膀胱の悪性腫瘍に対する手術によって‎勃起不全がおきやすいとされています。



膀胱ガンとED

新宿でバイアグラ購入なら新宿ライフクリニック。


【膀胱ガンとED】
膀胱ガンの筋層浸潤が見られる症例に対しての標準的手術治療である、 膀胱全摘徐術は術後にED:勃起不全、また射精障害を発症しやすいと報告されております。 近年、こうした事態に対して、勃起・射精などの男性の性機能を温存する為の術式が勘案されており、 特に前立腺を全てもしくは部分的に温存する方法や精嚢を温存する手術方法が、 ED発生の予防に良いと報告されております。
膀胱ガンは泌尿器科で扱われるガンの中でも、 最も高頻度なものの一つです。膀胱ガンは現在、この日本においては人口10万人あたり男性で6人、 女性で2人ほど存在しているとされており、 特に発症者の年齢において60歳以上の方が八割を占めるなど、高齢者に多い悪性腫瘍とされています。
年齢を重ねていくと、只でさえEDや射精障害が生理的に発症しやすくなるのに、 その上、高齢者に多い悪性腫瘍である膀胱ガンの標準術式は、 重ねてこうした性機能障害を発生させ易い傾向があるので、 本疾患の発症者はEDや射精障害の発生要因を複数持っているケースが多いと思われます。
性の喜びは人間のQOL=「生活の質」と非常に密接な関係性があると報告されており、 そこに置いては高齢者も若年者も区別はありません。 高齢者においては生きがいのある余生を保持する為にもなるべく、 EDの発症を予防してあげたいと言うのは、 昨今の非尿生殖器領域の手術において、施行者の共通した気持ちと思われます。
筋層浸潤のある膀胱ガンに対しての膀胱全摘術は膀胱のみならず、 周囲器官である前立腺、精嚢なども摘出の対象になっておりましたが、 EDの発症予防のためにこれらを全部もしくは一部残して手術を進める方法が勘案され、 現在、施行されております。 もちろん、本疾患への処置を中途半端にする事は、 そもそもの手術の目的である健康寿命の延伸を阻害する事にもなりかねません。 現在、これらのバランスを取るべく、本疾患への処置を全うしつつ、 ED発症を予防する方法に関して各学会などで検討がされています。


【膀胱ガンとは】
膀胱ガンとは読んで字のごとく、膀胱にできる悪性腫瘍の事になります。 膀胱は尿が入っていると膨らみ、尿が排出されるとしぼむ風船の様な器官です。
本疾患は膀胱の筋層まで及ばない表在性膀胱ガンと筋層浸潤膀胱ガンの二つに大きく分かれます。 前者は他の器官や臓器に転移する事が少ない為に内視鏡的に治療する事も可能です。
一方の後者に関しては、多臓器への転移もし易く、 基本的には治療として膀胱全摘徐術が適応され、 また抗ガン剤などの治療も補助的治療も重ねて要する事が多いです。
古典的膀胱全摘徐術はEDの発生率が高く、 施行された男性患者の約26.6%に発生すると報告されております。 また手術的に発生したEDは基本的にEDの特効薬たる、 バイアグラ、レビトラ、 シアリスなどのED治療薬が奏功しにくいとも報告されております。
膀胱ガンの発症には様々な危険因子の関連があると言われております。 まず本疾患の代表的な危険因子としては挙げられるのは喫煙です。 タバコで膀胱の悪性腫瘍とは意外な感じがされるかもしれませんが、 タバコを吸う人は吸わない人に比較して約4~7倍も本疾患の発生率が高いとされております。 これはタバコに含まれる発がん物質が本疾患の発生に関連していると報告されております。
また膀胱結石や尿路感染症の影響下に発生する慢性炎症のような、 継続的な刺激が本疾患を引き起こしやすいとも言われております。
膀胱ガンの発症には職業歴も多く関連すると言われており、 ある種の化学染料を扱う職業においては本疾患の発生率が高いと言われております。


【EDを発症させにくくする処置】
筋層浸潤の有る膀胱ガンにおいて、 EDや射精障害を発生しにくくさせる工夫として代表的なものは、 上記のように精嚢と前立腺を部分的にもしくは全体を残して膀胱を切除するものになります。
精嚢温存はどちらかと言うと射精障害の発生予防のニュアンスが強く、 前立腺温存はED予防にも射精障害予防にも良い影響を与えます。
前立腺温存においては部分的に温存する方法とその全てを温存する方法があります。 この処置の適応はもちろんガンの浸潤領域によって左右されますが、 前立腺の部分的温存は順行性射精が高頻度に阻害されるとも報告されており、 射精障害の発生頻度が上昇するとされています。
こうしたED予防を目的とした処置というのは、 原疾患である膀胱ガンの治療を全うした上で、 バランスを考慮しながら進めるべきものですが、 前立腺を温存する事による術後の膀胱ガンの再発率の上昇が報告されており、 パーセンテージは10~15%とも報告されています。


【膀胱ガンとEDの今後】
前立腺を残す事によって膀胱ガンの再発率が高まってしまう、 前立腺を切除する事によってEDや射精障害の発生を招いてしまう。
この二つの事象において優先されるべきはもちろん膀胱ガンの根治です。 しかし再発にしてもEDなどの合併症の発生にしてもこれは100%では無く、確率的問題です。
危険性を加味して性機能を残すか、もしくは根治を優先するか、 この選択は処置を受ける患者のアイデンティティーやライフスタイルによって大きく影響を受けます。
しかし術中検査や術前検査の精度が上昇する事によって、 膀胱ガンの浸潤領域がより明確に判断できるようになれば、 こうした判断において提示されるパーセンテージはより改善されたものになってくる可能性が高いと思われます。
とくに昨今の画像検査技術は日進月歩です。 その技術は現行で医療に携わっている人間にとってもめまぐるしい発展ぶりです。 技術革新に伴って、こうした切除すべき領域と機能上残す事が可能性な領域の判別は、 より精度が上がっていく可能性が高いと思われます。 こうした技術の制度上昇はより良い条件での選択肢を、 患者さんに提示させるようにできる大きな可能性を内包しております。
今後のガンの浸潤領域の精査能力の向上に期待したいと思われます。


written by 新宿でレビトラ購入のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠