ビタミンB1が欠乏している筋肉の痛みにはニンニク注射が効果的です。



にんにく注射と筋肉痛の改善


【筋肉痛とにんにく注射】
ビタミンB1欠乏や代謝障害によって発生する筋肉痛にはにんにく注射 が効果的とされています。
にんにく注射は滋養強壮にしか効かないと思ってませんか? ところが、にんにく注射は、実は様々な疾病の予防また自覚症状の改善に効果的な保険外医療行為なのです。 しかもにんにく注射の安全性は非常に高く、 もし過剰に摂取しても余剰分は尿から対外に放出されるので安心です。
にんにく注射とは人間にとっての必須栄養素である補酵素のビタミンB1を注射で導入する医療行為です。 このにんにく注射の主成分のビタミンB1は人間にとって非常に重要な栄養素で、 実はわれわれの主体のエネルギー原である糖質からエネルギーを引き出す過程において、 必須の役割を果たしています。
糖質と言われると「甘いもの」を連想しがちですが、 我々の「主食」とされる米・麺・パンなどの炭水化物も実は糖質に所属するものっです。 言い換えれば主食から有効なエネルギーを引き出すのに、 必要な物質がにんにく注射の主成分と言えます。
このにんにく注射が内包するビタミンB1という栄養分は、 人間の体内では生産できない物質である上、 激しい労働環境など体に負荷・負担が多い状況においては、 その消費が激しくなる、つまり必要量が増加するとされています。
この栄養素 ビタミンB1の体内における低下は全身倦怠感や集中力の低下、また筋肉痛などにつながるので、 激しい労働によって体も疲れている状態は、適切な栄養摂取が無い状況においては、 疲れだけでなくビタミンB1不足による全身倦怠感も共に発生している事が想定されます。
つまり逆に言えな労働環境が激しくなる状況においては、 このビタミンB1の摂取には十分に気をつけた方がよいという事になります。
こうしたにんにく注射に内包されるビタミンB1の不足による症状として、 上記に全身倦怠感や集中力の低下、筋肉痛が記載されていますが、 その他にも神経痛などの症状の原因になることもあり、 ビタミンB1の正規の適応には、 滋養強壮以外にも、ビタミンB1の欠乏又は代謝障害の関与が推定される、 神経痛、関節痛、末梢神経障害、心筋障害、胃腸運動障害そして筋肉痛があると記載されています。
本項では筋肉痛とはどういった状態なのか? そしてこうした諸症状に対してのにんにく注射の投与に関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【筋肉痛とは】
筋肉痛とは、一言でいえば筋肉と思われる部分の自覚的な「痛み」な訳ですが、 これは医学的には筋症、筋膜症による疼痛の事を示します。 その原因は筋肉の疲労以外にも多発性筋炎、甲状腺機能低下症、 血管炎、低カルシウム血症、破傷風、間質性筋炎、皮膚筋炎、感染性筋炎、 膠原病などの疾患があると言われています。
筋肉痛発生のロジックは筋肉に炎症が発生している状況と、 激しい筋肉活動によって筋肉に血液の供給が不完全なところが発生して、 嫌気性解糖などの二次的な糖質代謝が発生することによって、 乳酸やピルビン酸が発生して筋肉痛が起こるという状況が有ります。
ちなみににんにく注射の主成分であるビタミンB1が体内で欠乏しても嫌気性解糖が進行し、 乳酸などが蓄積するとされています。
こうした筋肉痛の改善において、疾病性に筋肉痛が発生しているものは、 その原疾患の治療が望ましい所ですが、 なかでも炎症性のものは抗炎症剤や湿布などによって改善させる事も検討されます。
一般的な筋トレなどの筋の過活動による筋肉痛は乳酸などの蓄積によるものなので、 十分な休息により筋の血流状況が改善される事で乳酸の代謝が進行し、 筋肉痛が改善されていきます。
しかし血流状況が改善してもビタミンB1の体内におけるストックが無ければ、 筋肉痛は継続してしまいますので、 まさにこのような状況の筋肉痛においては、 にんにく注射は非常に効果的なアイテムと言えます。


【にんにく注射の投与】
にんにく注射を今までに投与された事のない方は、その投与方法に不安や心配が有るかもしれませんね。 筋肉痛の改善をしたくても、なかなかにんにく注射に踏み込めない方もいらっしゃるかも知れません。
とくに針を使って投与するものには抵抗感のある方もいますよね? こうした初めてにんにく注射を投与する方のために、 当 新宿ライフクリニックではいくつかの工夫を凝らしています。
まず、当院でにんにく注射を投与しているのは内科専門医の先生になります。 内科専門医とは内科のスペシャリストであり、 一定の知識量と臨床経験を学会に承認してもらった上で、 難しい試験に合格しないと授与されない学会認定資格です。
当然内科専門医と言えば、その臨床経験のボリュームから、 注射のプロフェッショナルでもあります。
当院では患者様満足度の向上のために、 看護師さんや研修医の先生にはにんにく注射を一切担当させていません。
また、当院では能動的に投与可能な注射針の中でなるべく細いものを選択させて頂いております。 当然、針とは太ければ太いほど、その穿刺時の痛みは増悪します。 つまり逆にいえば、穿刺時の痛みを和らげるには極力細い針が望ましい事になります。 しかし投与するボリュームが多いと針が細い場合、投与時間が長時間化してしまって、 結局針の入っている時間が長引いてしまう可能性があります。
当院ではこれを解決するためににんにく注射投与にあたっては、 極力、不必要にボリュームを増やすようなものを入れないように心がけています。
その結果、当院では、にんにく注射の投与ボリュームを削減することに成功し、 細い針でも比較的スピーディーに にんにく注射を投与する事が出来るようになりました。
このように新宿ライフクリニックでは、にんにく注射の投与において安全性の向上、 痛みなどの不快感の低下を皆様にご提供するために、日々検討に検討を重ねております。
ビタミンB1の代謝障害やその不足による筋肉痛でお悩みの方、 是非とも当院のにんにく注射をトライしてみて下さい!
皆様のご来院をお待ちしております。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠