害や陰茎挿入の障害を引き起こし、妊娠を成立を難しくさせる為、 明確な男性不妊の原因の一つです。
ED/勃起不全は、男性不妊の原因の内、性機能障害に分類されます。


不妊症とは、一般的定義としては、結婚後2年間にわたり、 正常な夫婦性生活を営んでも妊娠が成立しない状況の事です。
不妊症は20組の夫婦に1組は存在するとされていて、 その50%は男性側に問題のある男性不妊症とも言われています。
しかし、男性不妊症の同定は女性の不妊よりも難しいとされており、 そのカップルに置ける不妊の原因が不明の状態も特に珍しくはありません。


男性不妊の原因は、無精子症などの精子形成障害、先天性精管欠損などの精路通過障害、 射精障害などの性機能障害の大きく三つに分類されます。
男性不妊の原因は、90%以上は精子形成障害によるものとされており、 精子形成障害の内30%弱が、精索静脈瘤によるものとされています。
つまり、精索静脈瘤は男性不妊症の原因の中で大きなウェイトを占めています。
(詳しくはコチラ⇒陰嚢静脈瘤・精索静脈瘤) また、クエン酸クロミフェン:クロミッドは精子形成不全が原因である場合に有意な改善効果を示す事があると報告されています。
(詳しくはコチラ→クエン酸クロミフェン:クロミッド®


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠